10月スタート火23ドラマ吉岡里帆×永山瑛太『時をかけるな、恋人たち』伊藤万理華、西垣匠ら出演決定!

公開: 更新: カンテレTIMES
10月スタート火23ドラマ吉岡里帆×永山瑛太『時をかけるな、恋人たち』伊藤万理華、西垣匠ら出演決定!

カンテレ・フジテレビ系の火曜夜11時ドラマ枠「火ドラ★イレブン」で、1010日(火)スタートの新ドラマ『時をかけるな、恋人たち』。時間SFを得意とするヨーロッパ企画・上田誠のオリジナル脚本。主演・吉岡里帆、恋の相手役は永山瑛太で、今回が初共演となる二人が、タイムパトロール隊のメンバーとして、時をかけてくる恋人たちを取り締まりながら、時空を超えた本気の恋をするタイムパトロール・ラブコメディー。

 吉岡は、令和の時代を生きる主人公・常盤廻(ときわ めぐ)を、永山は未来からやってきたタイムパトロール隊員・井浦翔(いうら かける)を演じる。なぜか特命を受けた廻は、翔と一緒に、恋の事情を抱えて時空を超えてやってくる違法なタイムトラベラーを取り締まることになるが、そんな廻を待ち受けていたのは、翔との“恋の超展開”! しかし、二人の運命はそれだけに収まらなかった…!? 実は、かつて廻と翔は時をかけて恋に落ちた恋人同士だったのだ…というのが、物語の導入部分。

 

この完全オリジナルドラマで、恋の超展開に絡んでくる豪華キャスト陣が解禁!

廻&翔と一緒にタイムパトロール隊員として登場するのが、伊藤万理華、じろう(シソンヌ)、石田剛太の3人で、それぞれ“超クセの強い“未来人を演じる。


ポーカーフェイスで淡々と業務をこなすパトロール基地のオペレーター・天野(あまの)りおんを演じる伊藤は「実は天野もかなり秘めています。後半にかけて、吉岡さん演じる廻をきっかけに、どんどん表情の変化があって、どんどん心がいろんな意味で揺らいで開かれていきます。ポーカーフェイスと言えど、実はすごく素直っていうイメージの役」と分析。「なるべく心身を落ち着かせて、ただ声のトーンを下げるだけではなく、あんまり目に力が入っていない感じがするように。試行錯誤しながらではありますが、天野が、結構ピシッと締めるシーンもあるので、そこの説得力を出すのは大変な部分でもあります」と、入念に役作りをしている様子。

 

タイムパトロール隊のメカニック担当・八丁堀惣介(はっちょうぼり そうすけ)を演じるのはシソンヌじろう。八丁堀について「昭和っぽい人な感じがします」とし、演じる上で心掛けているのは「違和感なくその空間に居ること」で、上田誠の脚本については「とても整っています。美しいです」と絶賛。

 

隊長の和井内秀峰(わいない しゅうほう)を演じるヨーロッパ企画の石田剛太は「隊長っぽくない隊長だなと台本を読んだ時に思いました。瑛太さんの演じる翔に、ちょっとなめられてます()。じろうさん演じる八丁堀にもなめられてます()。控室での実際の関係性みたいなものが、そのまま出ていると思います()」とハニカみ、「1話から5話までは、時をかけてくる恋人たちと僕たちとの関わりが本当に面白いんですけど、実は5話以降からが本当の始まりで、伏線をガンガン回収していって、どんどん面白くなる作品ですね。時間ものや伏線回収は、上田さんの本領発揮で、腕をぶん回してやってるなっていう感じがして、いいぞいいぞ!やれやれ!っていう感じで思っています」とコメント。

 

そして、現代の令和で主人公・廻の恋心をざわつかせる“超罪作り”な後輩・広瀬航(ひろせ わたる)を演じるのは西垣匠。広瀬については「ふらふらしてますが、愛嬌でなんとかしている男だと思います(笑)。好きな人に対してまっすぐでいることを心掛けて演じています」と笑顔で語り、「吉岡さんも瑛太さんもとても気さくな方で、話しかけてくださいます。吉岡さんは、仕事からプライベートまでいろんな相談に乗ってくれる姉さんという感じです」と、吉岡、永山の二人ともすっかり打ち解けた様子。

 

7月末から始まったドラマの撮影現場の雰囲気については、伊藤が「瑛太さんがカードゲームを持ってきてくださって、ちょっと時間が空いても皆で遊んだり。じろうさんもシールのストラップをくださったり。なんだか皆さんで謎の物々交換をしだして(笑)。そういうことで心を開いていく感じが、めちゃくちゃチームっぽいなって」と話し、現場で“謎の物々交換”が流行っていることが明らかに。

また、石田からは「カメラを回す前にやる段取りで、瑛太さんが思いもしない行動をしたんですよね。僕に殴りかかってきたんです。びっくりして、お芝居吹っ飛んだんですけど、瑛太さんから“お芝居って自由でしょ”って言われて、“うわ…ほんとにそうだよな”と。瑛太さんが仕掛けをたくさんしてきてくれるんですよね」と。さらに、学生時代に日本代表に選ばれるほどのフェンシングの腕前である西垣からは「瑛太さんが日傘を剣に見立てて、“フェンシング教えてよ”と言ってくださったので、フェンシング講座を開きました(笑)」と、永山の人柄を感じるエピソードが飛び出した。

 

 最後に、ドラマの見どころについて「テーマ的には、“SF”“恋愛”“時を超えた物語”というコンセプトはありますが、それ以上に“新しい”ドラマだと思います。大人も子供も楽しめて、あの時こうだった…と伏線回収の目線でも楽しめるし、いろんな見方をして、いろんな角度で何周もして見たくなるドラマになっていると思います。実はあの時の表情は、この伏線があったからの反応だったんだ…とか、それぞれの“実は”っていう瞬間を目撃してほしいです」(伊藤)、「毎話笑って泣ける素敵な作品になっています。伏線まみれなので、1話から絶対に見ていただきたいです!広瀬くんも、後半波乱を起こしますので、ぜひお楽しみに!」(西垣)、「1秒足りとも見逃せないタイムトラベルもの、超展開の恋愛ドラマになっておりますので、マジで1秒たりとも見逃さないように見てほしいです。いろんなところに伏線が隠れていますし、瞬きなしで見てもらいたいなと思います!」(石田)、「素敵なお話です。汚れた心がきれいになりますよ」(じろう)とメッセージ。

 

 ドラマには、主人公が務める会社の受付・梓若菜(あずさ わかな)役で田中真琴、タイムパトロールの少年課に所属し、翔のフィアンセ・リリリー役で夏子が出演。毎話、時をかけてくる恋人たちの役でゲストも登場!

“タイムトラベル”と“恋”を掛け合わせた、“今”を大切にしたくなる新感覚のSFラブコメディー。火曜の夜は、ぜひ、『トキコイ』をお楽しみください!


<作品概要>

【タイトル】 火ドラ★イレブン 『時をかけるな、恋人たち』

 

【放送枠】 202310月10日(火)スタート 毎週火曜夜11(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)

 

【出演】 吉岡里帆 永山瑛太 伊藤万理華 西垣匠 田中真琴 夏子 石田剛太 じろう(シソンヌ) 

 

【脚本】 上田誠(ヨーロッパ企画)

 

【音楽】 王舟

 

【プロデューサー】 岡光寛子(カンテレ)、白石裕菜(ホリプロ)

 

【監督】 山岸聖太 山口淳太

 

【制作協力】 ホリプロ

 

【制作著作】 カンテレ

 

【公式HP】 www.ktv.jp/tokikake/

トキコイ公式HP