売り上げ前日比7400%!? 過去最高売り上げ連発! 2023年上半期「サタデミー賞」発表!

公開: 更新: MBSコラム

MBSアナウンサーの清水麻椰が世の中のありとあらゆるものを長時間かけて検証する「サタデープラス」の人気コーナー『ひたすら試してランキング』。7月1日の放送では、半年に一度の恒例企画「2023年上半期サタデミー賞」を発表! 2023年1月から6月の間に、累計265時間かけて試した354種類の商品の中から、本当に良かったおすすめ商品を放送後の反響とともに紹介しました。果たして、「2023年上半期サタデミー賞」に輝いた逸品は!?

放送開始10分で完売の商品も!? 放送後、1位を獲得して反響が大きかった商品ベスト3を発表!

第3位は、「レトルトチキンカレー」14種類で総合ランキング1位に輝いた、カルディコーヒーファームの『オリジナル チキンコルマカレー』(税込334円 ※番組調べ)。
放送当日の売り上げが、前日比7400%を記録。元々、隠れた名品だったが、ランキング発表から3か月経った今も購入制限をかけているそう。それでも、入荷するとすぐになくなってしまうといい、リピーターが急増している模様。

第2位は、「キャリーケース」の調査でNo.1となった、太平洋通商の『ブライテック BRO-18(機内持込みサイズ)』(税込17,800円 ※番組調べ)。
なんと『ためしてランキング』の放送中、「操作性」のチェックを紹介しているときから一気に売れ始め、総合順位を発表する前には完売してしまったとか! 放送前日と当日の売り上げを比べると、約140倍もアップ。メーカーからは創業以来、最高の売り上げを記録したという喜びの声が届いた。

第1位は、「カルボナーラソース」から、クイーンズ伊勢丹の『ISETAN MITSUKOSHI THE FOOD パンチェッタと粗挽きこしょうのまろやかカルボナーラ』(税込454円)。
放送後、全国から注文が殺到し、1日で売り上げが前年比732倍に! 商品を発送する運送会社も普段は1日1便のところ5往復もしてもらったそう。いまだかつてない大反響に、社内がパニックになるほどだったとか。

そして、2023年上半期「サタデミー賞」として、これまで総合1位に輝いた数々の商品の中から、全てをひたすら試した清水アナだからこそわかる「本当に良かった!」というおすすめベスト5とは!?

清水アナもリピーターに!

第5位は、「カップ麺味噌味」より、ヤマダイの『ニュータッチ 凄麺 札幌濃厚味噌ラーメン』(税込275円 ※番組調べ)。
高レベルの争いとなった味噌ラーメンでも、清水アナが「頭ひとつ抜けていた」という商品。味噌ラーメンの本場・札幌の名店「すみれ」の村中伸宜さんも、そのおいしさに太鼓判を押した。スープは、100%北海道産味噌と豚骨スープ、香味野菜の旨みを合わせたもの。さらに独自開発された特製ノンフライ麺を使用し、札幌ラーメン特有の麺のコシ・風味・食感を再現している。

第4位は、「味噌」の総合1位、マルサンアイの『味の饗宴 無添加生』(税込378円 ※番組調べ)。
そのまま食べても、もちろん味噌汁にしてもおいしく、清水アナも実際に家で使うようになったという商品。米・豆・麦の3種類のこうじを元から仕込んで熟成させた、他にない芳醇な味わいが大きな特徴だ。さらに味噌が呼吸できる特殊なパッケージにより、蔵出しそのままのフレッシュな味わいが楽しめる。放送後、一気に売り上げが上がり前年比300%に。さらに1か月後にも再び売り上げが伸びたことから、メーカーではリピート買いを実感しているそう。

第3位は、「冷凍餃子」17種類の中からトップとなった、ぎょうざの満洲の『冷凍生ぎょうざ』(税込370円 ※番組調べ)。
国産の豚肉と野菜をブレンドした具材を水分多めの柔らかい皮で丁寧に包んでいる。清水アナは「お家でこんなに本格的な餃子が食べられるのか」と驚き、京都の人気店「創作中華 一之船入」のオーナーシェフ・魏禧之さんも「文句のつけようがない」とその味を絶賛した。埼玉を中心に102店舗を展開しているぎょうざの満洲。放送当日の店舗の売り上げは、創業60年の中でも過去最高を記録したといい、各店舗で冷凍餃子が売れると同時に、店内で食事をするお客さんが激増したそう。

第2位は、「レーズンパン」より、14種類を試した中からNo.1となったタカキベーカリーの『石窯サルタナレーズン』(税込311円 ※番組調べ ※西日本限定)。
白ぶどうを天日干しして作る「サルタナレーズン」を使用しているのが大きな特徴で、一般的なカリフォルニアレーズンに比べ皮が柔らかく、果肉はよりジューシーで香り高い。清水アナは「レーズンでジューシーさを感じつつ、パンはカリカリ。全体的に素晴らしい」と称賛した。なお、この商品は西日本限定発売となるが、同じサルタナレーズンを使用した『石窯レーズンブレッド』は東日本でも購入可能

2023年上半期「サタデミー賞」に輝いたのは...

そして354種類の商品の中から見事「2023年上半期サタデミー賞」に輝いたのは、コイズミの『オーブントースター KOS-1236/K』(税込17,770円 ※番組調べ)。
名だたる有名メーカーを抑えて「トースター」で総合1位となったダークホースが、見事今期のサタデミー賞にも選ばれた。火加減や時間を自動でコントロールするマイコン式で、センサーで焼き過ぎを制御。サクふわで理想のトーストが完成する。ピザトーストを焼いても「同じ具材をのせているのに、味が全然違う」と驚いたほどの仕上がりだった。清水アナは、「いらない機能は削いで、必要なものだけ残して、かつパンがおいしく出来上がるという技術力。今期最強のNo.1だと思います」と総評した。

スタジオでは、上半期2位のタカキベーカリー『石窯サルタナレーズン』を、上半期1位のコイズミ『オーブントースター』で焼き上げるという"夢のコラボ"を実施。MCの丸山隆平らも最高の味わいに、「うまい!」と口を揃えた。
この上半期も累計265時間かけて、食品や家電、日用品など身近でよく使う商品を徹底比較。時には体を張ってひたすら試す清水アナの今後の調査もお楽しみに!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆
次回7月8日(土)は「カップラーメン豚骨」を徹底調査!
「サタデープラス」はMBS/TBS系で毎週土曜あさ7時59分から放送中。お楽しみに!

【公式Twitter】はこちら
【公式HP】はこちら
★☆★☆★☆★☆★☆★☆