新感覚“大喜利番組”に賞レースファイナリスト集結「僕たちがこの世を去った後に評価されるバラエティー」

公開: 更新: カンテレTIMES
新感覚“大喜利番組”に賞レースファイナリスト集結「僕たちがこの世を去った後に評価されるバラエティー」

93日(日)深夜2440分からは、日常で起こる気まずい瞬間を、芸人たちがただただ“紳士=ジェントル”に乗り越えるバラエティー番組『徳井義実のTHE GENTLE ~その気まずい瞬間、紳士に笑わせろ~』(カンテレ・関西ローカル)を放送する。

この番組では、用意されたさまざまなステージで、プレイヤー(芸人)たちに気まずいシチュエーションが降りかかる。その瞬間の切り返しの“ジェントルさ”を、お笑い界の“ジェントル・オブ・ジェントル”こと、徳井義実(チュートリアル)が独断で判定する。


 今回、定義のない“ジェントルな笑い”を追求するプレイヤーとして集められたのは、これからのお笑い界を担う、和田まんじゅう(ネルソンズ)、新山(さや香)、川北茂澄(真空ジェシカ)、髙比良くるま(令和ロマン)。


 収録を終えた4人に感想を聞くと、和田は「すごく難しくて大変でしたが、楽しかったです!ずっと何が正解なのか分からないままやっていたので、あまり見てほしくない気持ちもあります(笑)」とコメント。新山は「僕たちがこの世を去った後に評価されるようなバラエティーです。今の時代には早すぎると思うくらい攻めている番組でした。戦場(収録)を生き抜いて、5人に固い絆とチームワークが生まれたような感じがします。僕たちプレイヤーの切り返し、豪華エキストラの皆さんの演技、予想外の展開など、見どころが盛りだくさんです!」とアピールした。また、川北は「“ジェントルさ”について非常に考えさせられました。普段からもっと周りに気を配って生活できていたら…」と真剣な表情。髙比良は「未来のバラエティーでした。革新的なことが起きすぎていて、びっくりすると思います!」と興奮した様子を見せた。

一方、MCを務めた徳井は「それぞれのキャラクターや切り抜け方が全然違いました。皆さんよかったですけど、特に(髙比良)くるまが収録を通してジェントルさを目に見えて伸ばしていって。逆に、和田まんじゅうはジェントルさをなかなかつかみきれなくて。そんな中でも、みんなもがきながらやっていました」と振り返った。

最後に「芸人たちが、あの手この手で頑張っております。“ジェントル”とは、こんなにももがかないといけないものなのか…と思うくらい一生懸命やっています。“ジェントル”かどうかは、もうこの際どうでもいいかもしれません(笑)。ただただもがく芸人の姿を見てください!」と力強く締めくくった。


 徳井が「今まで見たことがない斬新な企画」と絶賛する『徳井義実のTHEGENTLE ~その気まずい瞬間、紳士に笑わせろ~』を、どうぞお見逃しなく!

≪番組情報≫

『徳井義実のTHE GENTLE ~その気まずい瞬間、紳士に笑わせろ~』

93日(日)深夜2440分~2539分(関西ローカル)

【出演者】

MC:徳井義実(チュートリアル)

プレイヤー:和田まんじゅう(ネルソンズ)、新山(さや香)、川北茂澄(真空ジェシカ)、髙比良くるま(令和ロマン)

特別出演:タ―ジン、川畑泰史、末成映薫


≪番組ホームページ≫ https://www.ktv.jp/kantele-seed/thegentle/

≪番組公式X(旧Twitter https://twitter.com/thegentle_ktv