ウクライナの子どもたちに立ちはだかる言語の壁語りを務めるのは女優・奈緒

公開: 更新: カンテレTIMES
ウクライナの子どもたちに立ちはだかる言語の壁語りを務めるのは女優・奈緒

 ザ・ドキュメント ウクライナ、9×9の歌 明日をつくる子どもたちへ

217日(金)深夜125分~225分(関西ローカル)

語り:奈緒

20222月に始まったロシアによる侵攻で国外に脱出し、日本で暮らしているウクライナ人は2000人を超え、そのうちの約400人が18歳未満とされている。支援を受けながら日本で生活しているものの言語の壁は高く、大切な時間だけが過ぎていく。そんなウクライナ人の姿を追ったドキュメンタリーを217日(金)深夜125分よりカンテレで放送する。

避難生活を送るウクライナ人の子どもたちが通っている都心の小学校。6年生のオリビアさんと3年生のヤンくんの授業には、通訳を入れるなどの体制を整えているが、全てカバーすることはできず、2人は日々戸惑いながらの学校生活を送っている。一方、4人の子どもを育てるシングルマザーのエフゲニアさんは、小学校2年生のグリーブくんの算数の宿題を手伝おうとするも、肝心の翻訳アプリが適切な日本語に変換されず、問題文を読むこともままならない。

京都教育大学の黒田恭史教授は、以前から外国にルーツを持つ子どもたちがどんな場所でも学べるようにさまざまな言語の教材作成に取り組んできた。小学校から高校まで対応するウクライナ語の数学の動画教材を約600本作成し、YouTubeにアップロードするプロジェクトを進めている。動画教材の翻訳を担当している留学生であるカテリーナさんは、留学中に祖国が侵攻を受けたことで、帰国できなくなった。母と弟はドイツに避難したものの、父親は軍に入隊し、前線で戦っている。カテリーナさんは、家族のこと、自分の将来のことについての不安を抱えながらも“自分にできる事はないか”と考え続けていた。そんな中、“ウクライナの子どもたちが自信を持ち学習に前向きになれるきっかけをつくりたい”という思いから黒田教授が立ち上げた“ウクライナの九九の歌を作るプロジェクトで、カテリーナさんはウクライナ語の数字のフレーズを歌詞にしていく作業を担当。自らも大変な環境に置かれ、葛藤を抱えながらも、翻訳に取り組んでいる。

日本に避難してきたウクライナの子どもたちを支援する人たちの姿を通して、言語の壁によって避難者が直面する問題について考える。

語りを担当した奈緒は、日本で暮らすウクライナの子どもたちについて「ヤン君が『ありがとう』の気持ちを返すだけじゃなくて、その先のアクションを起こす姿に、私自身すごく学ばせてもらいましたし、希望やパワーをたくさんもらいました」とコメント。

また、4人の子どもを育てるエフゲニアさんについては「うちも父が早くに亡くなったので、母が1人で育ててくれたんですけど、だからこそ、今、大人になってみて「あっ、この時お母さん大変だっただろうな」とか、「この時、たぶんこれ我慢してくれてたんだろうな」って、気づく機会っていうのがたくさんあって、その度に自分が受けてきた無償の愛っていうのを感じる瞬間が、一緒にいなくても、ただ生きているだけですごくあるんですよ。そんなに愛されていた自分を感じるだけで、自分を肯定できるんです。だから、きっとエフゲニアさんの思いっていうのは、お子さんたちが大きくなった時に、すごく温かい形で、かけがえのないお守りになるような愛情だと感じました」と語った。

【コメント全文】

Q. 語りの収録を終えて、率直な感想を教えてください。

私自身、ウクライナで起こっていることが、すごく遠い距離の話になってしまうところがあった中で、今回の映像を見て、自分のすぐ近くにいらっしゃることに気づかされましたし、自分でどう思うか、何を信じるか、自分に何ができるのかを考えて、向き合い続けることがとても大切なことだと感じました。

今の私にできることは、役者として表現して見てもらえることなのかもしれないですし、それが何だろうと考え続けています。きっとこの番組が、誰かにとって、「自分にできることは何だろう」って考えるきっかけになるんじゃないかっていう気がしていて、見てくださった皆さんのどこか記憶の中に残るものになるといいなと思っています。

.日本で暮らすウクライナの子供たちからどんなことを感じましたか?

ヤン君が「ありがとう」の気持ちを返すだけじゃなくて、その先のアクションを起こす姿に、私自身すごく学ばせてもらいましたし、希望やパワーをたくさんもらいました。

大人になって振り返ってみると、学校で勉強したことよりも、逆上がりができたとか、友だちとけんかしたけど仲直りできたとか、何かを乗り越えた体験の方が、今の自分にとって大切なことになっているなと思います。子どもたちに私自身を重ね合わせて、自分の学生時代を思い出していました。

.今でも大切にしている学生時代の出来事、“何かを乗り越えた体験”はありますか?

小学校の時から絵を描くのが好きで、似顔絵を描いたり、いろんな絵を描いて、友だちに喜んでもらえたっていう経験が今振り返ると、すごく自信につながっていましたし、自分を肯定できることにつながっていたと思うんです。

でも、中学で美術部に入ると、どうしても「うまく描かなきゃ」「人に評価されなきゃ」っていう気持ちになって、純粋に絵を描くことを楽しむ気持ちがどんどん失われてしまって…。そんな時、私が絵を描いている途中に「あっ失敗した」ってひとりごとをつぶやいたら、美術の先生が「絵に失敗はないよ。失敗してないよ」って言ってくれたんです。

先生からその言葉をもらうまでの私は、誰かの基準で失敗したと思いこんでいたので、その言葉で失敗のない世界というか、そういうものに気づけたと思います。

その言葉に支えられて、今でも絵を描くことって楽しいなって思いますし、お仕事でも「今日、うまくいかなかったなぁ」と落ち込むこともあるんですけど、それでも失敗ではないと思うようになりました。

私も子どもの頃出会ったすてきな大人たちのように、宝物みたいな子どもたちと向き合ったときに「あの人と出会えて良かった」って思ってもらえるような大人になりたいです。

.1人で、4人の子どもを抱えて避難してこられたエフゲニアさんの姿からどんなことを感じられましたか?

うちも父が早くに亡くなったので、母が1人で育ててくれたんですけど、だからこそ、今、大人になってみて「あっ、この時お母さん大変だっただろうな」とか、「この時、たぶんこれ我慢してくれてたんだろうな」って、気づく機会っていうのがたくさんあって、その度に自分が受けてきた無償の愛っていうのを感じる瞬間が、一緒にいなくても、ただ生きているだけですごくあるんですよ。そんなに愛されていた自分を感じるだけで、自分を肯定できるんです。

母は、環境を少しでも良くしてあげようとか、そういう風に思って、汗水たらして私を育ててくれていたんだなっていうのを、今になって気づかされます。

お母さんから受けた愛っていうのは、記憶の中で消えることは絶対にありませんし、それは、本当に本当に私自身にとって、すごく幸せなことだったんだなって・・・。

だから、きっとエフゲニアさんの思いっていうのは、お子さんたちが大きくなった時に、すごく温かい形で、かけがえのないお守りになるような愛情だと感じました。

【番組概要】

◇タイトル 『ザ・ドキュメントウクライナ、9×9の歌 明日をつくる子どもたちへ』

◇放送日時 217日(金)深夜125分~225分(関西ローカル)

◇語り:奈緒

◇スタッフ

ディレクター:井上真一

カメラ:竹田光彦

編集:宮村泰弘

プロデューサー:萩原守