中国絶叫アクティビティにザ・マミィ酒井が行ってみた!標高400メートル崖のぼりに相武紗季驚がく!

公開: 更新: カンテレTIMES
中国絶叫アクティビティにザ・マミィ酒井が行ってみた!標高400メートル崖のぼりに相武紗季驚がく!

カンテレ・フジテレビ系バラエティー番組 『アンタッチャブルの早速行ってみた』。この番組は、ネット上に書かれている世界中の不思議なウワサの真偽を確かめるため、アンタッチャブルと仲間たちが現地に早速行ってみる番組。今日よる9時からは、中国の“最恐絶叫アクティビティー”に、ザ・マミィ 酒井貴士が早速行ってみた!

 

マネージャーから「生きて帰ってきてください」と言われた酒井が向かったのは、中国・温州市にある標高600メートルの山。刺激的な絶景を楽しめる上に、100%超安全で超楽しいと誰もが口にする崖登りアクティビティー “飛拉達(ひらだ)。全長900メートルの崖道にはりめぐらされたワイヤーに、たった一本の命綱だけをつないで岩肌を進んでいくも、頼りになるのは足元の薄い板と自分自身のみ。崖の岩肌を進むだけでなく、空中綱渡りや、垂直崖のぼりなど絶叫ポイントがいくつもあり、酒井は「人生で一番怖い」「死んだかと思った」と口にするほど。そして、絶壁で手を離して撮影する映え写真にも挑戦し、日本のテレビで初めての光景が誕生する!?

 

さらに酒井は、アクティビティーの限界を超えた“悪魔のブランコ”にも挑戦!汗だくになりながら3000段の階段を登り山頂に到着すると、高さ300メートルでスイングし、振り幅はなんと600メートル、最高のスリルを味わえるとうわさのブランコが登場。絶叫系NG芸人と言い張る酒井は、果たしてどんな反応を見せるのか。恐怖の絶頂に達するリアクションをぜひご確認いただきたい。

 

また、アメリカでは最後の楽園と呼ばれる幻の街“スラブシティー”に潜入。トレーラーハウスが点在し、誰でも住めて出入り自由。住所も税金もインフラもなく、物々交換で暮らす生活…砂漠のど真ん中にぽつんと存在する映画『マッドマックス』のような独特な世界観が明らかに。不便でも楽しく暮らしていると語る住民たちの生活とは一体どんなものなのか?

他にも、フランスからは、一人乗るのがやっとな激狭エレベーター、凱旋門の激ムズな道路交通事情、タイの画期的でオートマチックなお布施マシーンなど…カオスな光景ばかりの世界各国の謎レビューに突撃!

 

ロケを終え「楽しい楽しいロケです、と言われて連れて行かれたのがあそこでした。だまされた!」とぼやく酒井に対し、「度胸あるよね」と称賛を送るザキヤマ。相武紗季は「私には出来ないなっていうところを酒井さんが攻めてくださっていて絶妙でした」とコメントし、まだまだ過激な酒井のロケを見てみたい様子。画面越しで見ていても怖くなるような激ヤバな絶叫アクティビティーの数々をぜひお見逃しなく。

 

番組概要

【番組名】 『アンタッチャブルの早速行ってみた』

【放送枠】 毎週火曜夜9時~9時54分(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)

MC】 アンタッチャブル(山崎弘也、柴田英嗣)

【スタジオゲスト】相武紗季、春日俊彰(オードリー)、酒井貴士(ザ・マミィ)、滝沢カレン

▼番組PR(30秒): https://youtu.be/BubiU6nNB-o

▼公式サイト: https://www.ktv.jp/untouchable-sassoku/

▼公式X(旧Twitter:https://twitter.com/un_touchable_tv

▼公式Instagramhttps://www.instagram.com/un_touchable_tv/

▼公式Tiktokhttps://www.tiktok.com/@un_touchable_tv/

▼公式YouTubehttps://youtube.com/@TV-anta