今夜放送!『転職の魔王様』第6話!できる営業“横山”前田公輝が6話の見どころを語る!

公開: 更新: カンテレTIMES
今夜放送!『転職の魔王様』第6話!できる営業“横山”前田公輝が6話の見どころを語る!

成田凌主演・小芝風花ヒロインの月10ドラマ『転職の魔王様』(カンテレ・フジテレビ系/毎週月曜夜10時)。本作は、“転職の魔王様”の異名を持つ、毒舌敏腕キャリアアドバイザー・来栖嵐が、求職者の仕事や生き方への悩みを辛辣な言葉で一刀両断しながらも、働く自信と希望を取り戻させる、心ゆさぶる“転職”爽快エンターテインメント。

求職者たちの人間ドラマはもちろん、未経験者の転職限界年齢や、求人票に掲載されない“裏スペック”の存在など、転職エージェントの知られざる舞台裏が描かれ、さらに、部下の心を壊すパワハラ上司や派遣社員を見下す正社員の描写もリアルだと話題に。そのシビアな現実に目を背けたくなるという声がある一方で、荒治療ながらも、求職者たちに自分の本音と向き合わせる“魔王”こと来栖の導きが、心に刺さるとの感想も多い。

今夜放送される第6話に登場する求職者は、宮野真守演じる八王子道正。これまでに6回の転職を経験しており、ついたあだ名は“転職王子”。売り上げトップで表彰されるほど有能な不動産営業マンだが、唯一の難点は1つの会社に長く留まれないこと。本人曰く「数年で飽きちゃう」らしく、その華々しい実績を引っ提げて、これまでいくつもの会社を渡り歩いてきたが、実は、転職を繰り返すのには別の理由が…!? 今回も、来栖と千晴のコンビが求職者の本音を引き出していく。

また今回、そんな八王子の転職をサポートしているさなかに千晴が偶然出会うのが、ナゾの男・天間聖司。白洲迅演じる天間は、第2章の幕開けとなる第6話から登場する新レギュラーで、2人は初対面にもかかわらず、なぜか一緒にアイスクリームを食べることに…。この新たな出会い、もしや千晴に恋の予感!?

見どころいっぱいの6話には、ほかにも注目のシーンが。千晴が加入した『シェパードキャリア』のメンバーが、夏の暑気払いとしてオフィス以外の場所で一同に会するのだ。風通しがよく、和気あいあいとした会社の雰囲気が伝わってくるシーンで、みんなから慕われる洋子(石田ゆり子)を筆頭に、姉御キャラの広沢(山口紗弥加)やおとぼけ系の山口(おいでやす小田)、何かと一言多い今ドキの若者・犬飼(藤原大祐)がおなじみの会話を繰り広げるのだが、そこではこちらも毎度おなじみ、来栖を一方的にライバル視している横山(前田公輝)が、来栖の言葉にかみつく場面も。

前田公輝演じる横山は、キャリアドバイザーとはまた違った立場で会社を支える営業担当。ビシッとしたスーツ姿で颯爽と現れ、毎回絶妙なタイミングで助け舟を出す姿に、SNSでは「スーツ姿が素敵すぎる」とのコメントも多い。そんなデキる営業マン・横山を演じている前田公輝からコメントが到着した。

<前田公輝 (横山潤也役) コメント>

Q.前田さんが思う『転職の魔王様』の魅力を教えてください。

常日頃から生きていくと、誰かのためだったり、状況によって、本音を隠してしまうことがあると思うですが、その積み重ねが自分の首をしめてしまう事ってあると思います。もやもやして解決しないままになっている事柄に対して

刺さる言葉を言ってくれるので、今の自分から生まれ変わるきっかけとなるセリフが盛り込まれているところが魅力なのかと思います。自分のネガティブと感じていたところが、実は才能だったと気づかせてくれる、そんなところも魅力なドラマかと思います。

Q.これまでの放送を終えて、周囲の反応・反響はいかがですか?

また、営業・横山潤也を演じるにあたり、意識していること、参考にしたことがあればお教えください。

毎週楽しみにみています、と街で声を掛けられることもあったりして、それだけ印象的な作品に参加させていただいていて感謝の気持ちです。横山は営業のエースでもあり言葉は柔らかくないので、はしばしに白目だったりツッコミだったりの要素も盛り込み、そんなキャラクーで撮影に励んでいます。

Q.SNSなどで、前田さんのスーツ姿が素敵すぎるとの声がありますが、ご自身としてはいかがですか?

