東京カレンダーのキャッチコピー対決、採用決定の犬山紙子にまさかの結末「何この気持ち?」

公開: 更新: MBSコラム

12月12日放送の「月曜の蛙、大海を知る。」は、人気グルメ雑誌「東京カレンダー」のキャッチコピーを犬山紙子とアルコ&ピース・平子祐希が匿名で考案。同誌の誇るスーパーエース編集者を破って、犬山が掲載決定を勝ち取ったが、想定外のまさかの結末が…。犬山が「何この気持ち?」と不満を爆発させた理由とは?

指原莉乃麒麟川島明がМCを務める「月曜の蛙、大海を知る。」12月12日放送回は、人気エッセイスト・犬山紙子とアルコ&ピース・平子祐希が、流行に敏感な大人のためのグルメ雑誌「東京カレンダー」紙面に掲載されるお店に行きたくなるキャッチコピーを匿名で考案する「"東京カレンダーの名物コピー"を知る」に挑戦。

売れっ子作家の犬山は「書き物の仕事をしているので、ここで負けたら本業に支障が出る!」と絶対に負けられない戦いに気合十分。前回対決で完敗を喫した平子も「イマジ(ネーション)を表現するのが好きなんで」「変革って恐れられるものだからね」と独特ワールド全開でリベンジを宣言。

しかし、同誌はデートの高揚感や情景を表現した独特かつクセが強いコピーで知られ、掲載を決める担当デスクの中野愛子さんは「1文字、単語1つですら大事な商品」「クオリティーを落とすことは読者に失礼だし、取材させていただいたお店にも絶対にしてはいけないこと」と妥協を一切許さない。さらに、コピー対決するのは「骨の髄まで東京カレンダー」という同誌が誇るスーパーエース編集者の嵩倉伶奈さん。またも芸能人が完敗を喫するかと思われたが...。

【1回戦 高級焼き鳥専門店「とり澤 六本木」】
<不採用> 
平子祐希「漆黒の城壁を恐れず進め 宝物庫はいつだって闇の先に在る 伝説の串を手に美味なる怪鳥を打ち倒せ」

犬山紙子「漆黒の隠れ家を案内する特別感を胸に 名物大将が丁寧に火入れした串を享受する」

<採用> 
編集者 「絶妙な火入れによる肉の煌めきが 港区の夜の輝きを助長する」

中野デスクは平子のコピーを「言葉の端々に才能は感じるんですけど...」としながらも、「RPGの世界? 読者に伝える文章ではない」「『怪鳥』は食べたいと思いませんし、お店にも失礼」とバッサリ。一方、犬山のコピーは「悩ましかったです。非常に勉強されている」と評価しつつ、「六本木通り沿いのお店なので、『隠れ家』ではない」と引きのあるワードでも事実とは異なるとダメ出し。

しかし、2回戦では番組史上初の奇跡が...!

【2回戦 高級フレンチ「L'ami du vin Eno N(ラミ デュ バン エノ エヌ)」】
<不採用> 
平子祐希「芳醇なジビエはもはや味わえる美術館(ミュージアム) 王なる王の復活祭には赤いワインがよく似合う」

編集者 「伝説のシェフ渾身のジビエ料理で 食偏差値の高い大人の本能が目を覚ます」

<採用> 
犬山紙子「特別な人と特別な王道フレンチを 神ジビエと神ワインのマリアージュをここで知る」

犬山は「このお店って本当に特別。シェフの榎本さんも伝説と言われている方なので、盛りに盛ったらイケるんじゃないかと思いまして。『特別』と『特別』、『神』と『神』をリフレインさせました」と手ごたえあり。エース編集者を破って、見事に掲載決定を勝ち取り、「やったー!」と狂喜乱舞。

中野デスクは犬山のコピーを「特別な人とフレンチを食べる。読者にすとんと落ちると思う。入りのスマートさが良かった。食通はワインと何を合わせるかに興味がいくのですが、『ジビエとワインのマリアージュをここで知る』は大人心をくすぐる!」と大絶賛。しかし、「ちょっとこのままじゃ載せられない」と衝撃発言も。

「『特別』がリフレインしていると読みづらい。『王道』も取ってしまっていい。『神ジビエ』『神ワイン』もちょっと言い過ぎだし、若者言葉っぽいので校正を入れたい」。

まさかの展開に、犬山は「そこ、こだわり!」と猛反発したが...。

<修正後> 
「大切な人とは特別なフレンチへ ジビエとワインのマリアージュをここで知る」

こだわりのフレーズを全てそぎ落とされてしまった犬山は「えっ? 採用されてこのまま気持ちよく帰れると思ったのに...。何この気持ち?」と不満を爆発。大どんでん返しを目の当たりにしたスタジオの有岡大貴は「採用されても、めちゃめちゃハードルが高い。でも、校正をくぐり抜けた時が真の喜びなんですね。ぜひ見てみたい!」。犬山は「確かに!」と最後は不完全勝利を受け入れていた。

TVerで見逃し配信中!!
↓↓こちらをクリック!!
CLASSY.のスタイリングを知る。
東京カレンダーの名物コピーを知る。