『ミステリと言う勿れ』小日向文世「菅田くんは日本の映像作品を引っ張っていく」

フジテレビュー!!
『ミステリと言う勿れ』小日向文世「菅田くんは日本の映像作品を引っ張っていく」

ミステリと言う勿れ』第5話にゲスト出演する、小日向文世さんからコメントが到着しました。

菅田将暉さん演じる天然パーマがトレードマークの主人公・久能整(くのう・ととのう)が淡々と自身の見解を述べるだけで難事件や人の心の闇を解きほぐしていく、令和版・新感覚ミステリー『ミステリと言う勿れ』(毎週月曜21時~/フジテレビ)。

<『ミステリと言う勿れ』フジテレビュー!!関連記事>

第5話は、第4話の終盤で土手から転げ落ちてしまった整が、大事をとって病院に入院することに。

この入院先の病室で、たまたま隣のベッドにいたのが、牛田(小日向)。牛田は、元刑事で、病気を患っており、余命あとわずかということで入院しています。

『ミステリと言う勿れ』の小日向文世

整に興味を持った牛田は、あれこれと話しかけ、やがて牛田が22年前に関わった、とある事件へとつながっていきます。

小日向さんは今回、実際の年齢よりも少し年上の元刑事役を演じるため、老けメークに白髪。

菅田さんとは、過去にも共演経験はあるものの、今回のように1話丸々、ほぼ2人の会話劇という形での出演は初めてのことです。

第5話には、ほかにも驚きのキャストが登場!

第5話からは、すでに発表されているキャストである、門脇麦さん演じるライカも登場する予定。

さらに、第5話には、ほかにも驚きのキャストが登場します!

『ミステリと言う勿れ』の(左から)菅田将暉、小日向文世 左から)菅田将暉、小日向文世

『ミステリと言う勿れ』第5話は、2月7日(月)、フジテレビで放送されます。

<小日向文世 コメント>

——出演が決まったときはどう思いましたか?

第5話のゲストでオファーをいただきました。月9にゲスト出演することは、今までなかったのでとても新鮮でしたし、何より映画で少し絡んだことはあるんですけど、菅田(将暉)くんとじっくり2人で演じるシーンがあったので、ぜひ演じてみたいと思いました。

——小日向さん演じれる牛田は、どのようなキャラクターですか?

すでに退職した元刑事で、体を壊して入院しているときに、整(菅田)と会うのですが、“実は…”という面を持つキャラクターです。

この“実は…”をお話ししてしまうと、ネタバレになってしまうので(笑)。ただ、この設定が非常に面白いんです。

牛田は、病院で普通に会話をして、自分が現役当時の話から整にクイズを出すんです。そのクイズを頭脳明晰(めいせき)な整が淡々と当てていきます。

その姿を、牛田は面白い男だなと見ている。2人の会話に関しては、演じていて面白かったんですけど、最後の最後に…これも言えないか(笑)。

原作の田村由美先生がいらっしゃったので…

——牛田を演じていて思ったことは?

牛田は、自分が読んでいたマルクス・アウレーリスの「自省録」を整に渡すんです。その本の一節を、牛田が唱えたのを、整が「そうしたんですね…」と振り返るシーンがあるんですけど、僕には、意味がわからなかったんです(笑)。

僕なりに考えて監督に聞いてみたりもしたんですけど…。そうしたら、たまたまそのシーンの撮影日に、原作の田村由美先生がいらっしゃったので伺うことができて、だいたい僕の考えと同じでした。

視聴者のみなさんも、最初の僕のようにわからないかもしれません。それでも「どういうことなのかな?」と考えさせられて、その一節が心に残ることがこの作品の面白さではないかな、と感じました。

録画なさっていたら、何度も見直して考えてくださってもいいですよね。とにかく牛田の件は、不思議な終わり方で、深いストーリーだと思いました。

『ミステリと言う勿れ』の小日向文世

——全体のストーリーがうまくつながっていきますね。

そうなんですよ。田村先生は、ものすごく全体を通しての流れを計算して書いていらっしゃるんだと思いました。なおかつ、漫画も描いていらっしゃるんですから。

先生がいらしたときは、自分の台本にサインをしていただいたんです。そうしたら、牛田の絵も添えてくだいました。

「先生のイメージ通りの牛田が演じられたかな?」と思いながらも…とにかく先生は、菅田くんの整が、もうまさに自分が描かれた絵がそのまま現実としているようだとすごく喜んでいらっしゃいました。

