『華大さんと千鳥くん』運動神経抜群のアントニー&ダイアン・津田参戦!強豪校の学生たちとガチ対戦!

公開: 更新: カンテレTIMES
『華大さんと千鳥くん』運動神経抜群のアントニー&ダイアン・津田参戦!強豪校の学生たちとガチ対戦!

 博多華丸・大吉と千鳥、かまいたちが“全力で遊んで、全力ではしゃぐ!”をテーマにさまざまな企画に挑戦するバラエティー『火曜は全力! 華大さんと千鳥くん』。豪華ゲストとのスタジオゲームや大はしゃぎのロケなど、華大&千鳥&かまいたちが先輩後輩の垣根や体力の限界を超え、全力で笑いを提供している。

 今回の企画は、≪全力賞金チャレンジVS強豪校≫。さまざまな種目の強豪チームと対決しながら、条件をクリアしてより多い賞金の獲得を目指す。今回、華大千鳥チームのゲストとして運動神経抜群のマテンロウ・アントニーが登場。そして、毎回大活躍のかまいたち・山内は欠席につき、代わりにダイアン・津田が参戦する。

 最初の対決相手は、静岡県長泉町立北中学校女子ソフトボール部。県大会4連覇中で、過去には2年連続全国3位に輝いたこともある名門校ということで、今回はハンデとして華大千鳥チームは10アウト制、強豪校チームは3アウト制とし、1回表・裏のみの1イニングで戦う。打順の相談では、大悟が「大谷(翔平)が2番やからワシ2番」とわがままを言い出し2番を奪取。アントニーは、「少年野球の時に27打席連続長打」という記録を打ち立てたと明かして全員をうならせ、長打が期待される4番に決まる。

 芸人チームの攻撃が始まると、あまりの球の速さに芸人たちは「見えない!」「やばい!」と大焦り。チェンジアップに翻弄(ほんろう)されたり、平凡なフライを打たされたりとなかなか得点につながらない。しかし、そんな芸人チームにもチャンスが!ヒットが続き満塁の場面で打順はノブへ。ノブの打球の行方は

 守備の場面では、またも大悟が高校時代野球部キャプテンでエースだった濱家を差し置いてピッチャーを志願。案の定、相手打線が爆発するも、野球経験皆無の大吉が試合中に急成長!まさかの活躍で大悟のピンチを救う!? 

 続く対戦相手は、東大阪大学柏原高等学校スポーツチャンバラ部。団体戦全国制覇の強豪校で、個人で日本選手権優勝の選手や世界大会3位の選手など実力者ぞろい。しかし、華大千鳥チームも負けじと応戦。アントニーは体格で彼らを圧倒し、高校時代フェンシング部だった津田も、素早い動きで白熱の試合を繰り広げる。

 そして今回も、“NGワードルール”を発動。7人それぞれが頭に付けたデバイスに表示されるNGワードを3回言ってしまうと、その人は賞金獲得の権利を没収されてしまう。休憩中は、NGワードを言わせるため大悟がノブを罠にかけたり、アントニーがターゲットの芸人たちにキレだしたりと探り合い。NGワードを避けて賞金を手にすることができるのは誰なのか? ぜひお見逃しなく!

前回の放送を見逃した方、もう一度見たい方は、こちらから↓

最新話見逃し配信中!

【カンテレドーガ】

https://bit.ly/45eOU0f

TVer

https://bit.ly/45cpv7j