借金800万円の“元エンタ芸人”がラーメン屋で成功!東京で10年続く人気店になったワケ

公開: 更新: テレ朝POST

アンタッチャブルとサンドウィッチマンがMCを務める『証言者バラエティ アンタウォッチマン!』

6月25日(火)の同番組では、新企画「ジャーナリスト山崎」を放送。アンタッチャブルの山崎弘也がジャーナリストとなり、“元エンタ芸人”のラーメン屋を直接取材した。

今回山崎が訪れたのは、中野区野方駅から徒歩1分の商店街にあるラーメン屋「麺処 六伍郎」。

約10年続いている同店で店主を務めるのが、お笑いコンビ・コアでボケを担当していた元芸人の吉井崇さんだ。

2000年に結成したコアは、元暴走族の経歴をもつ2人が特攻服でネタをする異色のスタイルで『エンタの神様』などに出演。2005年には『M-1グランプリ』で準決勝まで進んだ実力派コンビだったが、2013年に解散した。

吉井さんは芸人時代からラーメン屋のアルバイトをしていたそうで、「(芸人を辞めたときに)『もう1回勝負や』と思って、親にお金を借りて自分でラーメンやってみよう」と、ラーメン屋を始めた経緯を明かした。

山崎から借金額について聞かれると、吉井さんは「800万円ぐらい借りました」と告白。その後、店は軌道に乗り、3年後には借金を返済したという。

同店の人気の秘密はさまざまなオリジナルメニュー。吉井さんによれば「メニューを考えてるとき、昔ネタ作っていたときを思い出す。寝ながら考えて寝れなくなる感じが昔を思い出す」とのことで、メニュー開発とネタ作りが似ていて、芸人時代に培ったアイデア力が活かされているのだとか。

そんな「麺処 六伍郎」の人気の裏には、ほかにも芸人ならではの成功の秘密があった。はたして、その秘密とは?

※『証言者バラエティ アンタウォッチマン!』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では過去回も含めて配信中!

次回7月2日(火)の放送は、先人の名言を芸人の発想力で穴埋めし、生きるためのヒントを導き出す「15秒後に分かる名言」。今回はバカリズムが参戦!

謎多き芸人・バカリズムが、名言をきっかけに家庭生活や子育てについてもたっぷりトーク!

普段なかなか知ることのない知られざるパパの顔とは…?

ためになっておもしろい、学びタップリの30分にご注目を!

※番組情報:『証言者バラエティ アンタウォッチマン!
毎週火曜 午後11:45~深夜0:15、テレビ朝日系24局(一部地域を除く)