人気作家・北方謙三、溺愛する孫から“貧乏”と誤解され…当時の発言に黒柳徹子も大爆笑

公開: 更新: テレ朝POST

7月5日(金)の徹子の部屋に、小説家の北方謙三が登場する。

30代でハードボイルドの作家として一躍人気となり、その後『三国志』や『水滸伝』など大長編の歴史小説を数々執筆している文壇の重鎮・北方。

少し強面な76歳だが、その素顔はお茶目だった?

意外な特技の手品を披露した北方は、覚えた理由を「命が懸かっていたから」だという。

中学1年と2年の男の子、そして小学2年の女の子という孫3人を溺愛している北方。

孫は幼い頃、北方のことを“貧乏”だと思っていたそう。当時の孫の発言に黒柳徹子も大爆笑する。

また、小説が書けなかったときのおもしろエピソードや、登場人物が亡くなってしまったときの思いなど、作家ならではのトークで盛り上がる。

さらに今年結婚50年になる妻の話題に。「妻には感謝している」という北方に黒柳は?

※番組情報:『徹子の部屋
2024年7月5日(金)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系列

※『徹子の部屋』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では過去回も含めて配信中!