『青島くんはいじわる』遂にスタート!渡辺翔太×中村アン、年の差“協定恋愛”は波乱の幕開け

公開: 更新: テレ朝POST

2020年「めちゃコミック」年間ランキング1位の超人気コミックを、Snow Man・渡辺翔太中村アンのW主演で初めて映像化する青島くんはいじわる

本日7月6日(土)、同ドラマが初回拡大スペシャルでスタートする。

本作は、恋愛に興味のない年下絶食系男子・青島瑞樹(渡辺)と、恋愛から離脱した35歳干物系女子・葛木雪乃(中村)の小さな嘘から始まる年の差“協定恋愛”を描く物語。

「恋愛に興味がないという部分は僕自身と内面で通ずる部分がある」と青島のキャラクターに共感する渡辺と、「1人の時間を楽しんでいるところなど、役作りがいらないくらい!本当に“わかる”と思う部分がたくさん」と話す中村。

そんな2人が演じる青島と雪乃の“フリ”から始まるオトナの恋がついに幕を開ける。

◆第1話から波乱の幕開け!

飲料メーカー「キャットビバレッジ」の総務部員・雪乃は、もうすぐ35歳。婚活アプリで出会い、結婚を視野に交際していた恋人にフラれたことで婚活に終止符を打ち、職場ではお局扱いされながらも絶賛“おひとりさま”満喫中だ。

しかしある日、行きつけの居酒屋で仕事終わりの1杯を楽しんでいるところに、来週結婚式を挙げる友人・麻子(川島海荷)から電話がかかってくる。雪乃は結婚式に元カレと一緒に出席する予定だったことをすっかり忘れていて…。

翌週に迫った大ピンチを前に、焦った雪乃はたまたま隣の席に居合わせた同じ会社のシステム部員・青島に“1日限定の彼氏役”をしてほしいと頼む。

すると、まともに話したこともない関係ながら青島はまさかの快諾。晴れて2人の“協定恋愛”が成立する。

しかし翌日、社内では2人が付き合っているという噂が広まり、社内イチのモテ男・青島ロスに陥った女子社員たちは大騒ぎ。

しかも、どうやらモテ過ぎて困っていた青島が自ら雪乃と付き合っていると吹聴していることがわかり、雪乃はがく然とする。「どういうこと!?」と青島に詰め寄ったものの「既成事実、作っちゃいましょうか?」と至近距離で見つめられ…。

彼のペースに巻き込まれまいとクールを装う雪乃。だが、いじわるでツンデレな偽装彼氏・青島は、その後もエレベーターでほかの社員にバレないように手を繋いできたり、強引に休日デートに誘ってきたり、その一方ではふいに優しさを見せたりと、雪乃をこれでもかと翻弄し続ける。

初回放送にあたっては、「みなさんに楽しんでもらい、そしてキュンキュンしてもらえる土曜日になればいいなと思います!」(渡辺)、「現場の温度がものすごく高く、スタッフさんと協力しながら作っています。ぜひその熱量を受け取ってください!この夏はたくさんキュンキュンしていただきたいです」(中村)と2人とも意気込み十分だ。

波乱の幕開けとなる第1話で、はたして青島はどんないじわるをさく裂させるのか?

※番組情報:『青島くんはいじわる』第1話<初回拡大スペシャル>
2024年7月6日(土)よる11:00~深夜0:00、テレビ朝日系24局

TVerとテレビ朝日公式YouTubeチャンネルでは、渡辺&中村の『青島くんはいじわる SPトーク』を公開中