浜田雅功も仰天「あなた人生何回目?」俳句&消しゴムはんこでW才能アリ1位の天才子役は!?

公開: 更新: MBSコラム

12月7日放送の「プレバト!!」では幼い頃から芸能界で活躍してきた顔ぶれが集結し、「俳句」と「消しゴムはんこ」に挑戦した。どちらも才能アリ1位をゲットしたのは今最も旬なあの人気者!しかも「消しゴムはんこ」では初挑戦にして一発特待生昇格で、あまりの多才ぶりにMC・浜田雅功も「あなた人生何回目?」と仰天!

■田口先生太鼓判!「いつまでも見ていられる」

「消しゴムはんこ」才能ランキングには、7歳で初舞台を踏んだ歌舞伎役者・尾上右近、5歳から芸能界に身を置く鈴木梨央&村山輝星(きらり)、3児のママになったばかりの横澤夏子が挑戦した。

その中で、消しゴムはんこ作家の田口奈津子先生を驚かせたのは、この日の出演者中最年少、auのCMの桃姫役でブレイクした13歳の村山輝星!これまでに水彩画で才能アリは経験しているが、消しゴムはんこは初挑戦。テレビで見たという群馬県高崎市のだるま市をモチーフに、センスあふれる作品で才能アリ1位をゲット!

★特待生昇格!才能アリ1位 村山輝星「七転び八起き」 30点満点★

「(だるまは)縁起物だし、いいことがありそうだなと思うので...。だるまの型を彫ったはんこは1つだけで、それを何個も組み合わせて押しました。『福』の字の田の真ん中を☆(輝星)にして、私らしさを出しました」

田口先生も「迫力があって元気が出る作品」と大絶賛の仕上がり。だるまのはんこは1種類でも、色や向きに変化をつけているので単調さは全くない。採点も「彫り方」「押し方」「デザイン」すべて文句なしの30点満点!「いつまでも見ていられる感じがします。この方は特待生でいいと思います」(田口先生)と、一発特待生昇格が決まった。

オープニングで「学校の美術の授業で木版画をやって彫刻刀は使い慣れてきたので、そのままこの作品を作ることができたのがよかったです」と話す村山の落ち着きぶりに、思わず「あなた人生何回目?」と問いかけた浜田。番組最年少の特待生誕生に、「...マジで?」とただただビックリ!

■夏井先生も絶賛「相当よく勉強している」

「俳句」才能ランキングに参加したのは、尾上右近、鈴木梨央、村山輝星に加え、3歳から芸能活動する住田萌乃、4歳でデビューした小林星蘭。芸歴15年の小林が才能ナシ最下位、芸歴23年の右近も凡人3位と年長組が苦戦する中、ここでも最年少の村山が驚異の才能を発揮した。

★才能アリ1位!72点
席替えは窓側蜜柑お裾分け   村山輝星

「1学期に1回ある席替えで、冬は窓側のほうが暖かくて"当たり席"だなと思ったので。席が窓側になって、まわりのお友達にこれからよろしくお願いしますっていう意味で、お弁当に入っていた蜜柑をひと房ずつお裾分けしました、っていう句です」

永世名人の千原ジュニアも「めちゃくちゃいいね!リアルに(教室に)いないと書けない感じしますね」と舌を巻く傑作の誕生で、夏井いつき先生も「実体験がなにより、ということの証拠のような一句ですよね」と惚れ惚れ。「"句またがり"と言って、『窓際』まででひとかたまりという難しい型に挑戦している。これは相当よく勉強して俳句を練ってきたと思いますよ。お見事でした。直し?いらない!」と手放しで絶賛した。

消しゴムはんこ、そして俳句と2つのジャンルで圧倒的才能を見せつけた13歳の村山に、浜田も感心しきり。「プロフィールにある『13歳』は本当なんですか」と、最後まで目を白黒させていた。

12月7日放送回はTVerでチェック!

次回、12月14日(木)は... 「俳句(お題は「小さい手」)」と「色鉛筆」名人・特待生一斉査定を放送する。芸術性や文才など芸能人のあらゆる才能をプロが査定! 才能アリなら絶賛!才能ナシなら容赦なく酷評!浜田雅功が最強講師陣を率いてお届けする新しいカルチャースクール番組『プレバト!!』はMBS/TBS系で毎週木曜よる7時放送。

PICK UP