絶海の孤島にポツンと…アイスランドの『世界一孤独な家』を直撃!禁断の扉を開けて分かった“意外な真実”

公開: 更新: カンテレTIMES
絶海の孤島にポツンと…アイスランドの『世界一孤独な家』を直撃!禁断の扉を開けて分かった“意外な真実”

 912日夜、カンテレ『アンタッチャブるTV』で、きしたかの・高野正成さんがアイスランドの孤島・エリデイ島への上陸に成功し、“世界一孤独な家”と噂される建物を直撃。閉ざされた禁断の扉を開け、その真相を解き明かしました。

「危ねぇ所じゃねぇか!ふざけんなよ!」日本から約20時間、アイスランドの首都レイキャビクに到着して早々ブチギレる調査員・きしたかの高野さん。

 今回、彼に与えられたミッションは、「カルト集団の拠点なのでは…」ともささやかれ、孤島・エリデイ島にポツンと建っている“世界一孤独な家”と噂の家の扉を開け、中を確認すること。現地コーディネーターのベベさんいわく、島への上陸手段は船のみ。まず近くの島に渡って、そこから小型船に乗り換えてアタックするしか方法がないそうで、しかも海が荒れやすいことから「上陸できる可能性は50%というところだね」とサラリ。

「もし島に行けなかったら自分が悪者みたいに…」とボヤく高野さんでしたが、彼は持っていました。滞在3日目、船のクルーから連絡が入り、翌日エリデイ島に向けて出港できることになったのです。

 車とフェリーで2時間半、経由地のベストマン島に到着し迎えたアタック当日。やや不安なサイズの小型ゴムボートに乗り込むと、恐怖などぶっ飛ばし、いざエリデイ島へ。岩場からなんとか上陸を果たしたものの、今度はとんでもなく切り立った崖が彼を待っていました。

 ほぼ足場のない崖にへばりつき、トレードマークである真っ黄色のスーツ姿で登りづらそうに進むこと30分、ついに建物を発見。扉は固く閉められ、鉄線が侵入者を拒むように張られています。

 まずは家の周りから調査すると、何かを貯めるタンクらしきものが無造作に置かれ、近くにはなぜか羊が。そして家本体の隣には、小さな格子窓がある謎めいた小屋も建っていました。人の気配は確かにするものの、どこか殺伐とした雰囲気が漂っています。

“カルト集団の拠点”から“世界的歌手の別荘”まで数々の噂がささやかれる世界一孤独な家、その真相を高野さんは解き明かせるのか…。閉ざされた扉をノックすると、ガチャッという重い音と共に、主とおぼしき男性が姿を現しました。

 彼の名はシギさん。高野さんが「ジャパニーズテレビジョン」と片言の英語で取材交渉をすると、快くOKしてくれました。中に広がっていたのは板張りの生活空間。シギさんによると、貯めた雨水を煮沸消毒してシャワーやトイレに使用。電気はほとんど使わず、運んできたプロパンガスで生活しているそうで、不思議なことにベッドが12台もありました。

 大人数にも対応できるこの家は一体なんなのか…。高野さんが意を決し「なぜここに住んでるんですか?」と尋ねたところ、シギさんはキョトンとした表情で、こう答えました。「僕は住んでるわけじゃない。ここはパフィンという鳥を狩るための狩猟小屋なんだ」

 パフィンとはアイスランド南部のこの地域に生息する海鳥で、現地では伝統食として親しまれています。乱獲を防ぐため、現在では78月のみ狩猟を解禁。“世界一孤独な家”の正体は海鳥の狩猟小屋で、シギさんはここを借りていたハンターだったのです。

 ちなみに隣にあった謎の小屋はサウナ。そして羊は、羊毛などのために放牧しているとのことでした。

“成功確率50%”とされた上陸を果たして見事真相を解明し、達成感に満ちあふれる高野さん。「どこでも俺がパンドラの箱を開けてやる!また行くぞ!うらぁ~!」そう声高らかに宣言し、意気揚々と帰国の途についたのでした。

(関西テレビ912日(火)午後9時放送『ひらけ!パンドラの箱 アンタッチャブるTV』より)

≪見逃し配信≫

TVerhttps://tver.jp/series/srkeghtlrr

【カンテレドーガ】https://ktv-smart.jp/store/series.php?id=KTV5580