『転職の魔王様』最終回に小関裕太、駿河太郎がゲスト出演!

公開: 更新: カンテレTIMES
『転職の魔王様』最終回に小関裕太、駿河太郎がゲスト出演!

成田凌主演・小芝風花ヒロインの月10ドラマ『転職の魔王様』(カンテレ・フジテレビ系/毎週月曜よる10時)。本作は、“転職の魔王様”の異名を持つ、毒舌敏腕キャリアアドバイザー・来栖嵐が、求職者の仕事や生き方への悩みを辛辣な言葉で一刀両断しながらも、働く自信と希望を取り戻させる、心揺さぶる“転職”爽快エンターテインメント。

ついに最終回を迎える9月25日(月)の放送回に、小関裕太駿河太郎がゲスト出演する。小関は、来栖の商社マン時代の元同期・児玉雄一郎を、駿河は学生時代から夢だった仕事を諦めきれない求職者・滝藤航平を演じる。

10話のラストで来栖と4年ぶりの再会を果たした児玉(小関)。来栖の商社マン時代の同期でライバルでもあった児玉は、「もう一度、あの頃の夢を追わないか。俺と一緒にアフリカで働こう」と、いきなり来栖に転職を打診。来栖が『シェパードキャリア』から去るのでは!?と予感させる展開となった。

 事故で左足が不自由になり、アフリカでエネルギー開発に携わるという夢をあきらめざるを得なかった来栖のもとに、再び舞い込んだチャンス。これまでさまざまな求職者を導いてきた来栖だが、最終話では、自らが“導かれる立場”となる。

 

そんな来栖の元を訪ねてきたドラマ最後の求職者は、駿河太郎演じる食品会社に勤務する滝藤航平。滝藤は、来栖が3年前に担当した求職者で、夢だった広告プランナーの仕事を志望して転職活動をしていたが、結局その思いは叶わず、別の仕事にまい進。しかし、自分のキャリアに迷いが生じ、「もう一度夢を追いたいです」と、来栖の元へやってくる。

これまで来栖が主張してきた“転職限界年齢”はとうに過ぎ、厳しい展開になることは目に見えている滝藤の転職。しかし、偶然にもかつての同僚の誘いで自らの“夢”を思い出した来栖は、心が揺れ始めている今の自分と滝藤の姿が重なり、いつものような歯切れよいストレートな意見が言えない。

諦めがつかない限り、“夢”はいつまでも追い続けるべきものなのか? そもそも、かつての“夢”は今の自分にとっても変わらぬ“夢”で、希望なのか――。今の自分のキャリアを見つめ直し、納得のいく結論を出す術とは?

 

来栖に転職を打診し、忘れかけていた“夢”を思い出させた児玉(小関)と、もう一度夢を追うため来栖に背中を押してもらおうとやってくる滝藤(駿河)。最終話を彩る2人のキーマンからコメントが到着した。


<小関裕太 (来栖の商社マン時代の同期/児玉雄一郎役) コメント>

Q.ドラマの魅力、『転職』についてのイメージは?

「転職」についてのイメージはもともと、キャリアアップや新しい環境への挑戦というイメージでしたが、このドラマを通して、その他にもたくさんの背景や理由、意味があるのだと感じました。そして、その人生を請負う「転職エージェント」も、ただその人に合った職を選ぶというだけでなく、その“ひと”を見なければならないのだと知りました。


Q.演じられる児玉雄一郎はどういう人物でしょうか?また、注目ポイントなどありましたらお教えください。

児玉は、来栖が昔いた商社で同僚だった人物です。アフリカでのエネルギー事業開発に参加するという夢を描いていた来栖をずっと見てきた男。来栖の夢を後押しする人物とも言えますが、児玉が辿ってきた人生も見ていただけると嬉しいです。

Q.現在放送中のドラマ『癒しのお隣さんには秘密がある』で、狂気的なストーカーを演じられて怪演と話題です。爽やかなイケメンという点では共通項を感じますが、ご本人としてはいかがでしょうか?

共通点は数学脳だと思います。仁科というストーカーの役では、意中の女性をとりまく環境や人に危険はないかとずっと見護っていました。仁科が彼女の同僚や上司に接する時、その数学脳を発揮し、計算的に周りの人物を監視していました。今回演じた児玉は、来栖と話す時も、(本編では描かれてませんが)取引先と交渉をする時なども誘導するように会話を組み立てていると思います。ただ違うところとしては、児玉は数学的な組み立てもありながら、かなりの直感型。旅人のようにどんどん突き進みながら、時に交渉の時に仕事モードをオンにする。そんな違いも自分自身、この7月期のドラマ期間の中で楽しんでいました。

Q.ドラマにちなみ、もし、小関さんが『転職』されるとしたら、どういった職業に?

小さい頃、家の設計図を書くのが好きでした。当時は、家を設計するのは「建築士」ではなく「大工さん」だと思っていて、ミュージカルも好きだったので、歌い踊りながら家を作る仕事がしたいというのが子供の頃の夢でした。

Q.撮影中のエピソードをお願いします。

成田さんはとってもユーモアがあって、面白い話を色々としてくださいました。家に来た友人や後輩に「服どんどん持っていっていいよー」と言ってるという話を聞いた時には、兄貴肌な一面もあるのだなと知りました。そんな成田さんから聞いたこの現場の助監督さんの話なのですが、オーラが見えるという助監督さんがいて「みんな見てもらったから」と、僕も見てもらいました。僕は珍しい「黒」だったそうです。ストーカーを背後にまだ背負っていたのでしょうか(笑)。詳細を聞いたら良い色だったので嬉しかったです。ちなみに成田さんは「濃い紫」だそうです。(笑)

Q.最終話の見どころ、視聴者へのメッセージをお願いします!

