Snow Man 渡辺翔太がルーズソックスを熱演!“擬人化バラエティ”今夜放送

フジテレビュー!!
Snow Man 渡辺翔太がルーズソックスを熱演!“擬人化バラエティ”今夜放送

『ウマ娘 プリティーダービー』、『はたらく細胞!!』などさまざまな現象やモノをヒトに例えた“擬人化”作品が話題になっている。そこで!2021年の気になるニュースやヒット商品などが、“もし、ヒトなら?”と考え、オリジナルストーリーでドラマ化した番組が、今夜12月8日(水)深夜にフジテレビで放送される(後編は15日(水)放送)。

その名も『擬人化バラエティ ヒトなら』。スタッフの取材に基づく、あまり知られていない裏側や、話題になるまでの道のりが描かれる。擬人化することで、ちょっと小難しい話もわかりやすく、そして楽しく見ることができ、時に感情移入してしまうこと間違いなし!な作品の数々がラインナップされた。

渡辺翔太演じるルーズソックスは、先輩ハイソックスにからかわれるも…逆転劇へ

【なぜ今、ルーズソックスのブームが再燃しているのか?】を「銀行員ドラマ」で擬人化する。JK靴下銀行の顧客獲得に向けまい進する営業部に配属された新人が、渡辺翔太(Snow Man)扮(ふん)する“ルーズソックス”だ。先輩の紺ハイソックス<かみちぃジェラードン)>たちに「あんなだらしのないやつ、どうせ仕事できないだろ」とからかわれながらも奮闘するルーズソックスが、ある日「でっかい夢がある」と語る“コギャル産業”に出会う。そこから快進撃が続き、女子高校生ひとりが10足持つといわれるほどの大ブームに。しかし時代の波と共に人気は衰え…銀行内でもしいたげられるルーズソックスに転機が訪れる――。

<Snow Man 渡辺翔太&阿部亮平がスカッとドラマ初出演!カッコよすぎる“神店員”に>

男性ブランコが“新旧” 1万円札に!世界を驚かせる投球を

フジテレビ水曜NEXT!『擬人化バラエティ ヒトなら』にてマリトッツォ役で出演する男性ブランコ 男性ブランコ

【2024年発行 新1万円札の世界に誇る㊙技術】を「野球ドラマ」で擬人化し、ひもといていく。1万円札といえば、日本銀行と犯罪者の間で偽造の戦いが続いていた。40年間にわたり活躍した“福澤1万円”選手<浦井のりひろ(男性ブランコ)>は、偽造集団をおさえてきたが、いよいよ後進に道を譲る時が…。「進化する偽造集団の技術に対応しなければならない」と語った福澤1万円に代わる新しいエースが、“渋沢1万円”選手<平井まさあき(男性ブランコ)>だ。3Dプリンターや、高性能なデジタルカメラがあふれる今、どうやって偽造を防ぐのか?渋沢1万円選手が見せた“投球”は、世界に誇る技術だった――。

AKB48小栗有以扮するマリトッツォはキャバクラで奮闘!

フジテレビ水曜NEXT!『擬人化バラエティ ヒトなら』にてマリトッツォ役で出演するAKB48の小栗有以 小栗有以(AKB48)

そして、【今年大流行のスイーツ「マリトッツォ」の躍進】を、なんとキャバクラを舞台に擬人化する。人気キャバクラ「Sweets No.1」に、福岡から入った新人が“マリトッツォ”<小栗有以(AKB48)>だ。店内には、台湾カステラやバナナジュースなど、人気のスイーツが活躍している。ナンバー1は、濃厚な味で接客することが得意の“バスクチーズケーキ”(中村静香)だった。そんな彼女から「パッとしないわね」と意地悪を言われたマリトッツォだが、なんとか顧客に覚えてもらおうと奮闘する。そんな中顧客ナンバー1の「コンビニ」が現れ、マリトッツォは一生懸命アピールしようと試みるが、バスクチーズケーキに「あなたにはまだ早い!」と一蹴されてしまう。人気スイーツが出ては消え、出ては消える厳しい世界…そんな中、マリトッツォはあるスイーツから貴重なアドバイスを受けて――。

VTRを鑑賞したMCの伊藤俊介オズワルド)と池田美優(みちょぱ)は、最初はドラマに登場する俳優陣の見え方や演技をいじっていたが、次第に「うわー!見入ってしまった」「擬人化わかりやすい」と、納得。

フジテレビ水曜NEXT!『擬人化バラエティ ヒトなら』に出演するオズワルド伊藤俊介と池田美優(みちょぱ)

スタジオ部分はディレクターの自宅で撮影なぜ?

演出のフジテレビ・温井精一ディレクターはドラマに予算を使いすぎて、スタジオ部分はなんと自宅で撮影したというほどの気合の入れようだ。「入社12年目というと中堅にさしかかってまいりましたが、とにかくバットをブン回しました!!フジテレビの好きな番組のひとつが『カノッサの屈辱』でした。自分の中でこの番組は“令和のカノッサの屈辱”です。撮りたいストーリーがまだまだあります!むちゃぶりに応えていただいた俳優の皆様に本当に感謝です!!」とコメントを寄せている。

「今年の話題のニュースについて、実は知らなかったことも満載!擬人化ドラマを面白がりながら、今年を振り返えられること間違いなしだ。