多部未華子「地に足がついているのが良いとは限らない」俳優、芸人…東京・家賃2万5000円の部屋で夢を追う男性にエール

公開: 更新: めざましmedia
多部未華子「地に足がついているのが良いとは限らない」俳優、芸人…東京・家賃2万5000円の部屋で夢を追う男性にエール

多部未華子さんが、『ザ・ノンフィクション「東京 家賃2万5000円~僕が四畳半で見る夢~前編」』)(6月30日14時~/フジテレビ※関東ローカル)のナレーションを担当します。

収録後には、多部さんにインタビュー。東京で夢を追い続ける2人の男性の印象や、多部さん自身が壁にぶつかったときの乗り越え方について聞きました。

4畳半の小さな部屋で大きな夢を追う、2人の夢の行方

東京23区内で家賃2万5000円。広さは4畳半、もちろん風呂はありません。東京の賃貸マンションの家賃が過去最高の水準に高騰するなか、それでも彼らには、この部屋に住み続ける理由があります…。 

石川県から4年前に上京してきた金子翔さん(33)が暮らすのは、蒲田にある築80年の木造アパート。家賃2万5000円の風呂なし、トイレは共同の4畳半で、自炊をしながらつましい暮らしを続けています。

自室での金子さん自室での金子さん

すべては、「俳優になる」「演劇の世界で生きていく」という夢をかなえるため。

映画や演劇、俳優を養成するスクールを卒業したものの、時はコロナ禍。俳優としての活動もままならないまま、今は、銭湯の掃除と映画館でのアルバイトで生計を立てています。

しかし、いつまでも変わらない現状に「活躍の場を自ら作ろう」と、自らが主宰する劇団を立ち上げようとしますが…。

東中野にある築40年の木造アパートに住むのは、芸能事務所に所属するピン芸人・竹迫ゆうじさん(27)。

自室での竹迫さん自室での竹迫さん

テレビに出て売れっ子芸人になることを夢見ていますが、芸歴5年目になっても一向に芽は出ず、家賃2万4000円のゴミだらけの四畳半での生活から抜け出せずにいました。

女性との交際経験がゼロの竹迫さんの持ちネタは「彼女との妄想恋愛」。客にはまったく受けず、スタッフからは「テレビに出られるネタじゃない」とバッサリ切り捨てられてしまい…。

大都会の片隅にある小さな部屋で、大きな夢を追う若者たちを見つめました。

<多部未華子 インタビュー>

――地に足をつけて俳優を目指す金子さんと、ひょんなことから恋に浮かれるピン芸人・竹迫さん。対照的な2人が登場します。

エンターテインメント業界ってどこでどう当たるかわからないので、地に足がついているのが良いとも限らないかもしれません。浮かれているのが良いとは言わないですけれど、そういう人も何がきっかけで変わるかわからないですし。

それこそ、こうして『ザ・ノンフィクション』に出たことがきっかけで、誰かの目に留まって…みたいなことも無きにしもあらず、ですよね。だからこそ、エンタメ業界はなかなか厄介な世界かもしれないと思いました。

――竹迫さんは交際経験ゼロで、「彼女との妄想恋愛」を持ちネタに活動していますが、(養成所の)同期の女性と出会って人生が変わります。どんな印象を持ちましたか?

もちろん、芸人としてどこかで芽が出てほしいと応援しています。

だからこそ、その女性と出会って恋愛モードになったら(ネタの小道具で、架空の彼女を描いたパネル)“みいちゃん”を速攻で捨てる姿を見て、「なんだ!筋が通ってない!」と思ってしまいました(苦笑)。

でも、竹迫さんはまだ20代ですし、そうやって自分の感情に委ねて生きていくのも良いかもしれません。どんな恋愛を経験して、どんな人生を歩めば面白いネタにたどり着けるか、わからないですもんね。

――金子さんはアルバイトで生計を立てていますが、活躍の場を自ら作るため、劇団を立ち上げようとします。

お芝居も、いつ誰から何がきっかけで「上手い」と思ってもらえるかわからないので、難しいですよね。

ただ、金子さんは節約しながらもしっかり自炊をし、工夫しながら暮らしていて、あれだけ充実した生活が送れるなら、まだしばらく夢を追っていてもいいのかなと思いました。

でも一方で、その堅実っぷりがかえって良くないのかもしれない、とも感じて。

というのも、よく劇団出身の方から、「飲んだくれて、交際相手の生活費で生きてたよ」みたいな話を聞いてきたので(笑)。今時そういう方は少ないかもしれないですし、結局どんな生き方がプラスになるかわからないので、どちらが良いとも言えないですが…。

――竹迫さんが、ネタ見せで厳しいダメ出しをされる場面もありました。多部さんは、何か壁にぶつかったときはどう乗り越えますか?

私は“方向転換”をするのが得意なタイプだと思うので、「どうしよう」と思ったり行き詰まったりしたときは、「これがダメならこっちで」と切り替えます。

良い意味ですぐ開き直って「もういいや」と思えるので、“ぶつかって前に進めない”みたいな経験も少ないと思います。

逆に言うと、竹迫さんのように「自分はこのスタイルでいくしかない」というこだわりが、あまりないのかもしれません。

予告動画

YouTube「FUJITV GLOBAL CHANNEL」で、『ザ・ノンフィクション』の予告動画を配信中!6月30日(日)14時~「東京 家賃2万5000円~僕が四畳半で見る夢~前編」予告。

配信スケジュール

6月16日放送「声優になりたくて2 ~アヤの後悔しない生き方~」が6月30日まで、6月23日放送「おくりびとになりたくて ~大切な誰かと別れるとき~」が7月7日まで、TVerFODで無料配信中です。