あの天津・木村が『岩手の覇者』になっていた 女性ファン“キムラ―”達に囲まれ「一生続いたらいいのに」

公開: 更新: カンテレTIMES
あの天津・木村が『岩手の覇者』になっていた 女性ファン“キムラ―”達に囲まれ「一生続いたらいいのに」

630日午後放送のカンテレ『マルコポロリ!』に、約15年前、エロ詩吟で「一発屋芸人」と呼ばれ、2021年に岩手県へと移住した天津・木村さんが登場。現在は岩手の高視聴率番組のMCをつとめ、地元ですっかり朝の顔となっているという大逆転人生に迫りました。

 今回の番組は「これが俺たちの生きる道 地方で輝くスター芸人SP」と題して、木村さんのほか、「いらっしゃっせ〜」のギャグを武器にロケ芸人として活躍し、2011年から滋賀県住みます芸人として活躍するファミリーレストラン、そして本坊さんが育てた野菜が地元の皆さんから大人気となっている山形県住みます芸人・ソラシドが参戦しました。

 木村さんの一日に密着すべく取材班が岩手へと向かうと、朝6時半、テレビ局の駐車場に木村さんが自ら軽自動車を運転してやってきました。「タクシーじゃないです。自家用車出勤です()。買ったんすよ岩手で。移動はだいたい車ですね」

 午前7時半からの情報番組1部、9時半からの2部に続き、そのまま11時前から生放送のサッカー番組に出演。その全てでメインMCという紛れもなくスターのスケジュールです。

 局内には人気者の証、等身大パネルが飾られているほか、生放送の合間にも自身初となる冠番組のコメント収録。移住以来、活躍ぶりはめざましく、番組出演以外にもCMやアンバサダー、地元紙でのコラム連載、さらには歌手と、まさに岩手の覇者に。

 番組の共演者からは「女性ファンが多くて。岩手では木村さんのファンを総称して“キムラ―”っていうんですけど()、キムラ―が多いですね」と想像だにしなかったワードまで飛び出しました。

 午後5時、その日最後の仕事となるイベントの会場に到着するやいなや、「キャー!」「大好きです!」「カッコイイ!」と女性ファンたちから声援が。歩くだけで拍手喝采を浴びるなど、噂の“キムラ―”は本当に実在していたのでした。

 密着取材の最後、スタッフが岩手での手応えについて尋ねてみると「本当にむっちゃ楽しいです!こんなに恵まれたことないじゃないですか。街歩いてても声かけてもらえるし。これが一生続いたらいいのにと思いますね」と充実ぶりをアピール。

 しかし、MCの東野幸治さんが地方に興味津々なことを受け、「もし東野さんが移住してきて岩手の仕事をし始めたらどうです?」と聞いたところ、木村さんの表情はみるみるうちに曇り「…考えたくもないです」と、ボソッと漏らしていました。

 密着VTRを見守っていた東野さんは「軽自動車に乗ってましたけど、あれ相談されたんですよ。『今まで外車買ったことないから、外車をちょっと中古やけど買おうと思ってるんです』って」と裏話を披露。

 木村さんも「そうですね。もう1つの選択肢が軽自動車で、どっちがいいですかね?って相談したら、『そりゃもう軽自動車一択やろ!それで現場来たら地元の人ら喜びはるよ!』って」と振り返り、「本当にそのおかげで皆さんから『これで来たんですか?』みたいに言っていただきます」と、多くのファンの心をつかんだきっかけの一つが東野さんからのアドバイスだったと明かしました。

 最後に、東野さんが「一応聞きますけど、車種はなんですか?」と話を振ると、「スズキのアルトです。『あると思います』にかけさせていただきました」と、しっかりした答えを披露。スタジオはすぐさま何とも言えない空気となりましたが、「ここでスベっても関係ないです。岩手ではみんな笑っていただくんで()」と、これからも岩手の皆さんのために励んでいくことを誓う木村さんだったのでした。

(関西テレビ630日(日)1359分から放送『マルコポロリ!』より)

≪見逃し配信≫

TVer https://t.co/eCyjuHYU6z

【カンテレドーガ】 https://ktv-smart.jp/store/series.php?id=KTV4520