『クロステイル~探偵教室』ポスタービジュアル解禁!

フジテレビュー!!
『クロステイル~探偵教室』ポスタービジュアル解禁!

鈴鹿央士さん主演、『クロステイル~探偵教室』のポスタービジュアルが解禁されました。

土ドラ『クロステイル~探偵教室』(4月9日スタート!/東海テレビ・フジテレビ系)は、探偵学校を舞台に、心の謎に直面することで成長する探偵の卵たちを描く、異色の探偵ドラマ。

突然失踪した父親を捜すため、探偵学校に入学した飛田匡(鈴鹿央士)。地道でキツイ探偵の姿に、一度は幻滅するも、次第に“気になると解決するまで眠れなくなる”特異な能力を発揮するようになり…。

『クロステイル~探偵教室』のシーン

ポスタービジュアル

『クロステイル~探偵教室』のポスタービジュアル

タイトルの『クロステイル』とは「接近して尾行する」という探偵用語。

まるで誰かを尾行しているかのように行く先をうかがう4人。

鈴鹿央士さん、堀田真由さん、檀れいさん、 板尾創路さん…それぞれの“尾行ポーズ”と“影との違い”が目を引くポスターとなっています。

鈴鹿央士さん主演、土ドラ『クロステイル~探偵教室』は、4月9日スタート!東海テレビ・フジテレビ系で、毎週土曜23時40分より放送されます。

ポスター撮影&クランクインレポート

ドラマの衣装を着て、ポスター撮影のスタジオに現れた鈴鹿さん。

手渡されたのは、ビデオカメラ。デザイナーから探偵スキルのひとつである“尾行”がモチーフであることが説明され、加えて「匡は真っ直ぐなキャラクターなので、真っ直ぐ前を向いている感じで」と言われた鈴鹿さんは、すぐさま「あ、いたぞ!」とばかりに前方を指さし、目と口を思いきり開ける表情をしました。

鈴鹿さんは、ファッション誌「メンズノンノ」で専属モデルを務めるだけあり、求められる像を瞬時につかみ取り表現します。

そのたびにカメラマンから「カッコイイ!」「良い感じです!」と声が上がりました。

鈴鹿さんは、最後にモニター上で写真を確認し「オーバー気味の方が勢い出ていいですね!」と飛びきりの笑顔を見せました。

堀田真由 片足での連続屈伸に「これ、めっちゃ大変ですね」

鈴鹿さん演じる匡と張り合う天然クラスメイト・芹沢朋香(せりざわ・ともか)役の堀田真由さんには「シーッ!(静かに)」というお茶目なポーズが与えられました。

加えて、片足立ちした状態から、カメラマンの「イチ、ニ、サン」のかけ声に合わせて屈伸運動を繰り返していきます。

堀田さんは、「これ、めっちゃ大変ですね!」と言いつつ、片足で立っているとは思えないバランスの良さを見せました。

“他人の秘密が大好物”という朋香のキャラクターに合わせ、尾行を楽しみ、秘密を「見つけた!」というワクワク感を表現する堀田さんの笑顔に、スタッフから何度も「可愛い!」の声が。

モニター上に並ぶ写真に「楽しそう!」と堀田さん。デザイナーも「いいのがいっぱいあるんで、そこから選べそうです」と太鼓判を押しました。

宝塚時代を思い出した!?檀れいと、飄々と不敵さを表現する板尾創路

探偵社の敏腕社長で、匡らが通う探偵学校校長・新偕理子(しんかい・りこ)役の檀れいさんには、クールに前方をうかがいつつ、尾行中の“抜き足差し足感”を表現することが求められました。

檀さんは、ハイヒールで片足立ちして屈むという、厳しめポーズの要望に「私がどれだけ耐えられるかが問題ね」と言いつつ、難なく姿勢をキープ。

周囲から「すごいバランス力!」と感嘆の声が上がりました。キツイ姿勢が続くなか「もっとにこやかに」と多くを求めるデザイナーに「それどころじゃないのよ~(笑)」と答える檀さん。

すかさず檀さんのマネジャーが「宝塚(歌劇時代)を思い出して!」と助言すると現場は、爆笑に包まれました。

推理小説作家で匡のワケあり父・迅平(じんぺい)役の板尾創路さんには、“何かを企てているような不敵な笑み”が求められました。

何とも難しいお題に対して、板尾さんは、最後尾から前方を覗いている様子を出しつつ、飄々と表現していきました。

デザイナーは「真顔がミステリアスでした」と絶賛しました。

クラスメイトと初演技!鈴鹿の初座長ぶりは…

クランクインは、2月の中旬。本作は、匡役の鈴鹿と母・千穂子(ちほこ)役の山口香緒里(※)の親子2人のシーンから始まりました。

(※)香緒里は「、」ありの「緒」

翌日は、いよいよレギュラー陣のクラスメイトが勢ぞろいし、初演技。

この日は生徒役7人と、スパルタ講師・南武辰彦(なんぶ・たつひこ)役・髙田延彦さんとロケ。

2月の朝8時台の寒さはかなり厳しいものの、春仕様の衣装のキャストたちはみなカメラ前に立つと、寒さなど一切顔に出しません。

『クロステイル~探偵教室』のオフショット 左から)鈴鹿央士、堀田真由
『クロステイル~探偵教室』のシーン

まずは、匡と朋香の初顔合わせのシーンから。

前日のクランクインの疲れもあるのか、少し眠そうにも見えた鈴鹿さんでしたが、カメラの前に立つとグッと目に力が。それまでの柔らかな雰囲気から、瞬時にまとう空気が変わりました。

初日から見後な連携!チーム“ジョーカー探偵社”

その後は、商店街やビル内外で、生徒7人がかわるがわる南武を尾行するシーンが続きました。8人全員がちゃんと画面の中に見えつつ、尾行という動きをするのはかなり難しく、各自の動線確認が何度も行われました。

『クロステイル~探偵教室』のシーン 左から)藤巻敦也(草川拓弥)、飛田匡(鈴鹿央士)、芹沢朋香(堀田真由)
『クロステイル~探偵教室』のシーン 堀之内純子(篠田麻里子
『クロステイル~探偵教室』のシーン 丸川喜三郎(伊藤正之) 都賀真一(遊佐亮介

探偵の仕事は、ひつの依頼に対してチームを組み、 協力して結果を出すことが多いといいます。

クランクイン前には、探偵社の方たちから、探偵の心得や、尾行、盗聴などのレクチャーを受けたというレギュラー陣。そのおかげもあってか、みな初日から探偵らしさと見事な連携プレーを見せました。

<第1話あらすじ>

就職できずに迎えた大学卒業の日、飛田匡(鈴鹿央士)の父・迅平(板尾創路)が失踪。

父を捜すため、匡は探偵学校に入学する。そこで出会った、謎多き校長・新偕理子(檀れい)や、他人の秘密が大好きな芹沢朋香(堀田真由)ほか、経歴も入学動機も様々なクラスメイトたち。

『クロステイル~探偵教室』のシーン

鬼講師・南武辰彦(髙田延彦)の指導のもと、匡たちは早速街で尾行の実習をするが…。

『クロステイル~探偵教室』のシーン 南武辰彦(髙田延彦) 
『クロステイル~探偵教室』のシーン

公式Twitter:https://twitter.com/tokaitv_dodra

公式Instagram:https://www.instagram.com/dodra_tokaitv/