前回、放送終了間際に、突如登場した児玉。来栖の商社マン時代の同期で、もう一度一緒に夢を追わないかと来栖に問う、重要人物です。このドラマを通して「キャリアアップ」や「人間関係の変化」など、より人生を豊かにするアイデアを受け取ってきましたが、「夢」を実現させることも人生を豊かにするのには欠かせないテーマですね。最終話ぜひ楽しみにしていてください。

<駿河太郎 (求職者・食品会社勤務/滝藤航平役) コメント>

Q.ドラマの魅力、『転職』についてのイメージは?

何か始めるのに遅いなんて事はないと思ってるので、転職って響きは素敵だなと思っています。もちろん置かれてる状況、年齢などで、勇気も必要だし、足踏みしてしまう事はあると思いますが、いろんな選択肢が選べる世の中であればいいなと思います。

Q.演じられる滝藤航平はどういう人物でしょうか?

一生懸命な人だなと自分の思い描いた人生と、現実の自分に合ってる人生ってほとんどの人が違うと思うんです。それに気づけた人が幸せなんだと思います。もちろん天性の才能があって、努力して理想の人生を突き進む人も居ると思いますが凡人の僕には、滝藤の気持ちが痛いほどわかりました。

 

Q.ドラマにちなみ、もし、駿河さんが『転職』されるとしたら、どういった職業でしょうか?

小さい時からサーフィンをしていて、サーフィンで飯が食えるくらいのサーファー。

Q.撮影中のエピソードをお願いします。

成田君は初めましてでしたが、初めて会った気がしない程、現場の居心地がよくて、座長として貫禄すら感じました。
小芝さんとは何回か共演していて、また一緒にやりたかったので、今回ご一緒出来て嬉しかったし、纏うオーラみたいなもんがどんどん大きくなっても、初めて会った時と変わらん可愛らしさがあって、そりゃみんなから愛されるわなと。ほとんど成田君と小芝さんとの芝居でしたが、控室で緊張しつつもなんとか馴染もうとしてる、おいでやす小田さんが素敵でした。

Q.最終話の見どころ、視聴者へのメッセージをお願いします!

観てくださる人のほとんどが、自分の人生キャリアを考えると思います。悩んで、迷って、彷徨って、それで見つけた答えでいいんだと思います。正解も不正解もなくて、ただみんなが幸せだなぁと、思える世の中になればいいと願ってます。考えるきっかけをくれる最終回になっていると思うので、ぜひご覧ください

9月25日(月)放送 最終回・第11話・あらすじ 

来栖(成田凌)の商社マン時代の同期・児玉雄一郎(小関裕太)が、来栖を訪ねて『シェパードキャリア』へやって来る。エネルギー開発事業を専門に扱う商社に転職した児玉は、「俺と一緒にアフリカで働こう」と来栖をスカウト。会社は来栖のハンディキャップにも理解を示しているという。一度はあきらめた夢を再び追いかけられるチャンスに、来栖の心は揺れ動く。

そんななか、3年前に来栖が担当した滝藤航平(駿河太郎)が、37歳にして、学生時代からの夢である広告プランナーの職に就きたいと相談に来る。前回、広告代理店への転職が叶わなかった滝藤は、広告宣伝に力を入れる大手食品会社に入社するも、現在は販促イベントの雑務を担当しているという。「可能性がゼロではないなら、夢を追い続ければいい」――3年前の来栖の言葉が忘れられず、再び夢に挑戦しようとする滝藤に、来栖は思わず自分の姿を重ねてしまい…。

一方の千晴(小芝風花)は、いつもなら迷わず突っぱねるであろう、難易度の高い滝藤の転職を後押しした来栖に、違和感を覚えていた。するとそこへ再び児玉がやって来て、千晴は事故にあう前の来栖が夢を追いかけ、笑顔で働いていた話を聞く。児玉から来栖の説得を頼まれた千晴は…。

はたして、来栖はもう一度夢を追いかけるのか、それとも、キャリアアドバイザーとして求職者の転職をサポートする道を選ぶのか!? 魔王様が最後に出した答えは…!?


<作品概要>

【放送枠】毎週月曜よる10時(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)

【タイトル】転職の魔王様

【出演】成田凌 小芝風花 

山口紗弥加 藤原大祐 おいでやす小田 前田公輝 井上翔太 井本彩花

石田ゆり子

【原作】 「転職の魔王様」「転職の魔王様2.0」 額賀 澪 (PHP研究所) 

【脚本】泉澤陽子(「リコカツ」「鹿楓堂よついろ日和」「IQ246~華麗なる事件簿~」)

      小峯裕之(ドラマ『ドクターホワイト』『連続ドラマWギバーテイカー』)

【主題歌】 milet Living My Life」 (SME Records

【オープニング曲】LIL LEAGUE from EXLE TRIBEMonster」(rhythmzone

【音楽】横山克 橋口佳奈

【プロデューサー】萩原 崇 石田麻衣 櫻田惇平  

【演出】堀江貴大(ドラマ『花嫁未満エスケープ』 映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』 ) 

    丸谷俊平(ドラマ『俺の話は長い』 『ハコヅメ~たたかう交番女子!~』)

    保坂昭一(ドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて』 ドラマ『監察医 朝顔』)   

【制作協力】ホリプロ

【制作著作】カンテレ


公式HP: https://www.ktv.jp/tenshokumao/

公式X(旧Twitter: https://twitter.com/tenshokumao   @tenshokumao

公式Instagramhttps://www.instagram.com/tenshokumao/  @tenshokumao