スパイ企画にナイナイ・岡村、Snow Man・向井が初参戦! 前代未聞の結末に!?

公開: 更新: カンテレTIMES
スパイ企画にナイナイ・岡村、Snow Man・向井が初参戦! 前代未聞の結末に!?

 博多華丸・大吉と千鳥、かまいたちが“全力で遊んで、全力ではしゃぐ!”をテーマにさまざまな企画に挑戦するバラエティー『火曜は全力! 華大さんと千鳥くん』。豪華ゲストとのスタジオゲームや大はしゃぎのロケなど、華大&千鳥&かまいたちが先輩後輩の垣根や体力の限界を超え、全力で笑いを提供している。

 今回は、ナインティナイン・岡村隆史とSnow Man・向井康二が“スパイ7分の1”に初挑戦。オープニングで岡村は「楽しみにしてきたのに、スパイになったらすごい仕事せなあかん」と愚痴モード。向井は「お芝居もちょこちょこやらせてもらってますから」と自信満々に切り出すも、即座に大悟から「ウソつけ!」とイジられ出鼻をくじかれてしまう。

 最初のゲーム≪ターンテーブル空き缶積み≫では、酒飲みの華丸、大吉、大悟は手が震えてしまうという話に、向井が「僕も手が震える方」と言い出し、岡村がすぐさま「怪しくない!?」と向井を追及する。すると、「向井君を怪しむのが怪しい」と大悟に疑われてしまい、岡村は慌てて「同期(華丸・大吉)の前でがんばってるだけ」と否定する。しかし、ゲーム後にはその華丸から「岡村君が怪しかった」と疑惑の目を向けられ、後輩芸人たちからも「発言がおかしい」と責められるなど、どんどん窮地に追い込まれていく。

 21組になってお題をにゃんにゃんという言葉と即興劇で表現する≪にゃんにゃん即興劇≫では、火ドラ★イレブン『リビングの松永さん』に出演中の向井が「“意外に演技できるんや”ってところを今日見せようかと」と気合十分。岡村は「アカデミー賞も獲ってますし」と、スパイ疑惑を晴らすチャンスを狙う。しかし、その2人の即興劇では演技プランが噛み合わず微妙な空気に。一方、岡村と華丸の即興劇では、仲良し同期ならではのコンビネーションをみせる。さらに山内が、それまでかばっていたノブをいきなりスパイだと疑い出す裏切り行為も飛び出し、予想はますます混迷を極める。また、千鳥のあるやりとりを見た岡村が「ええなあ、そんなんようせんわ」と、突然コンビ仲の良さをうらやましがる場面も。

 そして、最後のゲーム≪文字とりしりとり≫で驚きの事態が発生! これがスパイ企画前代未聞の結末に発展してしまう。果たして何が起こったのか、そしてスパイは誰なのか!?ぜひお見逃しなく!


前回の放送を見逃した方、もう一度見たい方は、こちらから↓

最新話見逃し配信中!

【カンテレドーガ】

https://bit.ly/3Ue60YU

TVer

https://bit.ly/493P7nU