“いろいろあった”宮崎宣子のコラムスタート!「女の悩みは尽きないですね」

フジテレビュー!!
“いろいろあった”宮崎宣子のコラムスタート!「女の悩みは尽きないですね」

初めまして。宮崎宣子です。今回から宮崎宣子の「八転び九起き」というタイトルでコラムを始めることになりました。お目にかかれることをうれしく思います。どうぞ宜しくお願い致します。

私のことを知らない方も多々いらっしゃると思うので簡単に自己紹介させてください。日本テレビでアナウンサーを10年勤めました。昼夜逆転の生活で自律神経を崩した際に、ハーブの薬効に救われました。寿退社をしたのも束の間、3年の結婚生活を終了し離婚。これからは私にしかできない何か人の役に立つものを仕事にしたいと、ハーブで救われた経験を思い出し、資格を取得。ヨーロッパで取材を行い、宮崎県でハーブ園を経営した後、オーガニックハーブを使ったハーブのプロダクトを開発。2018年に会社を設立し、ボディーケア商品を展開しております。

昨年10歳下と再婚も「いろいろあって今があります」

昨年10歳年下の男性と再婚し、たくさんのお祝いのお言葉を頂き、幸せいっぱい…と言いたいところですが、40歳を過ぎてから白髪や老眼もはじまり、体力の衰え、止まらないイライラ…。事業なんてやったことがないので、失敗の連続。さらにフリーのアナウンサーとしても二足の草鞋を履いておりまして、毎日必死に全力で生きている42歳でございます。そんな日常の中で、自分自身のことは勿論、家族や友人との関わりから思ったこと、あるあるなどを、いろいろあった「宮崎宣子の一人アナウンス室」的なつぶやきとしてお付き合いいただけたら幸いです。

さて、今回のテーマ「女の悩みは尽きない…」ですが、コロナで会えなかった友人とおよそ2年ぶりに少しづつ会えるようになりました。また、私の再婚を機に古くからの友人も連絡をくれて会うことができました。その中で、インスタでは幸せそうに見えても、実際は皆それぞれの悩みがありました。ま〜インスタに「苦労してます」なんて書く人はいませんから、「隣の芝生は青い」状態です。

高層マンションでワインを飲む友人だが…

大学時代アナウンサーを目指し、アナウンスの専門学校で出会ったA子は、ずっと仲良くつるんでいる…タイプでない私と同じように、“自分は自分”タイプで、私にとってはとても気が合う友達でした。アナウンサーになれた私は、毎日身を粉にして働いていましたが、家に帰っても寝るだけで、休日はひたすら寝て、昼過ぎから部屋の掃除と洗濯をして、夕飯を買ってきてテレビでも見ているのが幸せな干物女でした。

一方、当時の彼女は本気でアナウンサーを目指していたわけではなく、就職試験のプラスになればと思っていたくらいで、その後、海外に携わる仕事について、世界中を飛び回っていました。とても華やかで、勤務時間の縛りもなく、稼ぎも良く、お料理も上手で、高層マンションから東京タワーを見ながらワインを飲んでいました。

その時の彼女の悩みは「彼氏ができない」でした。

忙しく海外を飛び回っているので、密に会える時間がなく、その場その場で素敵だなと思っていても、次にいつ会えるのか分からない…。ということで、外国人の男性と仲良くなることが多かったようですが、次にいつその国に行くか分からない中で関係を継続させることは厳しかったようです。自由と孤独は紙一重とはこのことですね。え〜でも、この生活できるのに彼氏いる〜?って思いましたが…。

また久しぶりに会えた別のB子は、転職して、新しい会社で出会いがありました。上司としてついた彼と仲良くなったようでした。私もお会いしましたが、とても温厚な人で彼女はとても幸せそうでした。素敵な彼ができてめでたし、めでたし。。。かと思いきや、しばらく経って、久しぶりに相談があると連絡が来ました。

その時の彼女の悩みは「彼が結婚してくれない」

そろそろ子供も欲しいと思っていた彼女でしたが、彼はバツイチでお子さんがいました。そのお子さんが成人するまでは結婚を待ってほしいと言われたのです。当時後5年くらいだったかと思いますが、その先も確実に結婚できるか分からないし、その時は35歳を過ぎて高齢出産になるから待てない…。というのが彼女の結論でした。(←もはや相談ではない。結果出てるし。笑)彼氏ができても、結婚できるとは限らない…。結婚しても幸せになれるとは限らないのと同じですね。ただ、結婚=ゴールでもないし、自分に合う人にはなかなか出会えないから、とりあえず様子を見ては?と思いましたが、その後お別れしていました。

結婚しかない!と決意した友人は…相談所、紹介、合コンへ

また別のC子は、会社を辞めて事業を立ち上げ独立していました。さすが!!かっこいい!!と思って尊敬していましたが、彼女の仕事は、一気に傾き始めたようでした。

そして、久しぶりに会った彼女の悩みは「仕事を辞めたい…」

会社を立ち上げた以上、必死に頑張ってきたようでしたが、ずっと頑張ってきた彼女の琴線が切れたんでしょう。自分一人でこの仕事を続けることはしんどい…さぁどうしよう…と。

