「素直とは疑うこと」ダー子、新成人に祝福の直筆メッセージ!映画につながる意味深な言葉も!?

フジテレビュー!!
「素直とは疑うこと」ダー子、新成人に祝福の直筆メッセージ!映画につながる意味深な言葉も!?

新成人に向け、ダー子(長澤まさみ)から直筆メッセージが到着した。

1月14日(金)より、いよいよ公開される映画「コンフィデンスマンJP 英雄編」。本作は、美しきコンフィデンスウーマン・主人公のダー子(長澤まさみ)、若きコンフィデンスマン・ボクちゃん(東出昌大)、百戦錬磨のコンフィデンスマン・リチャード(小日向文世)の3人が、コンフィデンスマン=信用詐欺師に扮し、欲望にまみれた人間たちから大金を騙し取る痛快エンターテインメントコメディだ。

<「コンフィデンスマンJP」の関連記事>

いよいよ公開される映画「コンフィデンスマンJP 英雄編」

成人の日である1月10日、産経新聞の朝刊にダー子が新成人に向け直筆のメッセージを寄せた。

映画「コンフィデンスマンJP 英雄編」より、ダー子から直筆メッセージが!

「素直とは疑うこと」と題され、「目に見えるものが真実とは限らない。」というお馴染みのフレーズから始まっているこのメッセージ。

私たちの身の周りや世界の“真実”について説き、新成人へ向けた“ダー子流のエール”が直筆で綴られている。最後は「自分の心を覗き、世界を斜めにえがおで疑うことこそが素直なのだ。新成人おめでとう ダー子」と意味深な言葉で締めくくられている。

このメッセージは「英雄編」のテーマや内容へと繋がっていく内容にもなっており、映画を観たあとにこの文章を見返すと…新成人のみならず、すべての人が“何か”を受け取れるメッセージとなっている。

映画「コンフィデンスマンJP 英雄編」より、ダー子から直筆メッセージが!

映画「コンフィデンスマンJP 英雄編」は、2022年1月14日(金)公開。
制作プロダクション:FILM
配給:東宝
製作:フジテレビ・東宝・FNS27社
コピーライト:©2022「コンフィデンスマンJP」製作委員会

最新情報は、映画「コンフィデンスマンJP英雄編」公式サイトまで。

PICK UP