勘違い“落ちこぼれ芸人”がラーメン界の大スターに!賞レースで2冠獲得…大成功の裏側

公開: 更新: テレ朝POST

アンタッチャブルとサンドウィッチマンがMCを務める『証言者バラエティ アンタウォッチマン!』

6月25日(火)の同番組では、新企画「ジャーナリスト山崎」を放送。ジャーナリストとなったアンタッチャブルの山崎弘也が、“落ちこぼれ芸人”から“ラーメン界の大スター”に転身した元芸人のラーメン屋を直接取材した。

今回山崎が訪れたのは、自由が丘駅から徒歩4分の好立地にあるラーメン屋「Dad’s Ramen 夢にでてきた中華そば」。

同店で店主を務めるのが、かつてお笑いコンビ・リトルモンキーとして活動していた竜太郎さんだ。

リトルモンキーは2009年に結成。徐々に人気も出てきて順風満帆に見えたが、本人いわく調子に乗ってしまったそう。

当時について竜太郎さんは「全然売れなかったしおもしろくなかったんですけど、たくさん女の子が出待ちしてくれたりプレゼントしていただいたり、なんでもウケてくれるって勘違いしちゃって。努力もしなくてダメな芸人でした」と回想。

売れていく芸人仲間を見送りながら、2014年に芸人を辞める決意をしたという。

しかしその後、竜太郎さんはラーメンの世界で芸人時代に辿り着けなかった結果を残すことに。

竜太郎さんは「ラーメンの世界のM-1グランプリと呼ばれている賞レースがあって、それの“汁なし部門”と“にぼし部門”で1位をいただきました」と、ラーメン界の賞レースで見事2冠を獲得したことを語った。

そんな竜太郎さんの成功の裏には、ある先輩芸人の言葉があったそう。はたして、その言葉とは?

※『証言者バラエティ アンタウォッチマン!』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では過去回も含めて配信中!

次回7月2日(火)の放送は、先人の名言を芸人の発想力で穴埋めし、生きるためのヒントを導き出す「15秒後に分かる名言」。今回はバカリズムが参戦!

謎多き芸人・バカリズムが、名言をきっかけに家庭生活や子育てについてもたっぷりトーク!

普段なかなか知ることのない知られざるパパの顔とは…?

ためになっておもしろい、学びタップリの30分にご注目を!

※番組情報:『証言者バラエティ アンタウォッチマン!
毎週火曜 午後11:45~深夜0:15、テレビ朝日系24局(一部地域を除く)