夏(目黒蓮)は水季(古川琴音)の葬儀で出会った女の子・海(泉谷星奈)が自身の子だと知り混乱<『海のはじまり』第1話完全版>

公開: 更新: めざましmedia
夏(目黒蓮)は水季(古川琴音)の葬儀で出会った女の子・海(泉谷星奈)が自身の子だと知り混乱<『海のはじまり』第1話完全版>

『海のはじまり』第1話あらすじ完全版

<目黒蓮主演!月9ドラマ『海のはじまり』登場人物・キャスト一覧>

東京の印刷会社に勤務する月岡夏(目黒蓮)には、化粧品メーカーで働く百瀬弥生(有村架純)という恋人がいる。2人は平凡だが、幸せな日々を送っていた。

ある日、夏のアパートで夏休みの予定を合わそうと話していると夏のスマートフォンに着信が。応対した夏の表情がこわばっていく。

翌朝、夏は実家へ。突然の訪問に、朝食中の父・和哉(林泰文)、母・ゆき子(西田尚美)、弟・大和(木戸大聖)は何事かと思うも、多くを語らない夏の雰囲気に事情を察する。

自室で喪服を出していた夏に、和哉は黒いネクタイを差し出した。

葬儀場に来た夏は、“故 南雲 水季 儀 葬儀式場”と書かれた案内板の前で立ち止まる。

大学時代の友人・真山純希(須藤蓮)が「何年ぶり?」と声をかけてきた。「8年ぶり」と答える夏。亡くなった水季(古川琴音)は、夏が大学時代に交際していたかつての恋人だった。

夏は焼香の列で、水季の母・朱音(大竹しのぶ)、父・翔平(利重剛)ら親族に挨拶をした際、一緒にいる女の子に目をとめる。その女の子が水季の子どもだと知り驚く。

その後、葬儀場のロビーにいると、先ほどの女の子が津野晴明(池松壮亮)と会場から出てきた。

夏が女の子に話しかけると、女の子は海(泉谷星奈)と名乗り、6歳だと夏に告げた。

水季との記憶に思いを馳せる夏。そして、別れたときのことを思い出す。

水季は夏の子どもを身籠っていた。しかし、病院で人工妊娠中絶の手術を受けた水季はその後、大学を辞めて夏に一方的な別れを告げる。

それ以来、夏は水季とは連絡を取ることもなかった。

津野が海を迎えに来た。夏が名乗ると津野の顔色が曇る。

夏は葬儀場を出る。すると、津野から夏が来ていることを知らされた朱音が追ってきた。

水季の母だと名乗る朱音は、夏に自分の連絡先だとメモを渡す。そして、朱音は海が夏と水季の子どもであることを明かした。水季はあの時、手術を受けていなかったのだ。

突然のことに困惑する夏に、朱音は別れてからの水季の7年間を想像してほしいと告げる。

津野から夏の名前を聞かされた海は喜ぶ。そして、別れ際、「夏くん!」と呼びかける海の姿に、夏にはあの頃の水季が重なって見えて…。

半ば放心状態のまま夏がアパートに帰ると、弥生が待っていた。様子がおかしいことに気づいた弥生は、夏を労わる。しかし、夏の心は弥生の言葉が届かないほど混乱していた。

翌朝、弥生が出勤すると、会社を休んだ夏はネクタイを実家に帰してアパートに戻る。

夏がスマホに保存された水季の写真や動画の処理を考えていると、訪問客を知らせるチャイムが鳴る。夏が玄関の扉を開けると、そこには海がいた。

1人で来られたとうれしそうに笑う海。どうやら、水季とここに来る練習をしていたらしい。

戸惑う夏に、海は水季のスマホで動画を見せた。そこには海と戯れる水季が「夏が好き」だと笑っていた。夏の目に涙が浮かぶ。

海は葬儀場で見た夏のスマホに収められた動画を見せてほしいとせがむ。再生された動画で水季は「海大好き!」と笑顔で叫んでいた。

動画を見終えると、海は夏に「ママは終わったの?」と尋ねる。水季はいなくなったけど、ママは終わるわけではないと答える夏。

すると、海は問う。
「夏くん、海のパパでしょ?」
「夏くんのパパ、いつ始まるの?」

<最新放送回は、TVerFODで無料配信中!>