『ドクターホワイト』第2話予告!総合診断協議チーム・CDTが発足!白夜がメンバーに

フジテレビュー!!
『ドクターホワイト』第2話予告!総合診断協議チーム・CDTが発足!白夜がメンバーに

公園で狩岡将貴(柄本佑)に救出され、晴汝(岡崎紗絵)の脳動脈瘤破裂の誤診を正して命を救った白夜(浜辺美波)。

<ドラマ『ドクターホワイト』の関連記事はこちら>

彼女の正体は依然として謎に包まれる中、高森巌(石坂浩二)は病院内の各科から精鋭を集め、診断に特化した総合診断協議チーム、通称CDTを立ち上げる。

高森麻里亜(瀧本美織)はリーダーに、高い診断能力を買われた白夜もチームの一員に選ばれ、将貴は白夜のサポート役に任命される。

ところが、院長肝いりの部署にも関わらず、メンバーとして名乗りを上げたのは精神科医の西島耕助(片桐仁)のみ。人員不足に悩む麻里亜に、西島は、かつて腕の立つ外科医だった、皮膚科医の夏樹拓実(勝地涼)をスカウトしてはどうかと助言するが、夏樹は優秀な反面プライドが高く、診察も効率重視で、少しクセのある人物だった。

その夏樹は、足の腫れが気になり、婚約者とともに来院した村木健哉(石田佳央)を診察していた。症状を見た夏樹は、すぐに細菌による感染症と診断するが、村木のある仕草が気になって問診した白夜は、「誤診です」と指摘。医師でもない白夜に指摘された夏樹は…。