佐野勇斗のげん担ぎを本郷奏多がバッサリ「僕は非科学的なことは信じてないので…」

フジテレビュー!!
佐野勇斗のげん担ぎを本郷奏多がバッサリ「僕は非科学的なことは信じてないので…」

1月19日、映画「嘘喰い」ジャパンプレミアが行われ、横浜流星佐野勇斗白石麻衣本郷奏多櫻井海音村上弘明三浦翔平中田秀夫監督が登壇した。

イベントでは、映画にも登場する“死のババ抜き”「ハングマンゲーム」にちなみ、用意されたカードをキャスト陣が1枚ずつ引き、書かれたテーマに沿ってトークを展開した。

「演じたキャラクターと1番ギャップがあると思うのは?」と書かれたカードを引いた横浜は「蘭子(白石)かな…」と回答。「蘭子はすごく芯の強いというか、ドスの効いた感じなので、正反対かなと思います」とコメント。白石も「私もそう思います」と納得した様子だった。

そんな白石は、「佐野くんは役にハマってましたよ。私には柴犬っぽく見えてました」とコメント。佐野は「よく柴犬とかゴールデンレトリバーとか似てるって言われますね」と照れ笑いした。

佐野が引いたカードには、「げん担ぎはありますか?」という質問が。佐野は「一人暮らしなんですけど、家に『行ってきます』って言います」とコメント。

「それって、げん担ぎなの?」と共演者につっこまれながらも「誰もいないんですけど、頑張ってきますという意味で毎日言っています」と熱弁。それに対して、本郷は「僕は非科学的なことは信じてないので、そういうオカルトは信じてないですかね」と笑った。

そんな本郷が引いた質問は「公開日までに成し遂げたいことは?」というもの。

本郷は「原作をお話をいただく前から読んでいたので、モチベーションを高めるために、もう一度読み直したいと思います」と意気込み、続けて「皆さんも原作もチェックしていただいて、公開日までにテンションを高めてもらえたら嬉しいなと思います。という100点の感想を言いました!」と呼びかけ笑いを誘った。

映画「嘘喰い」は、2月11日(金)より公開。

最新情報は、映画「嘘喰い」公式サイトまで。