『海のはじまり』ポスタービジュアル解禁!『海のはじまり』

公開: 更新: カンテレTIMES
『海のはじまり』ポスタービジュアル解禁!『海のはじまり』

フジテレビ系では7月1日(月)スタートの月9ドラマ<毎週(月)午後9時~9時54分>にて、目黒蓮(Snow Man)が主演を務めるドラマ『海のはじまり』を放送する。この夏、脚本を生方美久が担当し、演出を風間太樹、そして村瀬健がプロデュースを務める、“親子の愛”をテーマにした完全オリジナル作品をお送りする!今の時代だからこそ伝えたい人と人との間に生まれる愛と、そして家族の物語を丁寧に描いていく。この度、初回放送まで2週間を切り期待が高まる中、今作品のポスタービジュアルが完成!この物語の主人公となるのは月岡夏(つきおか・なつ/目黒蓮)。大学時代に、ふとしたきっかけで付き合うようになった同級生・南雲水季(なぐも・みずき/古川琴音)と幸せな日々を送っていた。しかし、就職活動を迎えようとしていたある日、突然、彼女から別れを切り出され、そのまま2人は別れることに。それから7年がたち、今は百瀬弥生(ももせ・やよい/有村架純)と付き合い、新しい人生を歩んでいる。そんな夏だったが、大学時代の友人からの連絡で、水季が亡くなったことを知る。別れを告げられて以来一度も会うことがなかったこともあり、その事実に実感が湧かないまま葬式へと向かった夏は、そこで海(うみ/泉谷星奈)という名の幼い女の子と出会う。その女の子が、水季の子どもだということを知った夏は驚きを隠せない。そして、水季の母親である朱音(あかね/大竹しのぶ)から、自分が海の父親だと聞かされる。水季が、自分の知らないところで、自分との間にできた子どもを生み、何も言わずにその子どもを育てていたことを知った夏は、水季と海が過ごした7年という月日に思いをはせ…。今作において1つの大きなテーマとなるのが“親子の愛”。人はいつどのように“父”になり、いつどのように“母”となるのか。自分の子どもが7年間生きていることも、これまでをどう生きてきたかも知らなかった夏と、突然自分の人生に現れた海という2人の関係や、亡くなった彼女と娘との間の母と子の関係など、登場する人物たちの中にある“親と子”の間に生まれる感情をリアルに、そして丁寧に描き、紡がれていく作品をこの夏お届けする。

主人公・夏が、我が子と向き合う思いと優しさがあふれる一枚に加え、さまざまな登場人物たちが抱えている“大切な誰かを思う”気持ちを表現したビジュアルに。

この作品に登場する人物たちの情報解禁にあたっても、彼らが抱える物語や世界観をより丁寧にビジュアルに落とし込み、発表してきた『海のはじまり』。これまでは主人公がどのように我が子と向き合っていくのか、そしてそれを取り巻く恋人や家族、友人にもさまざまな物語があるということを、一枚一枚のビジュアルにしてお届けしてきたが、今回解禁するポスタービジュアルでは、それらの物語をさらに一つにつなげたものになっている。我が子と向き合う思いと優しさにあふれた夏(目黒)と、無邪気に笑う海(泉谷)。その瞳に全ての感情を収束したかのように、遠くを見上げて何かを思う弥生(有村)に、手をつなぎ決意のこもった表情で砂浜を歩く水季(古川)。自宅でふとした瞬間に思いをはせるかのような表情の朱音(大竹)や、目の前にいたはずの誰かを目で追いかけるような津野(池松壮亮)、少しさみしさもゆらめく笑顔の大和(木戸大聖)。そしてその背景にある朝焼けとも夕景ともとれる、うつろいゆく瞬間を切りとった海の水平線。いくつもの物語が一つに溶け合っていくビジュアルは、抱えるものは違っても“大切な誰かを思う”気持ちは同じかもしれないというメッセージ性も表現されているように見える作品に仕上がっている。そして、本ポスターのキャッチコピーは、『silent』、『いちばんすきな花』のポスターに続いて今回も、本作の脚本家・生方美久が手がけている。「選べなかった“つながり”は、まだ途切れていない」という、生方ならではの言い回しで、ビジュアルと同じように主人公の夏だけでなく、登場人物一人一人が抱えている複雑な状況、そしてそこからくる感情、それらを表現した言葉となっている。

放送まであと2週間を切り、よりこの物語の輪郭が見え始めてきた『海のはじまり』。丁寧に描かれる世界観と、圧倒的な映像美は、誰にとってもこの夏いちばんの思い出に残る作品になるはず。それぞれの登場人物たちにとって“親子の愛”とは何なのか。今回公開されたビジュアルとキャッチコピーを合わせて感じながら、ドラマの放送開始を待っていただきたい。

【番組概要】

『海のはじまり』

<放送日時>

7月1日(月)スタート ※初回30分拡大

毎週(月) 午後9時~9時54

<出演>

目黒 蓮、有村架純、泉谷星奈、木戸大聖、古川琴音、池松壮亮・大竹しのぶ 他

<スタッフ>

≪脚本≫

生方美久(『silent』、『いちばんすきな花』、第33回フジテレビヤングシナリオ大賞『踊り場にて』)

≪音楽≫

得田真裕(『silent』、『いちばんすきな花』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、『監察医朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)

≪プロデュース≫

村瀬 健(『silent』、『いちばんすきな花』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、映画『キャラクター』、映画『約束のネバーランド 』 他)

≪演出≫

風間太樹(『silent』、『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、映画『バジーノイズ』、『チア男子‼』、『チェリまほ THE MOVIE 30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい~』 他)

髙野 舞(『silent』、『いちばんすきな花』、『アライブがん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『あなたがしてくれなくても』、『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』 他)

ジョン・ウンヒ(『いちばんすきな花』他)

≪制作・著作≫

フジテレビ

<オフィシャルサイト>

https://www.fujitv.co.jp/uminohajimari/

<公式X>

https://twitter.com/umi_no_hajimari

<公式Instagram

https://www.instagram.com/umi_no_hajimari

<公式TikTok

https://www.tiktok.com/@umi_no_hajimari