髙橋ひかる主演・新ドラマ『顔に泥を塗る』、4人の多彩なキャストが一挙解禁!

公開: 更新: テレ朝POST

7月13日(土)よりスタートする髙橋ひかる主演ドラマ顔に泥を塗る

木村慧人(FANTASTICS)、西垣匠、高野洸という今注目の俳優陣の出演が発表された本作の共演者続報が到着。奥貫薫、田中道子、窪塚愛流、川津明日香ら多彩なキャストの出演が決定した。

物語は、自尊心が低めで周りに気を遣ってばかりの主人公・柚原美紅(髙橋ひかる)が、好きなメイクをして眩しいくらいに自由に生きるメイク男子・高倉イヴ(木村慧人)と運命的な出会いを果たすところから幕を開ける。

イヴに綺麗なメイクを施してもらった美紅は、これまで抱いたことがない高揚感を覚える。しかし、綺麗になった自分をエリート弁護士の彼・結城悠久=通称・ハル(西垣匠)も喜んでくれると思っていた矢先、ハルからは思ってもみなかった反応が返ってくる。

この瞬間から、優しかったハルがモラハラ男へと変貌していくことに…。

◆実力派女優陣が物語に厚みを!

そんな本作に実力派女優陣が参戦し、物語をよりいっそう彩る。

奥貫薫が演じるのは美紅の母・柚原路子。美紅とハルの結婚を心待ちにする路子は、やや視野が狭く、自分の意見を美紅に押し付けがちな一面も。

これまで出演した作品は数知れず、近年も話題作で活躍し、透明感のある佇まいで時にたおやかに、時に凜とした魅力を放つ奥貫が、長年培った表現力で丁寧に紡ぐ。

また、ドラマデビュー作『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(2016年)で院長の秘書兼愛人役でインパクトを残し、以降も話題作で存在感を放ってきた田中道子が演じるのは、イヴのバイト先であるギャラリーカフェの店長・望月一美。

独特のファッションに身を包み、美紅とイヴの良き理解者で頼りになる望月をどう魅せてくれるのか期待が高まる。

◆窪塚愛流&川津明日香も決定!

さらに、次世代を担う注目の若手俳優陣たちも参戦。

美紅の弟・柚原蒼汰を演じるのは、その瑞々しい存在感と演技を着実に成長させている窪塚愛流

5月には初の主演映画『ハピネス』も公開され、8月23日(金)には出演映画『恋を知らない僕たちは』の公開も控えるなど、俳優としての勢いを増す窪塚が、進路に悩みを抱えながらイヴに憧れを抱く蒼汰を繊細に体現していく。

美紅が働くデパートの同僚・谷千夏を演じるのは、『黒崎くんの言いなりになんてならない』(2015年)で女優デビューを果たし、『仮面ライダーセイバー』(2020~2021年)のヒロイン役で一躍注目を集めた川津明日香

美紅の良き相談相手をフレッシュに熱演する川津に注目だ。

※番組情報:2024年7月期土曜ナイトドラマ『顔に泥を塗る
2024年7月13日(土)スタート!【毎週土曜】よる11:30〜深夜0:00、テレビ朝日系24局

TVerではオリジナルコンテンツ配信中!