小池栄子&仲野太賀『新宿野戦病院』ハイテンポ&クセ強キャラにSNS爆笑「つぶやく暇がないw」

公開: 更新: めざましmedia
小池栄子&仲野太賀『新宿野戦病院』ハイテンポ&クセ強キャラにSNS爆笑「つぶやく暇がないw」

小池栄子さん、仲野太賀さんのW主演ドラマ『新宿野戦病院』第1話が7月3日に放送され、開始早々からのハイスピードな展開と、その面白さに多くの反響が寄せられました。(※ネタバレあり)

本作は、新宿・歌舞伎町にある「聖まごころ病院」を舞台に描く、救急医療エンターテイメント。さまざまなバックボーンを持つ登場人物たちが、悩みや問題を抱えながらも強く生きる姿を通して、「命」の尊さを投げかける作品です。

<小池栄子&仲野太賀W主演!水10ドラマ『新宿野戦病院』登場人物・キャスト一覧>

怒涛の初回放送にSNS「絶対に倍速では観られない」

第1話では、アメリカ国籍の元軍医ヨウコ・ニシ・フリーマン(小池)や、美容皮膚科医・高峰享(仲野)をはじめ、クセの強いキャラクラーが次々と登場。

ヨウコは、急性アルコール中毒により聖まごころ病院へ運ばれてきますが、「Not a thing」「警察来るまで、ワシしゃべらんけぇな!」など英語交じりの岡山弁でまくしたて、享ら病院スタッフを圧倒。

さらに、銃で撃たれて命の危機にある男性を助けるため、やむを得ず麻酔が効くのを待たずに処置を進めるなど、戦地で鍛えた豪快な腕を披露しました。

そんなヨウコを演じる小池さんに、SNSでは「テンションおかしくって大好きだもうww」「日本語までも英語に聞こえてくる不思議w」「小池栄子にこんなクセ強な役やらせた人…最高だろ!」というコメントが殺到。

また、享は愛車がポルシェ、趣味は港区女子とのギャラ飲みで、NPO法人で働く南舞(橋本愛)に会うなり「肌がくすんでますね」と美容医療を勧めるなど、金もうけ主義者のチャラい医師。

いけすかない享を絶妙な塩梅で演じる仲野さんに、ネット上は「太賀くんはこういうキャラを誰よりも上手く演じるために地球に生まれたのかな」「まじで太賀がいい味出してる笑」と盛り上がりました。

さらに、塚地武雅(ドランクドラゴン)さん演じる看護師長・堀井しのぶが登場すると、「塚ちゃんwこういう看護師いるw」「塚地っちの“男女を超越してるけどめちゃくちゃ頼りになるベテラン看護師”はまり役だわ…」と、納得の声が。

個性的なキャラクターが織りなす物語に、SNSは「初っ端からハチャメチャで めっちゃ笑う」「テンポが良すぎて早すぎて、つぶやく暇がないwww」「絶対に倍速では観られないドラマ」「ドラマの体(てい)をした盛大なコントだなw しかもキャストが豪華すぎw」と沸きました。

<最新放送回は、TVerFODで無料配信中!>