光宗薫、水彩画「名人10段」歓喜の昇格!ライバル・田中道子に強気発言で浜田タジタジ「仲良ぉやってよ!!」

公開: 更新: MBSコラム

6月29日放送の「プレバト!!」水彩画査定は、「名人・特待生一斉査定」。名人9段の光宗薫が最高位「名人10段」獲りに挑んだ。査定前には、一足先に名人10段に昇格した田中道子への強気発言で現場をピリつかせた光宗。さて、気になる作品の出来は!?

TVerで見逃し配信中!ここをクリック!!※7月6日(木)18:59 終了予定

■光宗薫の作品を野村先生べた褒め「持って帰りたい」

名人10段昇格へ向け、気合十分で登場した光宗。査定前から「自信はもう、あるとしか言えない」と豪語し、6月1日に10段昇格を決めたばかりの田中について問われると「でも、この間ですもんね。ここで私が10段に行ったらもう時差ないくらい」と強気で、これにはMC・浜田雅功も思わず「仲良ぉやってよ!!」とタジタジ。

それでも水彩画の腕前はさすが。「飛び級を狙え!自分が描きたい風景」というテーマで大好きなプロレスを選び、"推し"潮崎豪選手の熱戦風景を描いた。

★名人10段昇格!光宗薫の作品「一撃」★

「とにかくプロレスラーの選手が大好きなので、コスチュームだったり筋肉をメインに描きました。練習場の雰囲気もすごく良かったので、窓の外を夜に変えまして、閉鎖的なカッコいい感じにしました」

制作時間20時間という光宗の自信作に、水彩画の魔術師・野村重存先生も「何もかもすごいわ。何これ...すげぇな」とビックリ。特に繊細かつ緻密な描写力に着目し、「超絶技巧とはこのことだよ」「隙がない」「持って帰りたいですね」と絶賛が止まらない。

無事、10段昇格を果たした光宗は「うわぁ~~~」とその場にへたり込み、「選手、選手...ホント尊敬してるので、落ちちゃったら選手に申し訳ないなと」と、査定前の強気発言とは打って変わって安堵の表情を見せていた。

TVerで見逃し配信中!ここをクリック!!※7月6日(木)18:59 終了予定

■こがけん、4ランク特進の快挙!

大貫勇輔(特待生5級)や中村嶺亜(7 MEN 侍/ジャニーズJr.・特待生1級)が現状維持、中野周平(蛙亭・特待生1級)に至っては屈辱の降格...と、かなり厳しめな査定となった今回。特待生5級のこがけんは「カッコいい」とほれ込んだ溶接工場の作業風景を題材に、驚きの大躍進!

★4ランク昇格!特待生1級へ こがけんの作品「奥様は溶接工」

「難易度が高いとすれば(飛び散る)光。火の粉もきれいに描けて、服のシワにも光が浮き上がってる感じが出たらいいのかな」

32時間かけたという力作に、野村先生も「きれいに描けてるよ!すごいな。これは見事ですよ」と賞賛。とくに良かったのは、溶接作業で飛び散る火花。「まさに今バチバチッと音が聞こえそうな、その瞬間の光を上手に描いてる」とべた褒めで、光の部分を画用紙の塗り残しで表現するテクニックも高く評価。4ランク昇格というミラクルを巻き起こした。

TVerで見逃し配信中!ここをクリック!!※7月6日(木)18:59 終了予定

■くっきーの快作に野村先生「作品が大人になった」

名人2段のくっきーは今回、大好きなバイクをテーマに据えた。自身も4台のバイクを所有する芸能界屈指のバイクマニアだけに、着目点もマニアック。「バイクはエンジンが命やと思うから、鉄々しい感じとおのおのの汚れ具合とか...」と愛ある目線で、制作時間4時間とは思えない緻密な作品を完成させた。

★1ランク昇格!名人3段へ くっきーの作品「小窓」★

「いつも黒多めに描くんですけど、今回は淡めに描いてみました。あと小窓覗いたら小さいダーハマ(浜田)がいますんで」

浜田からは「まじめにやれ!」とツッコまれたものの、野村先生は「作品が大人になった」と高評価。「今回の絵はいわゆる水彩画らしい軽やかな感じが出てて、くっきーさんの中で一つ進歩したと思いました」と、"イロモノ枠"脱却のきざし。手放しの絶賛に、くっきーは「逆に、次から描きにくくなりますね」と照れ笑いを浮かべていた。

次回、7月6日(木)の「プレバト!!」は...特待生が続々誕生の手形足形アート&俳句査定!

俳句のお題は「冷やし中華」

芸術性や文才など芸能人のあらゆる才能をプロが査定! 才能アリなら絶賛!才能ナシなら容赦なく酷評!浜田雅功が最強講師陣を率いてお届けする新しいカルチャースクール番組『プレバト!!』はMBS/TBS系で毎週木曜よる7時放送。https://www.mbs.jp/p-battle/