山崎育三郎「また会える日が来ると信じて」ラジオから生まれたイベント「THIS IS IKU」でメッセージ

フジテレビュー!!
山崎育三郎「また会える日が来ると信じて」ラジオから生まれたイベント「THIS IS IKU」でメッセージ

山崎育三郎が、「また会える日が来ると信じて」とメッセージを送った。

2017年5月にスタートしたニッポン放送「山崎育三郎のI AM 1936」(毎週土曜21時30分~)から生まれたライブイベント「THIS IS IKU」の4回目となる「THIS IS IKU~CONGRATULATIONS~」が、1月22日(土)に東京国際フォーラム ホールAで開催された。

1月18日が山崎の36歳の誕生日ということで、山崎にとって「IKU36(サブロー)」という記念すべき年男の誕生日をお祝いするバースデーパーティをイメージした同イベント。

ゲストに、CHEMISTRY3時のヒロイン愛希れいかを迎え、ここでしか見られないコラボレーション満載のエンターテインメントショーを繰り広げた。

会場の消灯と同時に、東京国際フォーラムのエレベーターに乗り込んだ山崎のVTRが流れ始める。エレベーターは止まった階数で、自身の歴史とシンクロしその当時を振り返るもの。生まれた都内の病院、かつて野球選手を志し練習に励んだ球場、初めてオーディションを受けた会場など思い出の場所の数々。そして、21歳のときにミュージカル「レ・ミゼラブル」マリウス役で立った帝国劇場の舞台も。

36階(=36歳)に到着したところでVTRが終了し、白いナポレオンコートに身を包んだ山崎がステージ上空からフライングで登場。拍手喝采で出迎えられた山崎は、ミュージカル「モーツァルト!」の「チョッピリ・オツムに、チョッピリ・ハートに」を空中で熱唱。

「THIS IS IKU~CONGRATULATIONS~」の山崎育三郎

続けて、ステージ上で「あいのデータ(Happy ver.)」 「生きてく強さ」という勢いのある3曲を披露した。歌い終えた山崎は集まったリスナーに「逢いたかった!」と語りかけ、会場に集まったリスナーもバースデーパーティということでろうそくを模したペンライトを振って、山崎の呼びかけに応えた。

「THIS IS IKU~CONGRATULATIONS~」の山崎育三郎

「CHEMISTRYになりたい」とおねだり

山崎が最初にゲストに呼び込んだのは、学生時代からの大ファンだというCHEMISTRY。今日のイベントは、各ゲストが山崎への誕生日プレゼントを持ってステージに登場するという演出なのだが、CHMISTRYの2人が持ってきたプレゼントを開けると、中身はからっぽ。

CHMISTRYの2人は「僕たちのプレゼントはこれです」と話すと同時に、サプライズで「Happy Birthday」を歌い始める。これには山崎も感動しきりで、「僕の高校時代の友人が来ているのですが、感動をわかってくれていると思います」と興奮冷めやらぬ様子。

山崎は「誕生日なので、ワガママ言ってもいいですか?」と切り出し、「CHEMISTRYになりたい」とおねだり。よく聴いていたという、CHMISTRYの名曲「君をさがしてた~The Wedding Song~」を堂珍嘉邦と、「My Gift to You」を川畑要と、そして「PIECE OF A DREAM」を3人でデュエットし、伸びやかな声を会場に響かせた。CHEMISTRYの2人は、バラード「You Go Your Way」も披露し、会場をしっとりとした空気感に包み込んだ。

「THIS IS IKU~CONGRATULATIONS~」の山崎育三郎、CHEMISTRY

3時のヒロインからのプレゼントは「オーラを隠せるように…」

続いて登場したのは、3時のヒロインの福田麻貴かなでゆめっちは体調不良のため出演を見合わせることになったのだが、福田とかなでは3人で選んだという誕生日プレゼントを山崎へ贈呈。それは「輝き過ぎだから、オーラを隠せるように」という意味が込められたサングラスだった。

山崎はかつてのCHEMISTRYの川畑のような独特な掛け方をしてみせ、会場の笑いを誘っていた。また、これまで「THIS IS IKU」に出演した芸人は、コントを披露しているということもあり、3時のヒロインもコントをすることに。

山崎が出演するミュージカルのヒロインを探すという内容で、コントの世界観のまま「ホール・ニュー・ワールド」(アラジン)を福田と、「美女と野獣」(美女と野獣)をかなでと、「フレンド・ライク・ミー」を3人でデュエットする一幕も。

さらに、昨年発表した初のコラボ楽曲「僕のヒロインになってくれませんか? feat.3時のヒロイン」も披露。手でハートを作って揺らしたり、ボックスを踏んだりと息の合ったダンスに、観客にも手拍子で会場一体となって盛り上がった。

「THIS IS IKU~CONGRATULATIONS~」の(左から)かなで、山崎育三郎、福田麻貴

愛希れいかとは、ミュージカルメドレーが続くかと思いきや…

バラの花束を抱えて煌(きら)びやかなピンクのドレス姿で登場した最後のゲストは、元宝塚歌劇団月組トップ娘役の愛希れいか。山崎とは、ミュージカル「エリザベート」で共演するはずだったが、新型コロナウイルスの影響で中止となってしまっていた。

2人の共演を楽しみにしていたファンにとっては、待望のコラボ。2人はまず、ミュージカル「モーツァルト!」の「愛していれば分かり合える」を伸びやかな歌声で披露。

ミュージカルメドレーが続くかと思いきや、続いてはHYの「AM11:00」をデュエット。山崎がその美声を活かした軽快かつキレのあるラップを魅せた。そして、幻となってしまった「エリザベート」から「私が踊る時」「闇が広がる」「私だけに」(愛希の独唱)の3曲を歌唱。2人の重厚かつ繊細な声が共鳴し合い、会場は、まるで劇を1本見終わったような充実感に包まれた。

歌唱後、2人で顔を見合わせながら「いつか『エリザベート』の公演ができると良いですね」としみじみ話し、これには会場に集まったファンも大きくうなずいていた。

「THIS IS IKU~CONGRATULATIONS~」の(左から)愛希れいか、山崎育三郎

次回5回目の「THIS IS IKU」開催も発表

ゲストとのステージが終わり、ステージにひとり登場した山崎は白いナポレオンコートから漆黒のスーツに衣装を変え、フライングしながら「Congratulations」を、スモークを背負いながら「TOKYO」を歌い、大迫力のステージを繰り広げた。

MCでは「当たり前だと思っていた日常が、改めて“ありがたい”と思った」と語り、イベントを開催できた喜びと会場に足を運んでくれたファンへの感謝を伝えた。そして、そんな感謝を込めて壮大なバラード「君に伝えたいこと」を感情たっぷりに、歌い上げた。

「THIS IS IKU~CONGRATULATIONS~」の山崎育三郎

拍手が鳴りやまずアンコールへ突入すると、山崎がカバーアルバムに収録した「また逢う日まで」をこの日のゲスト全員で熱唱。さらに山崎ひとりで、『エール』(NHK)の劇中で独唱した「栄光は君に輝く」、2021年に発表した「誰が為」を続けて歌い、「また会える日が来ると信じて」とメッセージを送り、ショーは幕を閉じた。

「THIS IS IKU~CONGRATULATIONS~」の出演者たち

会場では、2023年3月21日(火・祝)に、東京ガーデンシアターにて、5回目の「THIS IS IKU」が開催されることが発表された。

「THIS IS IKU~CONGRATULATIONS~」の山崎育三郎