藤岡真威人、“池田屋事件”で圧巻の殺陣!しかし直後に倒れ…沖田総司にとって抗えない運命に「救いがあって欲しい」<君とゆきて咲く>

公開: 更新: テレ朝POST

手塚治虫の隠れた名作を初映像化したシン・時代劇ドラマ『君とゆきて咲く~新選組青春録~』。7月3日(水)に第1部ラストとなる第11話が放送された。

長州側が幕府転覆計画を企てていると情報を得た新選組は、敵が会合を行う“池田屋”に出陣。新選組一番隊長の沖田総司(藤岡真威人)が刀で次々と敵を倒していくなか、不穏な運命が彼を襲った…。

◆敵を倒す沖田に不穏な予兆…

鎌切大作(前田拳太郎)から、長州側が京に火を放ち幕府転覆計画を企んでいると伝えられた新選組局長の近藤勇(高野洸)。計画遂行に向けた会合が“池田屋”で行われると知り、新選組は奇襲を仕掛けた。

乱戦になるなか、沖田はすばやい動きで次々と敵を撃破。くるりと回転しながら敵を斬る様は鮮やかだ。

沖田の実力を見事に表現した藤岡の殺陣に、視聴者からは「めちゃかっこいい」「殺陣うまい美しいいい」と興奮の声が上がった。

しかし戦闘の途中で沖田は、咳き込み膝をついてしまう…。なんとか戦いは切り抜けたものの、沖田は苦しそうに座り込み、心配して駆けつけた斎藤一(庄司浩平)に「誰にも言わないで」と頼んだ。

史実では結核を患い亡くなったと言われている沖田。ドラマでも病の予兆が見え、ネット上では「お願いだから死なないで」「救いがあって欲しい」と心を痛めるファンが相次いだ。

一方、深草丘十郎(奥智哉)は父の仇である庄内玄悟(上野凱)と対峙。大作も駆けつけるが庄内の“ある一言”によって最大のピンチを迎える…。

怒涛の展開で幕を閉じた『君とゆきて咲く』第1部。はたして新選組はどのような道を辿っていくのか?

※『君とゆきて咲く~新選組青春録~』は、TVerにて無料配信中

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では過去回も含めて配信中!

※番組情報:『君とゆきて咲く~新選組青春録~』新章開幕スペシャル“あの日々をもう一度”
2024年7月10日(水)深夜0:15~0:45、テレビ朝日系(※一部地域を除く)