米倉涼子、森光子さんの“形見”ジュエリーまとい「悪女をやり続けなさい」の言葉振り返る

フジテレビュー!!
米倉涼子、森光子さんの“形見”ジュエリーまとい「悪女をやり続けなさい」の言葉振り返る

森光子さんと米倉涼子さん――。ふたりがプライベートでも親しかったことは知られていますが、このたび米倉さんが「私しか知らない森さんを…」と、出会いから、2010年に舞台「放浪記」降板後に休養していた日々について、初めて明かしてくれました。

92歳で亡くなるまで第一線で輝き続けた国民的女優・森光子さん。今年は没後10年の節目ということで、BSフジにて『私しか知らない森光子~豪華スター 涙と笑いの初告白~』が放送されます。

米倉涼子さんは、森さんの知られざる素顔を語る豪華ゲストのひとり。今回、フジテレビュー!!は収録現場にて、ゲストの皆さんのお話をそれぞれうかがいました。

<黒柳徹子、加藤茶らが語る森光子さんとの思い出 没後10年…特別番組放送へ>

「森さんの楽屋だ!再現されたのですね!」

最初にカメラが見たのは、特設セットに感激し少女のようにはしゃぐ米倉さんの姿でした。

BSフジ『私しか知らない森光子~豪華スター 涙と笑いの初告白~』に出演する森光子

懐かしいお弁当も…忠実に再現された森光子さんの楽屋に感激

番組は、森さんが実際に愛用していた品々で楽屋を完全に再現。お気に入りだったガウンや手ぬぐい、ルームシューズ、そしてメイク道具など。きれいに保管されていたものがそのまま楽屋に並べられていました。

米倉さんは「森さんの楽屋だ!」と目を輝かせながら、ひとつひとつを見つめて語り始めます。そこには、思い出のお弁当も用意され懐かしむ様子も。

そして、自分がよく座っていた場所で森さんに背中をさすってもらった時のことを明かします。「ここに一番居座っていた時かもしれない」と。

BSフジ『私しか知らない森光子~豪華スター 涙と笑いの初告白~』に出演する森光子 森さんに教えてもらい米倉さんもオーダーするようになった懐かしの味
BSフジ『私しか知らない森光子~豪華スター 涙と笑いの初告白~』 お気に入りだったピンクのガウン

森さんからプレゼントされたジュエリーをまとい「今日は森さんと一緒」

インタビューが始まると、米倉さんは「今日は森さんと一緒にいます」と語り、森さんからいただいたというジュエリーを初披露しました。ダイヤモンドがちりばめられた個性的な形のイヤリングと、ゴールドとパールがあしらわれたネックレスです。

米倉さんが語ったのは、森さんとプライベートで過ごした日々について。そして米倉さんが森さんへ初めて送った手紙も初公開されます。

米倉さんは、俳優として進むべき道について森さんに相談をしていたといいます。「悪女をやり続けなさい」と、森さんが米倉さんに送ったアドバイスや、今や米倉さんの代名詞といえるブロードウェイの舞台「CHICAGO」についても、心強い言葉をいただいたことを明かします。

涙ながらに語る「森さんがかわいそうだった」時期

BSフジ『私しか知らない森光子~豪華スター 涙と笑いの初告白~』に出演する森光子

48年ものロングランで森さんのライフワークともいえる舞台「放浪記」を、断念しなくてはならなかった2010年。森さんが米倉さんに見せた、意外な一面がありました。

米倉さんは当時を思い出し、涙ながらに「かわいそうだった」と振り返った理由とは――。

その後、入院中に森さんが見せたおちゃめな一面を語る場面も。森さんの担当医師への行動に、米倉さんは思い出しながら吹き出してしまいます。

森さんが亡くなって10年、米倉さんはその間に個人事務所を設立し、新しい環境で挑戦を続けています。10年を振り返り米倉さんが思うこととは?40代の森さんみたいにがんばれるのでしょうか…同じく40代になった自身を重ね、決意を語ります。

「いい意味で質素な生活。そこに共感」

BSフジ『私しか知らない森光子~豪華スター 涙と笑いの初告白~』に出演する森光子

収録後、米倉さんに感想を聞くと、大好きだったという森さんのライフスタイルについて話してくれました。

――森光子さんのことを改めて語るという収録はいかがでしたか?

いつも取材を受けさせていただくと「私なんか…」と恐縮してしまうんです。私が、森さんをどこまで知っているのだろうか?と私自身もよくわかっていなくて。森さんがどれだけの苦労を重ねてこれまでの地位を築いてきたのか、ということ自体も全然分かっていないと思います。

ただ、最後の最後まで、森さんと一緒に楽しく過ごせた、というか<特別な時間>を刻めた、というのはすごくありがたいです。

――今日身につけているジュエリーについて

森さんのおうちにお邪魔したときに、テーブルにあったのを「これ!」という感じでいただいたのを覚えています(笑)。これをつけると、森さんの“上品さ”をお借りすることができるのです。

――森さんのおうちはどのような雰囲気でしたか?

女優さんって、持っていないものはないくらい華やかでうらやましい生活をしているイメージがあるじゃないですか。でも森さんの生活は、そんな印象とは全く違うもので、いい意味で質素、シンプルでした。おうちも東京タワーが見えるとても立地のいいところにありましたが、もっと広くてもいいのではと思うくらいで、シャンデリアみたいなものは全然なくて、ご自分がお芝居をするためだけに必要なスペースだけがありました。私は、そういうところに共感して感動していました。森さんをすごく大好きになった理由のひとつです。

番組では、50年以上姉妹のような関係だったという黒柳徹子さんが、そして森さんと数多くのコント共演をしたザ・ドリフターズの加藤茶さんと、森さんが生前大ファンだったという爆笑問題太田光さんが特別対談をします。次回、フジテレビュー!!は黒柳徹子さんの収録現場で見た、名門ホテルの「味」にせまります。

<BSフジ20周年記念番組> 『私しか知らない森光子〜豪華スター涙と笑いの初告白〜』

PICK UP