高橋一生版『ブラック・ジャック』ついに放送!「これ以上ない」ピノコ役・永尾柚乃ら豪華出演者集結

公開: 更新: テレ朝POST

法外な治療費と引き換えに、どんな手術も成功させる無免許の天才外科医ブラック・ジャックの活躍を描きながら、医療の在り方や人の生き方に深いメスを入れてきた手塚治虫の名作医療漫画『ブラック・ジャック』

連載開始50周年を迎えた本作が、高橋一生主演で24年ぶりにテレビドラマ化。ついに本日6月30日(日)に放送される。

このドラマには、原作へのリスペクトを胸にブラック・ジャックを体現した高橋をはじめ豪華演技巧者が集結。

B・Jの助手ピノコを演じるのは、高橋も「これ以上のピノコはいないというくらいのピノコ。だからこそ僕もちゃんとブラック・ジャックでいなければ…という思いが強くなりました」と称賛する天才子役・永尾柚乃

さらに石橋静河、井之脇海、松本まりか、奥田瑛二、橋爪功らも一堂に会し、個性豊かなキャラクターを熱演しながら胸に刺さる物語を紡いでいく。

監督・城定秀夫、脚本・森下佳子、ビジュアルコンセプト/人物デザイン監修/衣裳デザイン・柘植伊佐夫――錚々たる鬼才クリエイターたちも参戦し、盤石の布陣で令和によみがえる『ブラック・ジャック』。その全容がついに明らかになる。

原作から厳選した有名エピソードを凝縮し、その真髄を掘り下げていく令和版『ブラック・ジャック』。

本ドラマを制作するにあたり、脚本を手掛ける森下佳子は原作の現在鑑賞可能な全240エピソードをExcelにまとめて精査した上で、完成度の高いプロットを何パターンも作成。

しかも、制作陣と幾度も話し合いを重ねる中で、それらのプロットを自らどんどんボツにし、最高の形を模索し続けたという。

そんな妥協なきセッションを経て出来上がったのが、本ドラマでも監修を務めた手塚プロダクションが「B・Jの本質を一番表している」と語る連載第一作『医者はどこだ!』を軸にさまざまな原作エピソードを盛り込んで構成したストーリー。

“原作の魂”と“現代ならではのメッセージ性”を巧みに交錯させた物語は必見だ。

※番組情報:テレビ朝日ドラマプレミアム『ブラック・ジャック
2024年6月30日(日)よる9:00~10:54、テレビ朝日系24局