蛍原「牛宮城は行くけど10年後でもいい」一緒に行く約束の東野 先過ぎるスケジュールに絶句「ウソやん」

公開: 更新: カンテレTIMES
蛍原「牛宮城は行くけど10年後でもいい」一緒に行く約束の東野 先過ぎるスケジュールに絶句「ウソやん」

616日午後放送のカンテレ『マルコポロリ!』は、「吉本印天然素材来られる人だけ集めちゃいましたSP」と題して、蛍原徹さん、FUJIWARAの原西さん・藤本さん、バッファロー吾郎の竹若さん、へびいちごの島川さん・高橋さんが登場。ユニット解散からはや25年、今だから話せる天然素材時代の裏話をぶっちゃけました。

 吉本印天然素材とは1991年にナインティナイン、雨上がり決死隊、FUJIWARA、チュパチャップス(星田英利<旧芸名:ほっしゃん。>、宮川大輔)、バッファロー吾郎、へびいちごの若手コンビ6組で結成されアイドル的な人気を集めていた“お笑い×ダンスユニット”のこと。

 番組冒頭、元気よく紹介されたゲスト席では、まだまだ反省中の藤本さんが頭を膝まで下げて全力謝罪。その様子を見かねたMCの東野幸治さんが「お前ややこしいから来んでええねんて!()。なかなか苦労してるって聞きますよ!」とイジってみせると、「…まぁ、確かにそりゃそんな甘い世界じゃないですよ本当に」と神妙な面持ちの藤本さん。

「『復帰しましたー!』って言って、呼ばれるような甘い世界じゃないです」と肩を落とし、東野さんは「あれ…なんかすんません。俺もそんなつもりなくて、みんなワ―ってなるかなと思ったら、シーンってなって()」と、予想だにしないリアクションに戸惑っていました。

 休業中は心配する天然素材メンバーから連絡があったと言い、「ナイナイの2人からもありました。矢部も心配してくれてて『大丈夫か?フジモンらしいな』みたいな感じのが」と藤本さんは紹介。

 そこで東野さんが「宮迫は?」と切り込んだところ、「ありました。宮迫さんは『俺なんかより全然マシやわ』って言うてました」と明かされますが、「それは知らん()」と即座にツッコんだ上で、「一瞬、ホトちゃんの顔見るやん。ほんならホトちゃんが『笑うなよ』って顔してんねん()」と語り、スタジオには瞬時に気遣いの輪が広がったと解説していました。

 しかし東野さんも正直、現在の2人の関係は気になるようで、「ほんで宮迫さんには会ってんの?()」と聞いてみましたが、ニコニコと無言で微笑みをたたえる蛍原さん。

「ちゃうねん!俺はホンマに焼肉行きたいの。ホトちゃんに『牛宮城行くんやったら言うて!俺仕事なかったりタイミング合ったりしたら一緒に行くから。行く時言うてね!』って言って、『あ、わかりました兄さん』ってなってて、あれからかれこれ何年?」と東野さんは重ねて尋ね、蛍原さんは「何年くらいですかね…まぁ2年?3年ですか?」と淡々と回答。

 それを受けて方正さんが「なんで行ってないの?行かへんの?そやったらもう『行かへん』って言った方がええやんか」とアドバイスしたのに対しては、「そんなことないんですよ。行く時は東野さんも一緒に行きましょかっていう話をしてたんで」と、多忙な東野さんに気を遣っている面もあると強調しましたが、「行ったらええやんけ!大人やねんから」「蛍原さんが行こうって言って、行ったらよろしいやん」などと、ほんこんさんや藤本さんからツッコミが。

 ここで蛍原さんは「僕の中では、行くのは行きますよ」と宮迫さんのお店に行くことは決めていると断言しましたが、「だから別に5年後でも10年後でもいいじゃないですか」と続けると、東野さんは目をパチクリさせ「…ウソやん…5年後10年後!?」と呆然。

 それでも「行くのは行きますから。行けへんとは言ってないです、行くって言ってるんです()」と蛍原さんが笑顔に戻ると、「いや、だからこんな風にもう天然素材ややこしいのよ()」と、諸事情だらけの同窓会に困惑しきりの東野さんだったのでした。

(関西テレビ616日(日)1359分から放送『マルコポロリ!』より)

≪見逃し配信≫

TVer https://t.co/eCyjuHYU6z

【カンテレドーガ】 https://ktv-smart.jp/store/series.php?id=KTV4520