「出演者イチのご陽気男」が黒幕?だが疑問残る「謎シーン」も…最終回で明かされる真実とは 社内処刑人

公開: 更新: カンテレTIMES
「出演者イチのご陽気男」が黒幕?だが疑問残る「謎シーン」も…最終回で明かされる真実とは 社内処刑人

第10話、いよいよ最終回を迎えるドラマ「社内処刑人」。
内気な性格から、社内でパワハラ・セクハラを受ける派遣社員の浅見ほのか(生駒里奈)と、双子の妹がパワハラで自殺したことで、「白馬不動産」に恨みを持ち、社員として入社し、復讐を試みる深瀬のぞみ(中村ゆりか)。

(第2話より)

のぞみが入社して以降、2人が働く「白馬不動産」では、社員の自殺未遂や、不審死など不可解な事件が次々と起こります。

そんなのぞみの復讐を影で支える人物が、白馬不動産のビッグクライアントである副島陽太(猪塚健太)

(第2話より)

常に軽いノリで、シリアスな場面でも冗談を連発したり、ふざけたり…しかし、何か核心に触れられそうになるとはぐらかす、謎は多き男。ドラマの進展に深く関わり、また、このドラマのムードメーカー的存在でもあった男です。
しかし、第9話のラストで「全ての黒幕はあなただったのね」とのぞみが問いかけた先にいたのは、なんと副島。

(第9話より)

毎話、復讐のためにレストランで密会をしている2人の様子は復讐を協力し合うだけでなく、それ以上の男女の関係があるのか…!?などと予想するほどだったので、この展開には本当に驚きました。

(第3話より)

しかし、思い返すと、あれはなんだったんだろうというシーンがあって…

第3話で、信号待ちをしていると、後ろから何者かに車道に突き飛ばされ、トラックに轢かれかけたのぞみ。

(第3話より)

軽い怪我のみで一命は取り留めたが、その時、横断歩道の向こう側で、そんな様子をじっと見続け、人差し指を立てて口と鼻に当て「シーッ」というジェスチャーをして去っていった副島。

(第3話より)

まさか、あの時、実はのぞみを突き飛ばしたのは、副島だったのか…!?もう、最終回を目前に、まさかの展開に、頭の整理が追いつきません…。
私の黒幕予想は、ほのかとのぞみの同僚であるあざと女子、早川うらら(水上京香)だったのですが…もし本当に副島が黒幕なら、一本取られました…
さあ、いよいよ最終回。副島の真の目的はなんなのか、のぞみは復讐を果たせるのか…

【社内処刑人】番組HP