ついに描かれる“池田屋事件”!過去最大規模&ド迫力の殺陣シーンで『君とゆきて咲く』第一部完結

公開: 更新: テレ朝POST

本日7月3日(水)、手塚治虫氏の隠れた名作を初映像化したシン・時代劇ドラマ君とゆきて咲く~新選組青春録~の第11話が放送される。

前回の第10話では、新たな隊名“新選組”拝命の瞬間や、鎌切大作(前田拳太郎)と深草丘十郎(奥智哉)の美しきハグシーンなどが大きな話題を呼んだ。

そんななか迎える第11話で、2クール放送の第一部が完結。そのクライマックスとして、ついに歴史的大事件である“池田屋事件”が描かれる。

◆決戦の舞台は“池田屋”!

大作が入手した密書から、長州藩士らの過激な計略をつかんだ新選組局長・近藤勇(高野洸)。

討幕派は祇園祭の賑わいに乗じ、京の市中に火を放ち、どさくさにまぎれて幕府転覆計画を遂行するつもりらしく、密書にはそのための会合を旅館の“池田屋”で開くことが記されていた。

近藤は「このままだと大勢の人が死にます」と震えながら訴える大作を信じ、隊士たちは即座に出陣準備を開始する。

出撃直前、丘十郎は思わず「死ぬなよ…」と大作に声をかける。

かつて仲間だったはずの長州側を裏切って密告した大作は何を思い、どう答えるのか?

そしてついに、新選組は討幕派が集結する旅館”池田屋”に乗り込む。

第9話の芹沢鴨(三浦涼介)粛清シーンの殺陣は「壮絶!」と話題になったが、今回はそれを上回る規模とド迫力の殺陣シーンが展開。息をのむ激闘が繰り広げられていく。

◆亡き父の復讐はかなうのか?

しかも死闘の最中、丘十郎は父の仇である長州藩士・庄内玄悟(上野凱)に遭遇。

丘十郎はついに悲願を達成できるのか? 丘十郎vs庄内――2人の因縁の対決の行方は…。

そんななか、沖田総司(藤岡真威人)は身体に異変を感じる。

いったい沖田に何が起きたのか?

※番組情報:『君とゆきて咲く~新選組青春録~』第11話
2024年7月3日(水)深夜0:15~0:45、テレビ朝日系(※一部地域を除く)

※『君とゆきて咲く~新選組青春録~』は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では過去回も含めて配信中!