クズ芸人界の権威・岡野陽一のスゴ技…給料日をエンタメ化して“汁日”に「十万の位がとんでもなく楽しい」

公開: 更新: カンテレTIMES
クズ芸人界の権威・岡野陽一のスゴ技…給料日をエンタメ化して“汁日”に「十万の位がとんでもなく楽しい」

  1112日午後、カンテレ『マルコポロリ!』に、クズ芸人界の権威・岡野陽一さんが登場。最新の借金総額や、毎月訪れるという“脳汁”があふれる「汁日」の楽しみ方などについて明かしました。

 今回の番組は「NEXTクズ芸人緊急参戦SP」と題して、岡野さんのほか、相方からも借金をしまくった孤高のクズ芸人、相席スタート・山添寛さん、ギャンブルに明け暮れる破滅寸前の双子クズ漫才師・ダイタク、そしてここ8年間家がないという謎のニューウェーブクズ芸人、パンプキンポテトフライ・谷拓哉さんが出演。

 ネタなのかリアルなのか分からないほどぶっ飛んだそれぞれの生き様について、新旧クズ芸人たちの魂の叫びがこだましました。

 冒頭でMCの東野幸治さんから「借金はさすがにもうないんですか?」と尋ねられた岡野さんは「ちゃんと、本当に皆さんのおかげで1200万円をキープしてます」と早速謎の主張を展開。

「返そうと思ったら返せるけど、キャラも必要やから?」と重ねて問われると、「いえ、一切そんなことはないです。皆さんから『返さないの?』ってすごい言われるんですけど、それって順序が違って。借りる→返すじゃなくて、借りる→“キープ”→返すっていう順序があるんです」と説明し、現在は借金を増やさないという返済の一つ前の段階に進んでいると胸を張りました。

 さらに岡野さんは「人力舎は毎月15日が汁日なんですけど…」と所属する事務所の給料日を特殊な呼び名で紹介した上で「芸人の仕事で何がいいかって、ギャラが分からないっていうことなんですよ。振り込まれた額を見る時が僕にとってはもう至福の時で、汁日は一番脳汁が出るチャンスなんです」と毎月の一大イベントについて力説。

 これに大笑いの東野さんが「一桁ずつ絞って見るの?」と確認したところ「もちろんです!時間合わせてお風呂とか入って、タバコをいっぱい置いて、お酒を飲みながら絞ります()」と、汁日のことを思っただけでもこの上ない幸福感に包まれているようでした。

 ここから岡野さんは、振り込まれるギャラが仕事の量などによって毎月変わることを、どのようにエンタメ化しているのか詳しく解説。

「スマホでログインした瞬間に手で隠します、これが大事です。そして右から。下1桁から開けていって、4桁目まではどうでもよくて。以前は5桁目、万の位から汁を出せてたんですけど、今はありがたいことに、どうでもよくはないけどまぁまぁっていう感じです。で、ここですよ!6桁目、十万の位がとんでもなく楽しいわけです!」

 その目は血走り、完全にギャンブラーの表情となった岡野さん。「例えば、十万の位が『4』とかだとしましょう。40万円とかだと、うわぁ~!と同時に、『あれ…まさか…7桁目が?』ってなるんです()。逆に十万の位が6とか7だと、もうないか…と。もう俺、人生で毎日こればっかりやりたいぐらいです」と、愛してやまない汁日のルーティーンについて熱弁しました。

 ただ、注意事項もあるそうで「スマホって手に反応しちゃうんで難しいんです、最後に7桁目を目指してバッ!とやると、違うページにいったりするんで」と続け、誤操作防止のため今は特別な器具を作って絞っていると明かすと、スタジオは爆笑。

 東野さんから「いいね!これは楽しいやん。このギャンブルは損せえへんから」と高評価を受け、満面の笑みを浮かべると共に、次の“汁日”が待ちきれない様子の岡野さんだったのでした。


(関西テレビ1112日(日)1359分から放送『マルコポロリ!』より)

≪見逃し配信≫

TVer】 https://t.co/eCyjuHYU6z

【カンテレドーガ】 https://ktv-smart.jp/store/series.php?id=KTV4520