山田涼介 休日はゲームに約10時間没頭「女性を守るのは現実世界だけでいい」

フジテレビュー!!
山田涼介 休日はゲームに約10時間没頭「女性を守るのは現実世界だけでいい」

ゲーム実況が話題となっているHey!Say!JUMPの山田涼介さん。

2月2日に放送された『TOKIOカケル』に登場し、ゲーマーとしての思いとプライベートを明かしました。

<フジテレビュー!!山田涼介の関連記事>

山田涼介の「1日のルーティン」

プライベートがあまり見えない山田さん。まずは「1日のルーティンを教えて」と国分太一さんがリクエスト。すると、回答は次の通りでした。

・4時半~10時 睡眠

・10~12時 母が家に来る

・12~17時 母と買い物

・17~18時 帰宅

・18~28時半 ゲーム

しかも、寝るときはパンツ1枚だそう。国分さんから「どんなパンツを履いてるの?」と質問されると、「シンプルなボクサーパンツです」と苦笑いしながら教えてくれました。

起床後は近くに住む母親が訪ねてくるそうで、午後は一緒にショッピングへ。そこにお姉さんや妹さんが加わることもあるといい、「和食器や観葉植物を見るのが好き」と家族の仲の良さをのぞかせていました。

山田涼介、土屋太鳳が『TOKIOカケル』に出演 左から)松岡昌宏城島茂、山田涼介、土屋太鳳、国分太一

ゲーム実況は最長7時間46分!

山田さんの休日の大半を占めているのが“ゲームタイム”。

松岡昌宏さんが「アイドルの生活とは思えないよね。ジムとかないの?」と聞くと、「GYMっていうアルファベット3文字が一番キライ。苦手なんですよ」と即答していました。

ゲームに没頭するため、食事の時間を惜しんでお菓子で済ませるほど。好きが高じて、昨年9月にゲームチャンネル「LEOの遊び場」を開設。バトルロイヤル系やホラーゲーム実況を最長7時間46分行ったことがあるそうです。

これには、女性代表・エンジェルちゃんを担当する土屋太鳳さんも「スゴすぎる!」と目を丸くして呟いていました。

『TOKIOカケル』に出演する土屋太鳳

王道アイドルとして人気を博す山田さんの超ハイテンションな姿が見られるとあって、チャンネルの登録者数は63万人を突破。最高で268万回という再生回数を記録したこともあるといいます。

さらに、「大会前には1週間毎日、同じ時間に出場者が集まって戦う練習をする」と説明し、「コーチもいる」という発言には皆がビックリ。

「敵があの角度にいるから、もうちょっとここの角度に入って撃ち合う」とか「味方の射線を切りながら…」などとレクチャーをしてもらうそうで、松岡さんは「(ゲームではなく、もはや)レンジャーの教えですよね」と驚いていました。

<フジテレビュー!!『TOKIOカケル』の関連記事>

松嶋菜々子のオーラに惚れ惚れ♡さらに、満島ひかりから話しかけられ…

松岡さんからは「引くぐらいキレイだった女優は?」と質問。

気になる山田さんの答えは、松嶋菜々子さん。初めて共演した際、Hey!Say!JUMPの知念侑李さんとともに見とれてしまったエピソードを披露しました。

「オーラを放つってこういうことを言うんだな、マジでキレイだなと思ったのは松嶋菜々子さん。共演した番組で松嶋さんが入ってきたとき、隣にいた知念と目が合ったんですよ。『これが芸能人だ』って惚れ惚れしちゃうキレイさでした」

また、映画の授賞式に出た際は、女優陣がほとんど洋装でドレスアップする中、和装で登場した満島ひかりさんの美しさと顔の小ささに驚いたそう。

「他の授賞式でお会いしたときに同じテーブルになって、話しかけられてガチガチになった」と当時の心境を明かしました。

山田涼介vs土屋太鳳が恋愛トークバトルで白熱

番組後半では「カレシが悪い?カノジョが悪い?」と書かれた札を使って、山田さんと土屋さんで意見を交わすことに。

「戦闘ゲームを一緒にプレイしているとき、カレシが私のことを全然守ってくれず、『守ってよ』と言うと、『ゲームだから』と言い返され、ケンカになりました。これってどっちが悪いですか?」

山田さんが上げたのは「カノジョが悪い」の札。

「『守ってよ』っていう考えがまず違う。『守ってよ』というのであれば、まず同じレベルに上がってから一緒にプレイしないと。ゲームは遊びじゃない」とバッサリ。

一方の土屋さんは「カレシが悪い」の札。

「私は同じチームなら守ってほしい。そういうところに人間性が出るのではないかな」と反論。ただ、「攻めの姿勢で『同じレベルに上がってこい』と言われるのも、カノジョとしては『よし、いいぞ』という気持ちになりますけどね」と女性側の意見をぶつけました。

『TOKIOカケル』に出演する山田涼介、土屋太鳳

それを聞いた山田さんは、ゲーム好きならではの持論を展開。

「『同じレベルに上がってこい』と言われたカノジョ側が『よし、頑張るぞ』と言ったうえでの『守ってよ』は違うと思う。同等で戦えるようになってお互いがここを攻める、ここを守ると話し合える中で初めて戦闘系のバトルロイヤルは完成する」

さらに土屋さんが「女性を守るのは男性の仕事。『守ってほしい』というのが女性目線」と主張すると、山田さんは「それは現実世界だけでいい」と斬り捨て、恋愛にゲームを絡めたトークバトルは終了しました。

次週2月9日(水)の『TOKIOカケル』は篠原涼子さんが登場し、リアルプライベートを公開。女性代表・エンジェルちゃんは相席スタートの山﨑ケイさんが務めます。

未公開特別映像入りの最新放送回は、FODTVerで無料配信中(期間限定)!