人気モデル3人が「美人百花」掲載バトル、「授業参観のオカン」酷評コーディネートも...

公開: 更新: MBSコラム

10月31日放送の「月曜の蛙、大海を知る。」は、押切もえダレノガレ明美西山茉希のカリスマモデル3人が名前を伏せ、人気雑誌「美人百花」掲載をかけて“令嬢コーディネート”を考案。しかし、掲載レベルに達しない「即ボツ」や「授業参観のオカン」と酷評される者が続出。プロのスタイリストに勝利して、掲載決定を勝ち取ることができたのか?

指原莉乃麒麟川島明がMCを務める「月曜の蛙、大海を知る。」10月31日放送回は、押切もえ、ダレノガレ明美、西山茉希のカリスマモデル3人とプロのスタイリストが名前を伏せ、人気雑誌「美人百花」掲載をかけて"令嬢コーディネート"を考案する「"美人百花"のスタイリングの荒波を知る。」に挑戦。

ファッションリーダーとしてのセンスが試される禁断の企画に、押切は「人生の半分モデルをやってきたので、負けません!」、ダレノガレは「私の年齢が雑誌の層に一番近いので、絶対負けたくない!」、西山も「見てきたラックの数が違う。自分らしい冒険も組み込んで勝負したい!」と火花を散らし合った。

1回戦「令嬢のレストランデート」

事前に誰のコーデか知らされていなかったゲストのニューヨーク・屋敷が、押切を「授業参観のオカン」と酷評していたことが判明。目の前でバラされた屋敷は「チクんなよ!」「押切さん、落ち着いてください。座ってください!」と慌てふためく場面も。

まず、「美人百花」編集長から"即ボツ"を食らったのが、ダレノガレ。実は即ボツの理由は私物の付け襟。編集長は「メインになっているアイテムなので、みんなが欲しいと思っても買うことができない。雑誌なので難しいですね」と不採用の理由が明かされ、ダレノガレは「嘘だー! 本当に? めっちゃショック...」と絶叫。

最終的に採用されたのはプロのスタイリスト・楠怜子さん。編集長は西山とスタイリストのコーデで最後まで悩んでいたが、採用の決め手は「レストランで映えるエレガントな上半身」。スタジオの有岡大貴は「そっか! テーブルの上ね。それは考えてなかった」、バッグの金具が目立ってしまうという理由で不採用になった押切も「細かく、でも全体でも見なきゃいけないから、めちゃめちゃ大変ですね」とプロの目線に脱帽。

2回戦「令嬢のショッピング」

なんと2回戦は"即ボツ"が2人も出る大波乱に。まず、レザースカートを組み込んだ西山が脱落。編集長は「ハード過ぎますね。自分の好みの洋服と雑誌に載せる服は違うので」とバッサリ。西山は「ダメだ。センスないんだ...。他のジャンルで生きよう」と意気消沈。

もう1人の"即ボツ"は、またしてもダレノガレ。色味のあるバッグを取り入れ、「美人百花さんって色物が好きだと思う。私、勝っちゃうわ。圧勝!」と豪語していたダレノガレだったが、「ホントに嫌だ! 何で?」と怒りを爆発。編集長から「子供っぽくて着れないって意見が出てくるパターン。大学生くらいのコーディネートだったらありなのかも」と不採用の理由が明かされると、ダレノガレは「めちゃくちゃダサい子みたいになっちゃってるじゃん...」とガックリ。

最後は押切とスタイリストの争いに。事前のスタジオアンケートではスタイリストが0票、押切が3票を獲得。押切も「動きやすいミニスカートなんだけど、短すぎない丈で。ロングブーツと迷ったのですが、ここはショートブーツで清楚にまとめました」と自信を見せていたが、この靴選びが勝負の分かれ目だった。

編集長も「この2つは本当に優秀! どっちがいいんだろう? 困ったな...」と悩みに悩んでいたが、最終的に採用されたのはスタイリストのコーデ。僅差で敗れた押切の唯一の減点ポイントはブーツのヒール。編集長は「ヒールが高いので、ショッピングで歩いていて疲れちゃうんじゃないかな」とコメント。スタイリストはヒールが太く短いブーツをチョイスしており、スタジオの一同は「なるほど!」「その考え方、素晴らしいな」と納得。

結果はカリスマモデルたちの全敗だったが、指原は「だって我々は誰もスタイリストさんのコーデを選んでないんですもん。恥ずかしいですね!」、屋敷も「スタジオはズレにズレてますよ!」と苦笑いしまくり。人気ファッション誌の大海を知り、自分たちの井の中の蛙ぶりを痛感していた。

11月7日(月)21:59まで
見逃し配信中!!!
【超人気女性誌"美人百花"のスタイリングを知る】

【東京カレンダーの名物コピー"を知る】