そこからC子は結婚しかない!!と一念発起しました。会社を閉じて家庭に入り、専業主婦になりゆっくりしたいと、結婚相談所・ご紹介・合コンへと繰り出します。仕事ができる彼女ですから、出会いも仕事のように決めていきました。自分に興味なければ、時間の無駄だから、タイプだったとしても切り捨てる。次!次!と付き合って3ヵ月くらいしても発展がなければ、他の人へと、合理的に進めていきました。そこに愛はあるのか?と言われたら疑問ではありますが、この時期は私も忙しくて会ってなかったので、後日談として聞きました。

そこから彼女は結婚しかない!!と一念発起しました。会社を閉じて家庭に入り、専業主婦になりゆっくりしたいと、結婚相談所・ご紹介・合コンへと繰り出します。仕事ができる彼女ですから、出会いも仕事のように決めていきました。自分に興味なければ、時間の無駄だから、タイプだったとしても切り捨てる。次!次!と付き合って3ヵ月くらいしても発展がなければ、他の人へと、合理的に進めていきました。そこに愛はあるのか?と言われたら疑問ではありますが、この時期は私も忙しくて会ってなかったので、後日談として聞きました。

そして1年ぶりに会った時には、「宣子、結婚することになったの。来月結婚式だから来てね!」と言われて、びっくりしました。「『仕事を辞めたい』と言っていたあの日からどうなったの?」と聞きました。

実は、たまたま仕事のパーティーで出会った方と結婚することになった、と。半年前に出会って、お互いに結婚したい願望があったから、結婚を前提に付き合って、付き合って3ヵ月で婚約したそう。それはそれでめでたい!会社も閉鎖し、晴れて家庭に入ることができるのだ。結婚式に行くと、同じ席の女子は皆、彼女の結婚に驚いていた。それから1年後の年賀状には、彼女の赤ちゃんが載っていた。何にも聞いてない…笑。毎回、後追いでびっくりするが、それが彼女らしいと言えばそんな気もする。

そして「新居ができたから遊びに来て〜」と連絡があり、遊びに行くと、キッチンだけで2000万円以上という豪華な一軒家が建っていた。素敵なお家に、優しい旦那様、可愛い子ども…。さすがにもう悩みはないであろうと思っていた。

豪邸、やさしい夫、かわいい子ども…まだ悩みが!!

人が幸せになるのは本当に嬉しい。不幸になるより全然いい!!もっともっと幸せになって欲しいし、彼女の生き方は目標を定めて突進する力がある。途中いくつか間違っていたこともあるかもしれないが、とにかく、行動的な彼女にはブレていない。間もなくして2人目の赤ちゃんが生まれていた。もはや、もう驚かない。その子のお受験も終わり、久しぶりに連絡が来て、会うことになったのが先日のこと。

コロナがあったので2年ぶりくらい?だった気がする。

そしてC子の今の悩みは…「旦那が死んだらどうしよう。それが一番怖い。」

今までは仕事もしていたから自分で生きていく自信があったけど、専業主婦になって6年。子供も2人いるし、受験にも塾通いで1000万円ほどかかり、とてもじゃないけど、養えないし、育てられない。仕事もしたくないし、家庭でこのままのんびり子育てしていたいと思うから、旦那に死なれたら困る…。というのが今の彼女の悩みらしい(笑)。私からの助言は「旦那さんの健康を考えて大事にしてあげて」しかなかった。

歳を重ねて、また、環境によって悩みは変わるけど、女の悩みって案外浅くて(もちろんその時は、本人にとっては一大事なのだが)、どうにでもなることばかりだったり、月日が経てばすぐに別の悩みに変わっていたりする。そして、真剣に悩んでいるというよりは、ただ聞いてほしいものもあると思う。

最終的に言えるのは
女の悩みは尽きない…ということ。

もちろん、男性だって悩みは尽きないよ~かもしれない。でも、女性は特に「悩んでいたい。悩みをシェアしたい。悩んでいる私って…を掘り下げたい」のだと思う。そうすることで「生きてる!」ことをかみしめられるのかもしれないな、と。

自分の悩みって何だろう…。実は、あまりないかもしれない。悩んでもどうにかしないといけないことが多いからだろうか。決算間に合わない、発送しなきゃ、台本読まなきゃ、部屋片付けなきゃ、あの手続きどうなった?メール返したっけ?打ち合わせ行かなきゃ。。。と考えると、時間が欲しい…。そうか、今の私には悩む時間がないのか。でも、時間があったら、きっとあれやこれや悩んでいただろう。なるほど!「悩める」って実は女子に与えられた至福の時間なのかもしれないですね。

そんな悩める女子にオススメのハーブ

初回なので、簡単な「カモミールを使ったカモミールミルクティー」をご紹介しますね。

▽鍋に水(180ml)を入れて沸騰したら、そこにカモミール(ティーバッグ2個)を入れて、3〜5分煮出してください。
▽そこに牛乳を入れて、沸騰直前まで温めて火を止めます。
▽カップに注いで、お好みではちみつを入れたら出来上がりです。

カモミールには大地のリンゴという呼称があり、ラベンダーと並んでリラックス効果の高いハーブです。甘酸っぱいリンゴのような香りを嗅ぐと心が落ち着き、安眠効果が高まります。牛乳と混ぜることでセロトニンが出やすくなりより効果的です。

悩みそうになったら、飲んで早く深く寝る!というのもいいかもです。