SDMとして初めて一般人の死者が…それでも晴原(山下智久)たちは覚悟を決め台風に立ち向かう『ブルーモーメント』最終話予告

公開: 更新: めざましmedia
SDMとして初めて一般人の死者が…それでも晴原(山下智久)たちは覚悟を決め台風に立ち向かう『ブルーモーメント』最終話予告

<山下智久主演!水10ドラマ『ブルーモーメント』登場人物・キャスト一覧>

観測史上最強クラスの台風が東日本に迫っている影響で、遠隔豪雨が埼玉で発生。道路で大規模な陥没が起こった。

晴原柑九朗(山下智久)の解析と共に、園部優吾(水上恒司)が救助に全力を注ぐ。

汐見早霧(夏帆)は救助者たちの処置をするが、SDMとして初めて一般人の死者が出てしまう。

「最後まで戦い続ける」。そう覚悟を決めた晴原は、台風が迫っている東京へ向かった。

暴風雨に対する注意喚起をメディアやSNS、無線で呼びかけようとするが、停電や通信障害によって対応ができず、雲田彩(出口夏希)と丸山ひかる(仁村紗和)が現地へ向かうことに。

彩たちが一軒一軒、マンションの管理人に注意喚起を呼びかけるなか、自主避難をしている人の目撃情報が入ってくる。彩とひかるは、自主避難者の緊急保護に向かい合流に成功した。

急いで避難する彩たちだったが、そこへ急激な暴風が襲い掛かってきて…。

<【毎週更新】水10ドラマ『ブルーモーメント』あらすじ完全版まとめ>

<『ブルーモーメント』最終話予告動画>