大御所から招待のライブ中「帰るわ…」ハナコ“唯一の穴”菊田 規格外の逸話連発も「僕は普通に生きてる」

公開: 更新: カンテレTIMES
大御所から招待のライブ中「帰るわ…」ハナコ“唯一の穴”菊田 規格外の逸話連発も「僕は普通に生きてる」

 79日放送のカンテレ『マルコポロリ!』に、キングオブコント王者にして現在地上波レギュラー4本という売れっ子トリオ・ハナコが登場。ネタを作りイラスト本も出す秋山さん、役者としても活躍する岡部さんに続く、次なるブレイク候補・菊田さんがその持ち味を存分に発揮しました。

 今回は、人気トリオ芸人の光と闇を暴き出す2週連続企画の前半戦として「輝く!ネオトリオSP」を放送。ハナコに加えて、人気者フワちゃんの力も利用しツッコミ・森本さんがプチブレイクした実力派のトンツカタンが出演し、トリオならではの悩みや、さらなるブレイクに必要なキーマンなど、新進気鋭の2組を徹底解剖しました。

 その中でMC・東野幸治さんのアンテナが反応したのは、ハナコの頭脳・秋山さんでも、大河俳優・岡部さんでもなく、ネタ作り中にいてもいなくてもOKというポジションでトリオのバランスを保っているという菊田さん。

 

「この3人でツッコむとなったら、お前しかおれへんねん!(笑)。ほかは真っ当な正統派だから逆にうれしいのよ」と語りかけ、ハナコ唯一の穴と目される力の抜け具合に冒頭から興味津々の様子でした。

 菊田さんは芸人のアツい話と下ネタがたまらなく嫌いだと言い、大御所芸人との貴重な飲み会の席でもお笑いトークの最中は上の空。会の中盤で何も言わずに途中で帰る強心臓の持ち主だと紹介されると、スタジオはザワザワ…。

 これについて菊田さんは、「飲み会は楽しいんですけど、お笑いの話が長いんですよね。ずっと同じ話じゃないですか。最終的に『よし、みんな頑張ろう』で終わるんですけど、じゃあ話さなくてもよくないですか?と思うんです」と漏らし、規格外の逸材ぶりを垣間見せました。

 さらに岡部さんが、「1人だけ、最初からチャーハンとか定食頼むんですよ…」と、同席する相方として窮状を訴えると、すぐさま「納得いかないのが、これが異端とされるんですよ。僕は普通に生きてるんですけど、なんかいじられるし。別に良くないですか?僕お腹空いてるから飯食べても」と反論し、自らの正当性を強調。

 また秋山さんからも、「関根勤さん主催のライブに若手芸人達をご招待いただいたんですけど、公演が3時間くらいあって長めなんですよ。トイレ休憩みたいなのもあったんですけど、そこで立ち上がって、『今日帰るわ』って言って帰ったんです」と新たな失礼エピソードが暴露されますが、「ちょっとね、下ネタが多かったんですよね」と独自の理由で弁明し、東野さんを爆笑させていました。

 その後も“菊田劇場”は続き、キングオブコント優勝に至るまでの相方2人の血のにじむような努力について、「それくらいしないと人生って変わらないと思うんです。だから僕はもう、それだったら中途半端な努力はせずに、『何もしない』っていう考えです」と、潔い人生観を口にすると、これに反応したのがほんこんさん。

 ブチ切れるかと思いきや、「なんか俺、お前だんだん好きになっていくわ(笑)。あとの2人がすごいのに、彼まで努力してみい、ハナコ多分終わるで!バランスおかしなるもん、あの子努力したらアカン」とまさかの大絶賛。不満顔の秋山さんと岡部さんの横で、「ヨッシャ!ありがとうございます!」と謎の自信を深める菊田さんだったのでした。


(関西テレビ79日(日)1359分から放送『マルコポロリ!』より)