松岡修造が英語でクッキング!アメリカンなマカロニチーズに「JOY!」

フジテレビュー!!
松岡修造が英語でクッキング!アメリカンなマカロニチーズに「JOY!」

松岡修造さんが、英語を学びながらLet’s Cooking!

9月18日放送のフジテレビ『くいしん坊!万才』では、東京都昭島市の「マカロニチーズ」が紹介されました。

chopping、dicing、combine、そしてJoy!

左から)「JOY English 昭島校」ポッツ・ダニエルさん、松岡修造さん 左から)「JOY English 昭島校」ポッツ・ダニエルさん、松岡修造さん

横田基地のある東京都昭島市の英会話スクール「JOY English 昭島校」を訪れた松岡さん。

この学校では、料理をしながら英会話を学ぶ授業が人気とのことで、ポッツ・ダニエルさん(愛称:ダンさん)に松岡さんも英語で料理を教えてもらうことに。

まずは、玉ねぎを切っていきますが、ここでダンさんから「細かく!これを”chopping”(みじん切り)と言うんだ」と指示が飛びます。松岡さんも流暢な英語で、「chopping、こうやって英語を学ぶんだね」と納得の表情。

続いては、鶏肉を”dicing”で切るように指示されると、「サイコロだから”さいの目”ですね」と調理用語を和訳しながら調理を進めていく松岡さん。

熱したフライパンに、”chopping”した玉ねぎと、”dicing”した鶏肉を入れ、塩・こしょう・白だし少々で味付けをしていきます。思わず松岡さんも「シロダーシを入れていくんですね」とダンさんにつられて英語っぽい言い方になってしまう場面も。

「マカロニチーズ」 「マカロニチーズ」

そして、ソース作りへ。バター・牛乳・小麦粉が入った小鍋に、チリペッパー・パプリカ(粉)、チェダーチーズを入れていきます。そして”consistent”(均一)になるように混ぜていきますが、ここで松岡さんは「consistent…よく言われたな。『安定して』『集中して』『しっかりボール入れとけ』って」と、選手時代を思い出したのか感慨にふけってしまいます。

すると、小鍋が沸騰しているのに気がつかず、「ちゃんと見てないと!」とダンさんから注意を受けてしまい、「俺は何をしているんだ!」と慌てて反省をする松岡さん。気を取り直し、「concentration!(集中しろ!)」と自らを戒(いまし)めます。

その間にダンさんが茹でていたマカロニとブロッコリーを、先ほどの鶏肉と玉ねぎを炒めたものに”combine”(合わせる)して、これをチーズソースに”combine”(合体)させたら、全部を”combine”(混ぜる)していきます。

「”combine”ってよく使うんですね」と、松岡さんは同じ単語の使い分けに感心していると、ダンさんは「ここからが”JOY”のクライマックス」となにやら笑顔で宣言を。

期待して「ここからが最も大事な”JOY”(喜び)」と、構える松岡さんに、ダンさんは「それは…食べることさ!」とにっこり。これには松岡さんも、拍手をして「食べるってことが”JOY”」と大喜び。

完成した、チェダーチーズが濃厚で激うまな「マカロニチーズ」を前に、「雪の多いミシガン州で育ったけれども、こういう温かいほっとする料理を皆で食べたもんさ」と料理への思いをダンさんは語ってくれます。

ダンさんの思い出の味、マカロニチーズをじっくり味わった松岡さんは、「アメリカンJOY」とつぶやき、「チーズを食べている中で、チキンとブロッコリーのエキスがどんどん出てくる」と感想を。

そして、ダンさんに向かって「よく”combine”(一体化)しますね」と満面の笑顔でコメントし、料理も英語も”JOY”していました。

次回は9月25日(日)に放送予定。

番組公式インスタグラムでは、メイキング動画を配信中!

PICK UP