牛田はどう思われたかわかりませんけど(笑)、本当に菅田くんは、僕も整にピッタリだと思います。

昔の事件を振り返るシーンでは、僕もかなり走らされました(笑)

——小日向さんの牛田も、とても良いキャスティングだと思いますが…。

原作に描かれている牛田って、結構なおじいちゃんなんですよ。でも、話し方はべらんめぇ調で、目つきも鋭く、現役刑事のときは結構きつい取り調べをしていたような、まさに叩き上げのイメージですよね。

いや、昔の事件を振り返るシーンでは、僕もかなり走らされましたよ(笑)。僕も入院しているときとのギャップがあった方がいいと思って、何回も走ったら足に違和感覚えたので、監督に「あと一回しか走れません!」とお願いしたぐらいです。

——菅田さんとの共演はいかがでしたか?

菅田くんは間違いなく、これからの日本の映像作品を引っ張っていく役者の1人だと思いました。

監督が「ちょっとこうしたいんだけど」と言ったときに、菅田くんが「そうじゃないと思う」と、かたくなに自分の意見を通したことがあったんです。

監督も自分の演出を変えたくなかったようなんですが、最終的に菅田くんの意見になったんです。すごいですよね?

僕なんか監督に指示されたら「はい!わかりました」と、言われた通りにしますよ(笑)。そして、変えるのを自分の中で面白がっているところもあるんですけど…。

菅田くんは、ちゃんと考えていました。頭脳明晰(めいせき)な方で、整役はハマってますよね。

「僕は、菅田くんと同じ年ぐらいのときに何をしていたんだろう?」と、思っちゃいます(笑)。

——視聴者のみなさんにメッセージをお願いします。

牛田の投げかけるミステリーの謎を解いていく、菅田くんの見事な芝居を楽しんでください。

僕が初めて菅田くんと2人きりで演じるシーンは、静まり返った病室で長めに続きますので、みなさんにはじっくりとご覧いただきたいと思っています。

あ、そうだ!牛田の回想で走るシーンは、奮闘しましたのでお楽しみに(笑)!

<第5話あらすじ>

爆弾魔事件で頭を打った久能整(菅田将暉)。念のため大隣総合病院で検査入院をすることに。

事情を知った池本優人(尾上松也)は、青砥成昭(筒井道隆)に入院費ぐらいこちらで持ってもいいのではないかと進言。青砥が許可すると、風呂光聖子(伊藤沙莉)が手続のため病院に向かう。

整が病室に戻ると、小荷物が届いていた。身に覚えのない箱を開けると、中にはドライフラワーと手紙が入っている。

手紙の文章から、整は犬堂我路(永山瑛太)からのものだと気づき、また良からぬものが入っているのではと警戒しながら箱を調べると何かが落ちた。そこへ、風呂光がやって来た。整が拾い上げた指輪に風呂光は動揺し、手続の用紙を渡してすぐに帰ってしまう。

その夜、整が寝ようとすると隣のベッドの老人から声をかけられる。老人は牛田悟郎(小日向文世)と名乗り、定年退職した刑事だという。

牛田は、相棒の刑事、霜鳥信次(相島一之)と担当した事件について話し出した。事件の解決までは話さず、整に問題として謎を解かせる。

嫌々ながらも、整は2問目までを見事に正解した。3問目は、22年前に売春する女性が次々に殺害された未解決事件に関するもの。

当時、容疑者は羽喰玄斗(はぐい・げんと)と特定されるが逮捕には至らない。そんなとき、羽喰に狙われているという女性から保護を求める連絡が警察に入った。

牛田は霜島と女性に指定された場所へ向かうのだが…。

最新放送回は、TVerFODで無料配信中!

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/mystery/

公式Twitter:https://twitter.com/not_mystery_?s=09

公式Instagram:https://www.instagram.com/not_mystery_not

PICK UP