送別会用のプレゼントがきっかけ?巨大かき揚げ丼!

日テレTOPICS
送別会用のプレゼントがきっかけ?巨大かき揚げ丼!
送別会用のプレゼントがきっかけ?巨大かき揚げ丼!

埼玉県飯能市の「そば処 福六十」。このお店のどか盛りメニューは「かき揚げ丼セット」!

かき揚げ25尾のむきエビと玉ねぎ3個をスライスし、両面をしっかり揚げ、丼に立たせて、甘めのタレをかけて完成!大きさは普通のかき揚げのおよそ10枚分だという。さらにお蕎麦とセットでなんと1,350円!

なぜそんなどか盛りメニューが生まれたのか?

今から23年前、実家の敷地に店をオープンさせた店主の武藤政浩さん。5,000万円の借金をして始めたという。近所に学生寮があり、運動部の食欲はハンパじゃない!そのため値段は1,000円以下のまま普通盛りでも1.5人前にして出していた。

「コスパがいい」と夜にはサークルの集まりや会社の宴会も増え、近所の信用金庫の職員は常連さんになり、順風満帆かと思われたが、客数の割にはサービスが良すぎたので借金の返済どころか、バイクを売ったり、お米を同級生から安く手に入れたり、綱渡りの経営だったという。

そしてある日、常連さんだった信用金庫の送別会が開かれ、お世話になった部長さんが退職すると知る。

プレゼントを用意しておらず焦る店主だったが、そのとき急遽作ったのが「特製ジャンボエビ天丼」!特大のエビ天が4本、野菜の天ぷら7種類が4セットで28個。これは普通の天丼15杯分の大きさだ。

すると、それを見ていた別のお客さんが「これ?メニューにあるんですか?頼みたいんですけど!」と、これがきっかけでジャンボかき揚げが2枚のかき揚げ丼セットが誕生!ジャンボエビ天丼も3980円で食べられる。

食べきれない分は持ち帰れるので、多くの人はテイクアウトするという。そして大食いユーチューバーが続々来店!やがては全国からお客さんが来るようになり、売り上げも増え、店の借金も返済できたという。

さらには当時の送別会で出したサプライズ天丼が信用金庫で話題となり、職員の娘さんと結婚することになり、3人の子どもも生まれ、店主は幸せいっぱいだという。