完熟フルーツジェラートに小麦の香りゆたかな絶品バゲット!下町情緒あふれる葛飾のこだわり詰まった"裏名物"

公開: 更新: MBSコラム

9月23日放送の「所さんお届けモノです!」は、東京から日帰りで楽しめる観光地の“裏名物”を探す人気企画で、カミナリが下町情緒あふれる観光地・葛飾の穴場スポット探しへ!店主こだわりの絶品ジェラートに小麦の香り高い超ハード系パンなど、ここでしか食べられない味が続々登場しました!

■毎日味が変わる?地元で人気の洋食店が作る本格ハンバーグ

葛飾柴又で地元の皆さんが「本格フレンチがリーズナブルに食べられる」「35年は来てます。ほかのお客さんには来てほしくない!」と口をそろえる名店が、柴又帝釈天から徒歩15分ほどの住宅地にある洋食店「シェ加納」。イタリアンやフレンチの名店で修業してきたご主人・加納英雄さんが、両親の喫茶店を気軽に通える洋食店に改装したのだそう。8時間煮込む「タンシチュー」(2,420円)や人気のパスタ「ペペロンチーノ」(1,320円)など、本格的ながら幅広い世代が楽しめる王道メニューが自慢です。

しかもこちらのお店、お客さんを飽きさせないようその時々の気候や食材に合わせ、ソースや味付けをアレンジしているというから驚きです。カミナリの2人が常連客の一番人気「目玉焼き付きハンバーグ」(1,200円)を注文すると「今日は暑いからデミソースにバルサミコがちょっと入ってます」とご主人。
さすが常連客が30年以上通う人気店。確かな腕に裏打ちされた、細やかな心遣いが光ります。

■完熟フルーツだけ使用!こだわりの季節限定デザート

柴又から電車で10分、亀有の住宅街に3年前にオープンしたジェラート店「CRAFTICE(クラフティス)」の店舗前には、地元のお客さんがたくさん!中には、週に3~4回通うという人も...お目当は、全国の農家に出向いて仕入れた完熟フルーツしか使わないというお店こだわりの季節限定ジェラートです。

そんな「CRAFTICE」、今回がテレビ初取材なのだそう。店主・阿部翔平さんは、元小学校の先生。新婚旅行先のイタリアで偶然立ち寄ったジェラート店のアットホームな雰囲気に憧れ、思い切って転職!「イタリアでは、お店にちょっと立ち寄ってジェラートを食べるっていう文化が根付いているんです。日本でも、同じようにできれば」との思いで日々、ジェラートを作り続けています。

メニューは常時10種類。スタジオには、完熟して木から自然に落ちたタイミングの南高梅だけを使った「完熟梅のジェラート」(500円 ※売切次第終了)をお届け。梅の鮮度を保つため、届いたその日のうちに徹夜でジェラートに加工するこだわりぶりで、ひんやりデザート好きの所さんも「おいしい!これ、我が家で100点満点だよ!」と大絶賛!

■所さんも太鼓判!小麦の香りが絶品のハード系パン

地元の方から「小麦の味そのままを楽しむパンです」との口コミをキャッチして向かったのは、京成高砂駅から徒歩3分の住宅街にある「陽だまり製パン」。こちらも今回がテレビ初取材です。

"小麦オタク"の店主・奥山奈津子さんみずから仕込み、成型、焼いて販売まで一人で行うこのお店。システムエンジニアをやめてパンの世界に飛び込んだ奥山さんが修業を重ねてオープンさせたお店で、小麦粉は全国から10種類以上を取り寄せ、パンの種類ごとにブレンドして使っています。

現在も、その日の気温や湿度、水分量もこと細かに記録し日夜研究を続ける奥山さん。そんな奥山さんの一番のおススメ、"幻の小麦"ともいわれる北海道産はるゆたかを使用した「はるゆたか100%バゲット」(ミニサイズ1個、140円)をスタジオにお届け!

甘みが強く焼いたときの香ばしい香りが格別のはるゆたかを使っているだけに、所さんもお届けBOXのフタを開けた瞬間「かぁ~!いい香り!」とビックリで、一口食べてさらに「焦げてるとこ、ウマッ!!」と大満足。あつあつのバゲットに亀有「CRAFTICE」の「ピスタチオのジェラート」(660円)をトッピングしても絶品ですよ!


次回、9月30日(土)の放送は...
【観光客にはたどりつけない裏名物】南房総編!
公式サイトでは、これまでの裏名物度を数値でチェックできる【トコログ】公開中

「所さんお届けモノです!」はMBS/TBS系で毎週土曜日あさ7時30分放送。
公式HPはこちら
9月23日放送回はTVerで!※9月30日(土)7時29分まで