山里亮太 旅人サラリーマン、ホカンス女子に「考え方が新しい」

フジテレビュー!!
山里亮太 旅人サラリーマン、ホカンス女子に「考え方が新しい」

“多様性のぞき見バラエティ”第4弾が放送されます。

「人類77億人、多様性の時代を笑顔で生きていきたい」。そんな願いを込め、斬新な生き方をしている“天才かも? ”な友達を、山里亮太南海キャンディーズ)さんに紹介する『この生き方、天才かも?』(4月2日放送/東海テレビ制作/フジテレビ)。

今回は、貴島明日香さん、ぺこぱ松陰寺太勇さん、シュウペイさん)がスタジオに登場します。

『この生き方、天才かも?』の(左から)山里亮太、貴島明日香。シュウペイ、松陰寺太勇 左から)山里亮太貴島明日香、シュウペイ、松陰寺太勇

旅して稼ぐ!旅人サラリーマン

ぺこぱは、自分が行きたいところに行き、旅行した先々で繋がった人脈で新しい仕事を生み出す会社に所属する「旅人サラリーマン」のお友達を紹介。

社員が京都で座禅や観光する姿や、長崎県の対馬で釣りを本気で楽しむ姿がVTRで紹介されると、「楽しむのが仕事!?誰か、成果上げたんかい?」と半信半疑の山里さん。

その斬新な会社を立ち上げ、自らもバックパッカースタイルで、世界一周の旅を二度も経験した社長に、コロナ禍だからこそプラスになったことや、“楽しむことが仕事”の全貌、そして謎に包まれたお金事情などを聞きます。

松陰寺さんが、目を輝かせ「ぜひ、僕も(会社に)入りたいな!」と直訴すると、「まず一緒に旅行に行ってみないとね」と社長。

山里さんは、「憧れるな。好きなことに没頭できるのは、素晴らしい」と、好きを優先する新たな発想のビジネスに感心します。

ミニマルなホカンス女子

貴島さんが、「憧れです。今、一番憧れているかもしれない」と紹介したお友達は、ネイリストとして働きながらホテル暮らしをする「ホカンス女子」。

その日の気分で、宿泊ホテルを変えながらバカンス気分を味わう=“ホカンス”という造語に、山里さんは「えっ、そういう意味なの。そりゃわかんないよ」と言いつつも感心します。

「コロナ禍で海外旅行にも行けず、気持ちが爆発してしまった」と、“ホテルサブスク”を利用しながら、毎日リーズナブルに旅気分を楽しみ、「超一軍しかない」と気分が上がる最小限の荷物しか持たない生活を続ける女性に、ホテル暮らしのメリットやデメリットなどを聞きます。

シュウペイさんも、「サブスクって、都内が一番多いんですか?」と興味津々。そこで、ホカンス女子オススメの、リーズナブルにホカンス気分を楽しめるホテルを、野呂佳代さんが優雅に体験します。

『この生き方、天才かも?』の(左から)貴島明日香、シュウペイ、山里亮太、松陰寺太勇 左から)貴島明日香、シュウペイ、山里亮太、松陰寺太勇

この生き方、天才かも?』(東海テレビ制作)は、4月2日(土)23時55分より、フジテレビで放送されます。

<山里亮太&貴島明日香&ぺこぱ コメント>

――今回紹介された生き方はいかがでしたか?

山里:本当に、憧れの形。素晴らしい。楽しむって大事だと思いました。どんな状況でも、楽しみを見つけることができれば、勝ちだと思いました。

貴島:自分では気づいていない固定観念がありました。家があるのが当たり前とか、旅行は遊びみたいなところも固定観念だと思って。視野が広がるような収録でした。

松陰寺:「人生は旅だ」なんて、いろんな人が言ってきたと思うんですけど、今日のみなさんが本当の「人生は旅だ」と言える人たちですね。

シュウペイ:毎回いろんな人生があるというのに驚かされて、本当にまだまだ出会っていないことに出会わせていただいている。いろんな人がいるというか、ひとつにハマるということではなくて、その世界観を広げていく。そんなことに出会えて、今回も驚きました。

山里:本当に発想がすごい。天才かどうなのか紙一重!ただ遊びに行ったことで仕事ができたという、その辺の考え方がとても新しいです。

――今回は、「コロナ禍」と「旅」がテーマでした。収録を終えて、これから、どんな生き方をしてみたいですか?

松陰寺:自分の残りの人生を考えたときに、見られる景色って限られていると思います。それをもっともっと可能性を広げていろんなところに、いろんな人と行ってみたいとシンプルに思いました。

そこでまた、自分の経験や豊かさや、新たな価値観が生まれるという意味では、旅に行ってから何かの仕事が生まれるという、仕事発信でないところは参考になりました。

まずは行ってみたい、行動する。そこからいろんなことが生まれるんだろうなということを参考にしたいと思います。

『この生き方、天才かも?』松陰寺太勇 松陰寺太勇

シュウペイ僕も最初、景色というものが思い浮かびました。やっぱり、生きているうちに行けるところは限られてきますし、すべてを回るというわけにはいかないと思います。

どこかで何かふと思ったときに、少しでもいいから国内でも足を運んでいくという行動力を今回見せていただいた。

自分の人生に照らし合わせて生きていった方が、より芸能界だけではなく広い視野でいろんなものを見て吸収して、それがまた戻って来たときに自分の仕事に何かプラスになれればという感じはしますね。

長い時間をかけてそういうことをちゃんとやっていきたいと思いました。

『この生き方、天才かも?』のシュウペイ シュウペイ

貴島:何かをしなければいけないとか、こうしたほうがいいという考え方をしてしまっていたなと思いました。

生涯ずっとひとつのところで暮らさなくてはいけないのかなとか、仕事はずっと続けなくてはいけないのかなとか。

今日この収録で、自分の好きなことをとりあえず一番に考えて、自分を大切に生きていくのが一番いいと思いました。

『この生き方、天才かも?』の貴島明日香 貴島明日香

シュウペイ:お天気お姉さん、辞めないですよね?

貴島:仕事は大好きです(笑)。でも、この先何十年のことを考えると、自分でそのときに好きなことを追いかけて、ずっと生きていきたいなと思います。

山里:このコロナ禍の中で、旅行に行きたい熱がものすごく上がっていて、こんなに旅したいと思うときが人生でないくらい。

その中で、「何かしたいという気持ちは、すごい立派な武器なんだよ」というのを教えてくれました。

単純に自分のわがままや願望というわけではなく、それが武器だよと。それをもっと過大評価してもいい、それを教えてもらえました。

とても大事なことですよね。なので、旅に行こうと思います。でも、会社から「何言ってるんだ」って言われますね(苦笑)。そしたら「仕事だよ」って答えます。

『この生き方、天才かも?』の山里亮太

PICK UP