佐藤浩市、11年ぶりのフジ系連ドラ出演!10月期月9ドラマ『ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~』

公開: 更新: カンテレTIMES
佐藤浩市、11年ぶりのフジ系連ドラ出演!10月期月9ドラマ『ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~』

フジテレビ系では10月9日(月)より<二宮和也、中谷美紀、大沢たかお>トリプル主演の月9ドラマ『ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~』を放送する(※初回30分拡大)。今作は、人々が思い思いに過ごすクリスマスイブの1日を1クールかけて描く、謎と愛と奇跡の物語。それぞれ別の人生を歩む3人の男女の物語が並行して進んでいき、次第に運命の交錯を果たす。聖夜に何が起きるのか-。主演の3人をはじめ、超豪華キャストが続々と解禁される中、この度、レギュラーキャストとして佐藤浩市の出演が決定!これまで日本アカデミー賞最優秀主演男優賞をはじめ、数々の賞を受賞してきた日本を代表する名俳優が、全てが謎に包まれた男を怪演する。

日本を代表する俳優・佐藤浩市が謎の男を怪演!

佐藤が演じるのは、謎の男・真礼(まれい)。横浜の自宅で愛犬・フランを飼っているということ以外、全てが謎。怪しげな雰囲気を漂わせ、横浜の街をふらふらと徘徊(はいかい)する。記憶を失った逃亡犯・勝呂寺誠司(すぐろじ・せいじ/二宮和也)、クリスマスディナーの準備で追われる大ピンチのシェフ・立葵時生(たちあおい・ときお/大沢たかお)、そして殺人事件の真相を追う報道キャスター・倉内桔梗(くらうち・ききょう/中谷美紀)との接点は?神出鬼没な真礼が主人公たちにどのように関わってくるのか、第1話から目が離せない!佐藤は1980年のデビュー以来、数々のドラマ・映画へ出演。映画『忠臣蔵外伝 四谷怪談』(1994年)、映画『64 ロクヨン 前編』(2016年)などで日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞したほか、数々の賞を受賞してきた名俳優であり、日本の映画界、ドラマ界において欠かすことのできない存在だ。2023年公開の出演映画は、『ファミリア』(1月6日公開)、主演作『春に散る』(8月25日公開)、『愛にイナズマ』(10月27日公開予定)など実に9本を数える。さらに現在は、NHK大河ドラマ『どうする家康』に真田昌幸役で出演中のほか、民放公式テレビ配信サービス・TVer初のオリジナルドラマ『潜入捜査官 松下洸平』にも出演している。

『鍵のかかった部屋』以来約11年ぶりのフジ系連ドラ出演!主演3人との共演にも注目!

そんな佐藤のフジ系連ドラ出演は、月9ドラマ『鍵のかかった部屋』(2012年)以来約11年ぶり。二宮との共演は二宮が主演を務めた新春ドラマスペシャル『坊っちゃん』(2015年)以来約8年ぶりとなる。大沢とは映画『キングダム 運命の炎』(2023年公開)での共演も記憶に新しく、中谷とは映画『清須会議』(2013年)以来10年ぶりの共演となる。<二宮和也、中谷美紀、大沢たかお>トリプル主演で贈る月9ドラマ『ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~』は10月9日(月)スタート。“逃亡編”キャストの江口洋介、中川大志、松本若菜、中村アン。“地方テレビ局編”キャストの福本莉子、小手伸也、加藤諒、大水洋介、丸山智己、梶原善。“レストラン編”キャストの桜井ユキ、井之脇海、今井英二、栗原英雄。そして、この度発表された佐藤浩市と、個性豊かな豪華キャストが大集結!ここからもさらに発表が控えているので、続報にご期待いただきたい!

コメント

◆佐藤浩市

「ストーリーの展開を鑑みてコメントをしづらい役柄はあります。今回も僕はコメントをしづらい役です!しかし企画段階で最初にお話を頂いたとき、長年の演者の勘が“これは化けたらかなり面白いことになる”とささやいてくれました。それを信じ、フットワークを軽く皆とのシーンを良い意味で遊んでいけたらと思います」

あらすじ

12月24日午前0時の横浜。きらびやかな光の陰に隠れるように、ある銃殺事件が起きる。容疑をかけられたのは記憶喪失の男・勝呂寺誠司(すぐろじ・せいじ/二宮和也)。落ちていたスマホからは「逃げろ!」と男の声が。警察に追われる逃亡犯になった誠司は、失われた記憶をたどりながら事件の糸口を探っていく。時を同じくしてクリスマスディナーの準備に追われていたのは、慎重でありながら頑固な孤高のシェフ・立葵時生(たちあおい・ときお/大沢たかお)。横浜・関内界隈(かいわい)で愛される三代続く老舗洋食屋・葵亭は、80年受け継がれてきた秘伝のソースを求めて遠方から足を運ぶファンも少なくない。妻を亡くして以来、「もう二度と誰も愛することはないだろう」と孤独な人生を歩んできたが、一度だけ、一瞬の恋に落ちたことがあった。だが、それでも脇目を振らず仕事に打ち込んできた時生。この日もクリスマスイブの予約は満席で朝から仕込み作業に追われていたが、突然店に見知らぬ男が侵入してきて…。その頃、銃殺事件の現場に直行したのはローカルテレビ局「横浜テレビ」の報道キャスター・倉内桔梗(くらうち・ききょう/中谷美紀)。理想の報道を追求し続け、自らの企画で立ち上げた報道番組『日曜NEWS11』を5年間キャスターとして背負ってきた。しかし、突如番組の打ち切りを告げられ、料理番組への異動を言い渡されてしまう。突きつけられた非情な通達を受け止められないまま“最後の事件”を追う。仕事一筋で独身を貫いてきた彼女もまた、心の中に忘れられない人がいた。


【番組概要】

10月期月9ドラマ『ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~』

<放送日時>

10月9日スタート 毎週(月)午後9時~9時54分 ※初回30分拡大(午後9時~1024分)

<出演者>

二宮和也 中谷美紀 大沢たかお

【逃亡編】

中川大志 松本若菜 中村アン

【地方テレビ局編】

福本莉子 小手伸也 加藤 諒 大水洋介 丸山智己 梶原 善

【レストラン編】

桜井ユキ 井之脇 海 今井英二 栗原英雄

江口洋介 佐藤浩市

<スタッフ>

≪脚本≫

徳永友一(『翔んで埼玉』、『ルパンの娘』シリーズなど)≪企画・プロデュース≫

成河広明(『コンフィデンスマンJP』シリーズ、『リーガルハイ』シリーズ、『ストロベリーナイト』シリーズなど)≪演出≫

鈴木雅之(『マスカレード・ホテル』シリーズ、『HERO』シリーズなど)

<オフィシャルサイト>

https://www.fujitv.co.jp/oneday_christmas_ado/

<公式X(旧Twitter)>

https://twitter.com/oneday_xmas_ado

<公式Instagram

https://www.instagram.com/oneday_xmas_ado