黒木メイサ「降り積もれ孤独な死よ」で7年ぶり地上波ドラマ出演決定!成田凌演じる刑事の先輩役【コメントあり】

公開: 更新: 日テレTOPICS
黒木メイサ「降り積もれ孤独な死よ」で7年ぶり地上波ドラマ出演決定!成田凌演じる刑事の先輩役【コメントあり】
黒木メイサ「降り積もれ孤独な死よ」で7年ぶり地上波ドラマ出演決定!成田凌演じる刑事の先輩役【コメントあり】

7月7日(日)よる10時30分スタート 2024年7月期 読売テレビ・日本テレビ系日曜ドラマ『降り積もれ孤独な死よ』。

本作にて、主演・成田凌演じる刑事・冴木仁の先輩・五味明日香(ごみ あすか)役として黒木メイサの出演が決定!本作が、2017年より7年ぶりの地上波ドラマ復帰作となる。

原作は、講談社「マガジンポケット」で連載中のマンガ『降り積もれ孤独な死よ』(原作・井龍一、漫画・伊藤翔太)。未完の原作を元にオリジナルの要素も交えてお届けする。一軒の人気のない屋敷から13人の子供の白骨死体が見つかった、通称・灰川邸事件から、物語は動き出す。事件の真相を追う刑事・冴木仁(成田凌)と、かつてこの屋敷に住んでいたという謎の女性・蓮水花音(吉川愛)。彼女は、屋敷の持ち主で事件の容疑者・灰川十三(小日向文世)を“父”と呼び、「灰川は犯人ではない」と主張するがー。一体誰が、何のために、子供たちの命を奪ったのか?そして、灰川と子供たちの関係は? 

謎多き灰川邸事件発生から7年。一人の少女の失踪事件をきっかけに灰川邸事件の現場に残されていた謎のマークが再び浮かび上がるー。過去と現在、2つの事件の真相が毎回衝撃の展開と共に紐解かれてゆく、スリリングなヒューマンサスペンスドラマとなっている。

そんな本作で黒木が演じる五味明日香は、山梨県警富士山北警察署 刑事第一課の刑事。ぶっきらぼうな言動が目立つが、実は後輩である冴木のことをよく理解しているという頼り甲斐のあるキャラクターだ。優秀な刑事で冴木とともに事件を解決するために捜査していく(コメントも記事後半で紹介)。

さらに、本作の第1話の先行カットを公開!

事件の真相を追う刑事・冴木仁と、かつて事件が起きた屋敷に住んでいたという謎の女性・蓮水花音。屋敷の持ち主で事件の容疑者・灰川十三。冴木の腹違いの弟・瀧本蒼佑(萩原利久)に、花音と同じくかつて灰川邸に住んでいた子供たちの沖島マヤ(仲万美)、川口悟(松本怜生)、東優磨(カカロニ栗谷)。

 一体誰が、何のために、子供たちの命を奪ったのか?降り積もる謎が予測不能な結末へ誘うヒューマンサスペンス『降り積もれ孤独な死よ』は、7月7日(日)よる10時30分スタート!

【黒木メイサ コメント】

お芝居をすること自体が、6年ぶりなので、少し緊張しています。
15歳からお仕事をしてきて、仕事やプライベートで色々な人生経験を積んできた今の私が作品に向き合った時に、今までとは違う視点から物事が見えるのではと思い、演じるのが楽しみです。
成田さん演じる冴木の先輩役として、どしっと構えているけれども、たまに見せる事件に対する熱い想いもしっかりと演じ、冴木の頼れるパートナーとして心地よく居られたらと思います。
現在と過去が交錯しながらストーリーが進む中で、予想を裏切られるシーンが出てくると思いますので、楽しんで頂けたらと思います。

■五味 明日香(ごみ あすか)・・・黒木メイサ
冴木の先輩である女性刑事。ぶっきらぼうな言動が目立ち、冴木と対立することもあるが、実は冴木のことをよく理解している。まっすぐ芯のある優秀な刑事で、灰川邸事件を解決するために冴木とともに捜査していく。

【イントロ】

13人の子どもたちの白骨死体が見つかった、通称“灰川邸事件”。
現場に残された謎のマークが、7年の時を経て、再び姿を現す。
不可解な共同生活、 “父”と呼ばれる容疑者、事件の6人の生存者、幾重にも隠された真実。
降り積もる謎が予測不能な結末へ誘う、ヒューマンサスペンス!

2024年、若者たちが社会や家族からの逃げ場所として、たむろしている都内某所。
そこで、突如1人の少女が失踪する事件が…
そして、遡ること7年。
2017年、とある屋敷で少年少女監禁死体遺棄事件が起きた。白骨化した遺体の数は13体。
刑事・冴木仁が事件の解明に乗り出した。
被疑者は、屋敷の主・灰川十三。消息不明の謎の男だ。
そんな中、現れたのは灰川を父と慕う謎の女性・蓮水花音だった。
事件を追う冴木と花音。そして、次第に明らかになっていく真犯人の存在……
過去と現在をつなぐ事件の真相とは、いったい―

はたして、事件の真犯人は…!?
謎が新たな謎を呼び、過去と現在が交差する、クライムエンターテインメントの幕開け――

【番組概要】

脚本 橋本夏
演出 内藤瑛亮 二宮崇 高杉考宏
音楽 Jun Futamata
原作 『降り積もれ孤独な死よ』原作:井龍一 漫画:伊藤翔太(講談社「マガジンポケット」連載中)
累計100万部超の大ヒットクライムサスペンス『親愛なる僕へ殺意をこめて』の井龍一、伊藤翔太コンビの最新作。

チーフプロデューサー 岡本浩一(読売テレビ)
プロデューサー 中山喬詞(読売テレビ) 清家優輝(ファインエンターテイメント)
制作協力 ファインエンターテイメント
制作著作 読売テレビ

公式HP https://www.ytv.co.jp/furitsumore/
公式X @furitsumore_ytv
公式Instagram @furitsumore_ytv
公式TikTok @furitsumore_ytv