北村匠海「みんな嫌いだった」葛藤の時期を明かす「何か心もバランスが悪いときに…」

フジテレビュー!!
北村匠海「みんな嫌いだった」葛藤の時期を明かす「何か心もバランスが悪いときに…」

北村匠海が、俳優として、ミュージシャンとして抱えていた葛藤を告白する。

今回の『ボクらの時代』(12月19日放送/フジテレビ)は、アーティストで俳優の北村匠海、女優の黒島結菜、ミュージシャンのはっとりマカロニえんぴつ)が登場。

「こんなはずじゃなかった」という葛藤

北村、黒島が出演している映画「明け方の若者たち」の主題歌を書き下ろしたのが、はっとり。3人は、映画の内容から「こんなはずじゃなかった」と感じた経験を語り合う。

[ボクらの時代』に出演する北村匠海 北村匠海

北村:「こんなはずじゃなかった」って。みんな、社会に出て思う…んだよ。

はっとり:ね。

北村:俺自身もハタチとか、21のとき、役者の比重がすごく多くなって。バンドとしては、まだまだもがいている時期っていう、何か心もバランスが悪いときに…。だから、はっとりくんと出会った時期もそうだったんだけど。

はっとり:うーん。

北村:あの時期って、なんか、自分の中でもそういう時間だったなって。

はっとり:なるほど!どうりで目がギラついてた。人を信用してない目をしてたんだよ(笑)。出会ったとき。

北村:(笑)。みんな、みんな嫌いだった。

はっとり:うん。

黒島:……(と、黙って北村の話に耳を傾ける)。

北村:何かこう…自分の心をこう、鉛筆削りでゴリゴリにとがらせるみたいな時代だったから。その尖った芯が、大人になってポキッて折れる感じというのがあって…。

その時期をどんなふうに過ごしてきたかを語った北村は、黒島にも「そんな経験ないですか?」と聞く。すると、黒島は「逆かも」と、自身の今の思いを明かしていく。

また、はっとりは「上手くいっていない状況にあらがっているときって、何か気持ちがいい」と、持論を展開する。

黒島結菜「中学校のときが、最大のモテ期だったかも」

「中学校のときが、最大のモテ期だったかも」と振り返る黒島は、そのモテエピソードを明かす。

黒島:みんな、同じところに呼び出すんですよ。「またここ?」みたいな。

はっとり:あははは!

黒島:告白スポットみたいな(笑)。

北村:かっけー!めっちゃかっこいい!

黒島の「『すいません』とか言って…」断っていたというエピソードを聞き、うらやましそうな2人。

はっとりから「あなたも(モテた)でしょ?」と聞かれる北村だが、「僕は、モテてない」と返答。中学生のときは、バレンタインデーの日にチョコをもらえない「ノンチョコ部にいた」と語る。

一方のはっとりは、中学時代に3年間片思いしていたという女の子の名前を出して、「目が合った回数を数えてた」などと、思い出を披露するのだが…。

『ボクらの時代』に出演するはっとり はっとり(マカロニえんぴつ)

さらに、3人は大人になってからの恋愛は「いつ始まったんだかわからない」と盛り上がる。

おばあちゃんになったら「犬と猫に囲まれて過ごしたい」

まだ20代の3人だが、将来についても話が及ぶ。

『ボクらの時代』に出演する黒島結菜 黒島結菜

北村:今は漠然としたものでも、「こうなりたいな」とか、女優としてじゃなくても「こういうおばあちゃんになってたい」とかはある?

黒島:動物に囲まれて暮らしたい(笑)。

はっとり:(笑)。動物が好きなんですね。

黒島:動物が好き。犬と猫に囲まれて、過ごしたいかな。

北村:そういうのがいいよね。俺もなんか、漠然と「カレー屋さん開きたいなとか」。

はっとり:(笑)。カレー、スパイスから調合してるんでしょ?

北村:スパイスから。

はっとり:本格派だよね。

北村:俺の特性として、趣味を確実に仕事につなげたいっていう、何かハングリーな気持ちがあって…。

そこから、仕事とプライベートの境界や、SNS上でのアンチコメントの乗り越え方、エゴサーチをするか、力をもらったコメント…などについて話が広がっていく。

左から)黒島結菜、北村匠海、はっとり

そのほか、活動を応援してくれているそれぞれの家族の話や、「北村家みたいな家族を作りたい」と話す北村の理想像など、さまざまな話題が展開される。

PICK UP