こんや放送!『さんまのまんま秋SP』

公開: 更新: カンテレTIMES
こんや放送!『さんまのまんま秋SP』

本日10月6日(金)、よる9時から放送される『さんまのまんまSP』(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)に、つんく♂、保田圭、矢口真里が出演する。

 

ハワイ在住のつんく♂が10年ぶりに登場。喉頭がんで声帯を摘出しているため、パソコンやジェスチャーを使ってさんまとコミュニケーション。日本のラジオも聞いているというつんく♂から「おもしろかった」と直接連絡をもらったというエピソードも披露。「歌えない歯がゆさもあるやろ…」と、時折つんく♂を心配するさんまだが、つんく♂からは「しゃべらなくても意外と人生なんとかなる」という言葉が。さんまは「ええこと言うなあ」と感心しつつ、さんまならではの“笑い”でつんく♂を大いに笑わせる。


さんまが、つんく♂に、「これまで携わって、『よっしゃ!』と思った曲はどの曲なんや?」と質問すると、つんく♂が、“思い入れのある曲”を発表。はたして、ヒットメーカー自身がよっしゃ!と思った曲は?

トークが盛り上がる2人を前に「すごく貴重なお話ばかりで…」と、遠慮してなかなか入れずにいたモーニング娘。OGの保田圭と矢口真里が合流する。さんまから「あの時、めちゃめちゃ迷惑かけたやろ!」とふられた矢口は、「その節は本当に申し訳ございませんでした!」と、かつて自身のスキャンダルで迷惑をかけたことをつんく♂に深々と謝罪。当時のことについて、つんく♂が明かしたある言葉に矢口は「あれ!? なんで知ってるんでしょう」と焦ってしまう事態に。さらに「あの時は申し訳なさすぎて、気まず過ぎて、つんく♂さんに連絡できなかった…」と、当時の心境を語る。

 

また、保田は、モーニング娘。時代のつんく♂について、「愛情はもちろんたくさんいただいてたんですけど、つんく♂さんはメンバ―との間に線をきっちり引かれていた」と回想。また、つんく♂は“自分の好みの女性をアイドルとして選ぶのか”と、問われると、当時、音楽プロデューサーとして“意識していたこと”を明かす。さらに、矢口が「さんまさんは、モーニング娘。で誰が一番好きなんですか?」と質問すると、さんまは当時のモーニング娘。のメンバーで、仲が良かったというある人物との関係を語り、あるショックなことが発覚してしまう…。

 

このほか、今夜放送の『さんまのまんま秋SP』には、橋本環奈、藤岡ファミリー(藤岡弘、天翔愛 藤岡真威人 天翔天音)、バスケット男子日本代表トム・ホーバスHC/富樫勇樹選手/比江島慎選手/馬場雄大選手ら豪華ゲストが出演する。

≪つんく♂&保田圭&矢口真里コメント≫

――――収録を終えていかがですか?

(つんくパソコンやジェスチャーを通しての会話だったので、言いたいことの3割くらいしか言えなかった気がしますが、その分、さんまさんがいっぱい喋ってくださったので、結果良かったのかなと思います。意外とボケとツッコみができていたかなと思います(笑)。

 

(矢口真里)さんまさんとつんくさん、とても貴重なお二人の会話を見せていただきました。一秒たりとも見逃せないと思います。

 

(保田圭)さんまさんだから、話すことができた内容だったと思います。つんくさんからこれまで伺ったことがないようなお話がたくさんありました。『あ、そんな話聞けるんだ』って思いました。

 

(つんくそう? 例えばどんなの?

 

(保田)『メンバーのこと実はどう思ってたの?』とか、さんまさんじゃないと、直接ぶつけられなかったと思います。そんな突っ込んで聞いていいのかってところまで聞かれていたので(笑)。

 

(矢口)あと、『2000曲ある中での、つんくさん的ベスト3』のお話は、初めてお聞きしたので、おお~ってなりましたね。聞けてうれしかったです。

 

――――さんまさんとの久しぶりの共演はいかがでしたか?

(つんく僕が青春時代、さんまさんはめっちゃアイドルでしたが、以前と変わらず優しいなと思いました。ツッコミも全部“愛”だからね。さんまさんとしゃべったら、全部浄化されていく感じがしますね。

 

(矢口)あの空間が、幸せな空間すぎて…夢のようでしたね。実は、わたしたちと、つんくさんとのバラエティー共演ってこれまでなくって、ドキュメンタリーとかで同じカメラにおさまるくらいでしたから。

 

(つんく初かな?

 

(矢口)そうですね。バラエティーとしては、初めてだと思います。あと、台本がないって聞いて、どういう話になるんだろうと思っていたら、あの展開になりました(笑)。本当になんであの時、つんくさんに連絡してなかったんだろうって、改めて思いました。とても反省しています。

 

(つんく無理やと思うで。でも、今となっては、青春やん(笑)。

 

(保田)優しい!

 

―――収録でもお話されていましたが、お二人は、つんくさんから一度も怒られたことがないとのことでしたね。

 

(保田)そうなんです。

 

(つんく怒れるような立場でもないからね。僕は、ただのバンドマンだったわけで、教育者じゃないし。そんなエライ人間でもない。人間みんな叩けばホコリなんか出てくるもんやから。

 

(矢口)いえいえ…。15歳からこの世界に入って、芸能界の育ての親といっても過言ではないので。いまだに足を向けて寝られないですし、尊敬と崇拝と、師匠と呼ぶことさえ、厚かましいじゃないかというレベルです。本当にお世話になりました。

 

―――今回、秋SPということにちなんで、秋に楽しみにしていることはありますか?

 

(つんくハワイって、キノコ類がとっても高いんです。だから、ハワイでは特に秋のキノコは宝物ですね。

 

(矢口)私の息子が、今4歳で年少なんですが、もうすぐ初めての運動会がありまして、もう、本当に楽しみなんです。家では踊ってって言っても、まったく踊ってくれないのですが、幼稚園では練習しているようで…。その姿を見たら、きっと涙腺崩壊すると思います(笑)。

 

(保田)秋は美味しいものがいっぱいなので、栗拾いとか、自分たちで取る、味覚狩りを家族と楽しめたらいいなと思います。

 

―――では最後に、番組の見どころ、メッセージをお願いします!

 

(つんくよく僕をトーク番組に呼んでくれたなと思います(笑)。実は、本当は、明日日本に着く予定だったのですが、『さんまのまんま』の出演オファーをいただいたので、日程を早めて日本に到着するように変更したんです。さんまさんに会えると思って、行く行くーって(笑)。ただ、行くって言ったものの大丈夫かな…と。『さんまのまんま』、本当にアンケートも、打ち合わせもなにもなくて…いったいどうなるんだろうと。放送大丈夫かなと…今も思ってます(笑)。

 

(矢口)確かに、何の打ち合わせもありませんでしたね(笑)。私たちもファンの視点で見ていました。お二人の2ショットを見ることができて、とても幸せでした。

 

(保田)ここでしか、聞けないトークだったと思うので、絶対見てほしいです。すごくレアな会話でした。矢口の話は、昔はもう少しボカシて話していたのに(笑)。他の番組では話せないトークがたくさんありました。ぜひご覧ください!