とても嬉しいです!感謝の言葉以外何もありません!!

Q.撮影現場でのエピソードお教えください。

キャストの皆さんの話しのテンポが速くて、話が盛り上がりすぎて楽しくいいチームワークでてきていると思います。良い空気感で充実した撮影をさせて頂いてます。記者会見の時に僕が答えた回答に対して、成田凌くんがこっちを向いて拍手をしてくれたのとか、めっちゃ嬉しかったです。たまに登場する横山を、皆さんいつもいるよねって雰囲気で迎え入れてくれて心温まっています。

Q.撮影を乗り切る前田さん自身のリラックス方法はありますか。

甥っ子の動画をみることと、Disney関連の動画を見ることが完全にリラックスです。

Q.6話のみどころ・視聴者へのメッセージをお願いします!

今回は転職王子と言われている方で、ちゃんと社会と調和しながら本音と向き合っていますか?というのが、ひとつの見どころだと思います。客観的にみることも加味して、自分を見つめなおし進化を遂げるというところが見どころだと思います!ハッとさせられる、今までとはまた変わった6話がお届けできると思います。謎の男、天間もお楽しみにしてください。

 

821日(月)放送 第6話・あらすじ 

来栖(成田凌)のもとで見習いとして働くうちに、キャリアアドバイザーの仕事にやりがいを感じ、働くことに意味を見いだした千晴(小芝風花)は、晴れて『シェパードキャリア』の社員になる。するとその直後、これまで6回の転職を経験している“転職王子”こと八王子道正(宮野真守)から、面談の申し込みが入る。過去に彼を担当した広沢(山口紗弥加)は何やら苦い経験があるようで、今回の担当を辞退。そこで、来栖と千晴のコンビに白羽の矢が立つ。

不動産会社でマンション販売を担当する39歳の八王子は、幾度となく売り上げトップで表彰され、自他ともに認めるトップセールスマン。17年目となる不動産営業の仕事は天職だが、一つの会社にとどまることが性に合わず、現在の会社も勤務3年目にして飽きてしまったという。「まるで戦場を渡り歩く傭(よう)兵ですね」――来栖は、この先も転職を繰り返すつもりでいる八王子に皮肉めいた一言を放つが、自分の実績と能力に絶対の自信を持つ八王子は、怒るどころか意に介する様子もなく、千晴はそんな八王子の強靭(きょうじん)なメンタルにがく然とする。

その日の帰り道、千晴はひょんなことから天間聖司(白洲迅)という謎の男と知り合う。天間は、千晴が見習いから正社員になったばかりだと知ると「お祝いさせてほしい」と言い出し、千晴はなぜか初対面の天間にアイスクリームをごちそうしてもらうことに…

数日後、早速、不動産販売会社の面接を受けた八王子は、自分よりキャリアが浅く、実績も乏しいライバルを横目に、自信満々で自己アピールする。面接官の反応に手ごたえを感じた八王子は、採用を確信するが…。

<作品概要>

【放送枠】毎週月曜よる10時(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)

【タイトル】転職の魔王様

【出演】成田凌 小芝風花 

山口紗弥加 藤原大祐 おいでやす小田 前田公輝 井上翔太 井本彩花

石田ゆり子

【原作】 「転職の魔王様」「転職の魔王様2.0」 額賀 澪 (PHP研究所) 

【脚本】泉澤陽子(『リコカツ』『鹿楓堂よついろ日和』『IQ246~華麗なる事件簿~』)

      小峯裕之(ドラマ『ドクターホワイト』『連続ドラマWギバーテイカー』)

【主題歌】 milet Living My Life」 (SME Records

【オープニング曲】LIL LEAGUE from EXLE TRIBEMonster」(rhythmzone

【音楽】横山克 橋口佳奈

【プロデューサー】萩原 崇 石田麻衣 櫻田惇平  

【演出】堀江貴大(ドラマ『花嫁未満エスケープ』 映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』 ) 

    丸谷俊平(ドラマ『俺の話は長い』 『ハコヅメ~たたかう交番女子!~』)

    保坂昭一(ドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて』 ドラマ『監察医 朝顔』)   

【制作協力】ホリプロ

【制作著作】カンテレ


公式HP: https://www.ktv.jp/tenshokumao/

公式Twitter: https://twitter.com/tenshokumao   @tenshokumao

公式Instagramhttps://www.instagram.com/tenshokumao/  @tenshokumao